2017年7月24日 (月)

まるごともめごと調停相談会 開催します!

新潟県でADRの認証を持つ4士業で実施する調停相談会

まるごともめごと調停相談会

今年で3年目になります。

今年の日程は、平成29年9月2日(土)10:00~16:00です。

また今年は相談場所が違います。

新潟県土地家屋調査士会館

(新潟市中央区上大川前通6番町1211番地5                             三好マンション鏡橋3階)

ただいま、「紛争と葛藤の心理学」を読んでおりますが、                     人が葛藤を抱えている時というのは、                                冷静な判断や多角的・建設的な思考を妨げる                            様々なバイアスがかかった状態のようです。

当事者同士では、自分のバイアスに気づきにくいものです。

そんな状態だからこそ、第三者に相談してみませんか?                             紛争解決の一助になるかもしれません。

どうぞお気軽にご予約下さいhappy01

予約先電話番号(受付時間 9:00~17:00)

025-378-5005

チラシのダウンロードはこちら 「290330.pdf」をダウンロード

H2992_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

紛争と葛藤の心理学

月報司法書士の記事で紹介されていた大渕憲一先生のご本

紛争と葛藤の心理学

20159784781913490_3

少し前に購入したものの

未だ、手つかずsweat01

ようやく読み始めました。

最初からすごく興味深いです。

葛藤・紛争について、学問的に解説してあり

トレーニングでやってることって                                       理論的に考えるとこういうことなのね~

と、すごく腑に落ちます。

なんか、うまく説明できませんが

紛争とか葛藤に面したとき                                       いきなり正面からケンカするでもなく                                ずっと避け続けるでもなく                                         うまく対処できるようになるといいよね、

って思います。

また、ご本の中で、改めて対話は、                                  葛藤を解決するために重要な行為であると知りました。                           

昨日の朝日新聞の記事で「対話する力」と                               題するものがあり、衆議院議員だった                              佐々木憲昭氏の話が紹介されていました。

国会で首相相手に論戦を戦わしたとしても、                                   議場から出ればあいさつし、言葉を交わす。

ただ一人全く声をかけてこない首相がいたとのことでした。

それが誰かは、皆さんおわかりでしょう。

自分が巻き込まれたり、直面したりした紛争や                             葛藤について、冷静に

例えば、これは「規範葛藤」ね、と理解して

それに対する最適な対処方法を試すことができれば                       世の中の紛争はもっとストレスなく、解決できるのではないかな?                  と夢想します。

なかなか理解されない・周知されないADRですが、                        やっぱり大事な手法だなあと改めて感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

NASが壊れた

新潟県は昨日の夜から雷と雨thunder

すごかったですtyphoon

お陰様で私の住んでいる地域は大きな被害もなく                                通常通りの一日を過ごすことができました。

さて、本日の話題はNAS

7月7日あたりからピーピーと音がしていたところ

ついに翌日8日にデグレード状態になってしまいましたsweat02

慌てて、バックアップをとり、そのバックアップ用のハードを                           私のパソコン本体につないでしのいだ1週間

注文した新しいハードがなかなか届かず、ホント困りましたbearing

で、昨日16日にようやく到着

入れ替えればすぐに再構築してくれると思いましたが                            甘かったsweat01

説明書によるとまずは移行に必要なソフトの                               バージョンアップをせよとの指示

これがなかなかうまく行かず・・・

Windowsが入っているNASなので                                、シャットダウンするたびに更新したりして

もう心臓がドキドキでしたweep

でも、なんとか指示通りに進めることができ

警告音もなくなり、RAIDの再構築が始まりましたーーーshine

はぁ~~、よかったhappy01

ということで、本日は通常通りに使えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

関東ブロック司法書士会協議会の理事会に初参加

会務二つ目は関東ブロック司法書士会協議会の常任理事

昨日7月12日がその第一回目の会議でした。

関東ブロックの理事会に行くのは始めてです。

過去に理事をやっていた時に、関東ブロックの委員会に                            参加したことはありました。

最初に行った委員会→この会議・・・意味あるsign02(委員会の名称も失念)

