2018年5月17日 (木)

「難しい依頼者と出会った法律家へ」購入 

出版社の新刊案内ラインナップにあった本

「難しい依頼者と出会った法律家へ」

待ってましたsign01という本で早速購入

Img_20180517_160935

”なぜ現在、難しい依頼者が問題となっているのか”の項に納得

その理由に「近年の弁護士人口の増加が関連しているのではないか」
との記載があります。以下、抜粋

弁護士人口が少なかった頃は、弁護士の力が相対的に強く、                  権威者として無条件の尊敬を受ける立場にいた                          

      ↓

どんなパーソナリティの依頼者であれ、弁護士に対して                         従順な態度をとることが多かった(弁護士と依頼者の役割明確)

      ↓

弁護士の地位が低下し、依頼者との力関係が前よりも                     対等になってきた現在、依頼者と弁護士の役割は不明確
      ↓

パーソナリティ障害の依頼者にとって苦手な関係性

      ↓

生来の難しい性格特徴を弁護士との関係でも発揮しやすくなる

この本を読んでいると、そもそもパーソナリティ障害の方は                      紛争の当事者になりやすいということがわかります。

ということで、弁護士さんも司法書士も遭遇する確率が高いのでしょう。

そして調停センターの活動をしていて、感じたことは

我々が親切に、丁寧に、上から目線ではなく接していると                     当事者の方が”生来の難しい性格特徴”を発揮するのでは?                       ということです。

一方、大渕憲一先生のご本にあるように、葛藤を抱えた                     紛争当事者には独特のバイアスがかかる、ということも考えると                    我々はどうやっても難しい当事者に接することになるのでしょうsweat02  

この本では、カテゴリー別に望ましい対応が記載してあり                       大変参考になります。

が、現実に目の前に現れたときは・・・厳しいですsweat01          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

心の体力

もう5年ほど前に受講した”ちょんせいこ”さんの                            ホワイトボードミーティング講座

大変印象に残っているワードが「心の体力」でした。

学級崩壊の現場にも入ることが多いせいこさんの考えの一つです。

せいこさんによれば、私たちには体力があるのと同じように

心にも「体力のようなもの」があるそうです。

心は温度で、それを”暖かい”と”冷たい”で表現されるとのこと。

そして、心の体力を考える時に出てくるもう一つの指標が                           パワーがあるか否か

学校などで問題行動に出る子供は心の体力が冷たく、                       かつパワーがあるようです。

体力は冷たいが、パワーがないと表には現れない。

心が冷たい人がいて、その組織に問題が出るようであれば、                      組織内でエンパワーして心の体力を暖かくすることが大事、とのこと。

が、以下について質問したことがあったのですが

例えば、講演会などに、講演内容とは全く関係ない不規則発言を                     するような方の場合には、どのように対処したらいいか?

答え:スルー

そのヒトの心の体力が低いことについて、                             全く関知も関与もしていないような場合

それは、たまたま心が冷たい人が目の前にいても                           こちらではどうしようもないということ。

最近、おそらく心の体力が冷たいのであろう人に遭遇し、                     右往左往し、疲れてしまいました。

ふと、上記のことを思い出し

そうだ!巻き込まれないようにしなくては!!                               と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

子ヤギに会いに行きました

新潟県中小企業家同友会の会員さんで                                 燕市にある会社の社長さんがヤギを飼っているsign01

というお話を随分前に聞きました。

いつか見に行ってみたいsign03と思っていたところ

ついにチャンス到来

春になり、三つ子ちゃんが生まれたそうですshine

Img_20180427_112004

可愛いheart

Img_20180427_111243

飼い主さんになついてる様子heart04

会社の敷地が広いからできるんだろうな~

近隣の幼稚園児とか来たら、大喜び間違いなし(笑)

O野社長、ありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

この事案新潟県司法書士会調停センターで扱えますか?

司法書士会の調停センターに事案が持ち込まれる時

この案件って

新潟県司法書士会調停センターで扱えますか?

という問題で頭を悩ますことが多いです。

ADR法その他に関する私の理解不足ということが                         (大いに)ありますが・・・

ここでもう1回整理してみます。

ADR法第6条第5号

手続実施者が弁護士でない場合

(司法書士法(昭和25年法律第197号)                               第3条第1項第7号に規定する紛争について行う                            民間紛争解決手続において手続実施者が                              同条第2項に規定する司法書士である場合を除く。)

において、民間紛争解決手続の実施に当たり                           法令の解釈適用に関し専門的知識を必要とするときに、                       弁護士の助言を受けることができるように                               するための措置を定めていること

つまり、司法書士が調停センターで扱える案件は

司法書士法第3条第1項第7号に規定する紛争について行う                            民間紛争解決手続のみ

そしてその紛争は、簡易裁判所における                              民事訴訟法の規定による訴訟手続の対象となるものに限る

上記について、ADR認証制度Q&Aでの内堀氏の解説は

ADR法第6条第5号かっこ書の「紛争も目的の価額」が                     140万円以内であるかどうかは、                                     具体的にはどのように判断するのですか?

答え:司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の範囲を画