研修部にいた時に代理で参加した研修委員会の会議                          →情報交換できて面白かったnote                                     →他県の取り組みを知り、本会に持ち帰り研修委員会を作る提案書作成

そしてADR委員会の設立お願い→準備委員会も面白かったhappy01

そんな経験を経ての理事会

どんなところかな~と行ってみると                                   ほとんどの単位会では会長・副会長が出席                            新潟のように平理事が出席するところはほとんどなしsweat01

ということで初回会議は、じっと静かにしておりました。

司会は、関ブロ会長たる東京会の会長さんが自ら実施して                    いらっしゃいましたが、テキパキと進行されており素晴らしかったです。

徐々に(良い方へ)変わって行っているんだな~                          との感想を持ちました。

次回は、ホワイトボード書いちゃおうかな~と目論んでいますwink

あ、ちなみにロの字会議でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

久しぶりの新潟県司法書士会理事会

まるで梅雨が明けたかのような暑さwobbly

九州で豪雨被害に遭われた方のご苦労はいかばかりかと                        案じられます。

心よりお見舞い申し上げます。

さて、先週金曜日は、実質初回の新潟県司法書士会理事会でした。

6年ぶりに参加し、一番ビックリしたのは

理事会の開催頻度が減少していることsign03

なんと次回理事会が4か月後coldsweats02

以前に理事だった時は、2か月に1回の開催でした。

てっきり、今もそれは変わっていないと思っていたら

変わってましたsweat01

そして、会議運営はどんなかな~と興味津々でしたが

残念ながらというか、予想どおりというか

報告が先、審議が後                                            という順番で報告が長くなり審議時間が十分とれない・・・                          というBad会議あるある

場作りに関しては、私の要望を取り入れて頂くことができ                    島型に設営し、ホワイトボードも活用できましたnote

前回の”ロの字会議”よりは                                        張り詰めた雰囲気がなくなってよかったですhappy01

開催頻度が減少したということは                                   1回の会議で決めることが多いということ

次回は、是非ともsign01審議を先にして頂けるようお願いしたいですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017

「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2017

8/5(土)~8/20(日)の間に開催されます。

http://mb.echigo-tsumari.jp/calendar/event_2017_summer

このイベントがあることは、うっすら知っていましたが                            行ったことはなかったです。

先日、燕市主催のアイディアソン・ハッカソントで                           知り合った皆さんと集まった時にこの大地の芸術祭の話で                          大盛り上がり!

ということで、今年はその仲間と一緒に初参加shine                           ということになりました。

新潟県の田舎で実施される・・・と思うことなかれ

相当に素晴らしいアートイベントみたいですheart04

楽しみだなあheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

準備中の申請をオンライン申請してしまった場合

梅雨真っ只中

そして今日から7月 新潟県はかなりのrainです

さて、先日自分でも驚く事態dangerが発生したので                              まだこの異常事態を経験したことのない                                同業の皆様に向けて記事を書いてみますcoldsweats01          

なんと

まだ準備中の申請を

いつの間にかオンライン申請してしまっていたのですsweat02

Windows10の仕様のせいか?パソコンの調子が悪くて                         ちょっと困っていたときに、押してしまったらしい。。。

翌日、あれ?なんで申請されちゃってるの?と気づき                             慌てて法務局に電話

すると、司法書士側ですぐに取下申請はできず                          なんと取下できるのは4日後になるとのこと

登録免許税の支払期限が関係するのかも。

今回は、申請しただけなので当然登録免許税は納付していません。

で、指定の期日になりました。

もらった補正コメントは以下のとおり

「申請書情報に記載された登録免許税の納付がありません。
 ついては,次の手順により,速やかに納付の手続を行ってください。

納付の確認がとれない場合には,申請を却下することがあります。

 なお,納付を登記印紙又は領収証書によって行うときは,                           申請人の印鑑(登記所に提出された印鑑に限ります。)を                                  押印した補正書に貼付して,提出してください。」

この補正コメントがないと取下もできないっていうことです。

却下されるまでには、時間がかかるから                               このタイミングで取下する、ということらしい

申請中になっていると登記事項証明書が                                  取れない不都合がありますからね。

法務局に行った時に、この間違い申請のこと聞いてみたら

結構あるらしいですwobbly

以後、気をつけますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

農地法第3条の許可を申請した後に売主が死亡した場合

農地法第3条の許可を申請した後に売主が死亡した場合                      当該許可申請及び今後の手続がどうなるか?

とてもマニアックな話ですが、実際に起こってしまいましたsweat01

この問題、大先輩である古橋先生がブログ記事を                              書いていらっしゃり、参考にさせて頂きましたsign01

結論は

①農地法第3条の許可の効力は相続人に及ぶ。

②売主の相続登記をしなれけば、売買による所有権移転はできない

(登記研究133号)
(問) 農地法3条の許可を停止条件とする売買契約をなし、                     その許可の申請中売主死亡した後許可があった場合                        その許可は有効と解するが、この場合はいったん                          相続人名義に相続登記をなしたる上で売買登記を                        なすべきか。

(答) 御意見のとおりと考えます。

 農地の売主死亡後農地法第3条の許可があった場合に                    当該農地の相続登記を省略して売買による                            所有権移転登記を申請することはできない。
(昭40.3.30、
民事三発第309号民事局第三課長回答)

(登記研究545号)
問 農地の売主甲が死亡し、相続人乙への相続登記が                       された後に農地法3条の許可が甲あてになされた場合、                             同許可の効力は相続人乙に及ぶので、右許可書を添付                      して乙から買主への所有権移転の登記を申請することが                      できると考えますが、いかがでしょうか。 

                                    
(答) 御意見のとおりと考えます。

で、ここから私が経験したこと

農業委員会から電話が来て、農地法第3条の許可は                      進めてもいいか?念のため売主の相続人に確認してほしいとのこと。

OKならば、許可は出す。

そして、当該土地について相続登記をした後でないと                       許可書は渡すことができない、とのことでした。

諸事情あり、相続登記が完了するまでは相当時間がかかりそうcoldsweats01

一つ一つ処理して行きたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

かいけつサポート通信 43号

かいけつサポート通信 43号です。

「20170620_.pdf」をダウンロード

先日、民法の債権法改正が国会を通過しました。

”時効”の箇所で大改正があり、その部分に関しては                          関連法令の改正も必要になるだろうな~                              ADR法はどうなっているかな~と思っていたところでした。  

ちょっとネットで検索したのですが、見つけることができずに                     おりましたが「かいけつサポート通信 43号」に載っていましたsign01

さすがなり

施行は改正民法の施行日と同日でしょうね。

ついでに、公用文による言葉の使い方を直しているのが                      「ふふふ」って感じnote

早速、私も手元の書籍をあたりましたよ(笑)

やっぱり、こういうことってあるんだなあと嬉しくなったりして

人間だもの

ちなみに一太郎だと「公用文チェック機能」があって                         便利なのですがワードにもあるのかな?

ご存じの方、いらっしゃれば教えて下さ~いsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

社会的手抜きは作られる

以前に社会的手抜きのことについて過去にブログで書きました。

http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-3aa6.html

最近、社会的手抜きってその当事者が意図せずに(?)                        作っちゃってるんだな~と思う場面をいくつか見ました。

特に外的要因として説明されている以下のうち「2」です。

1.「評価可能性」が低いこと                                       ~個人の集団への貢献について評価されない

2.努力をする必要がないこと                                      ~他の人たちが優秀で自分が努力する必要がない

3.手抜きの同調~正直者が馬鹿を見る

グループ内で他者の役割まで積極的にやっちゃう人                              いますよね~sweat01

その陰に強烈な自己顕示欲なんかも見えちゃうしcoldsweats01

そうなると、もうグループメンバーそれぞれが忙しいだけに

「じゃあ、お任せ!」になりがち

ワタクシせっかちなので自分の身を振り返っても                           ホント気をつけなくちゃな・・・と思いますcoldsweats01

でも、その影響もけっこう大きく

いつも発言する人、やってる人だけが動き                              その人の思い通りになる                                        というノームが形成されてしまいがちdown

こうなるとちょっと難しい場面も出てきそう。

良いチームとは何か?

良いチームにするには?

など考える今日この頃です。

自戒を込めてwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«エルゴノミックデザインのキーボードを買ってみた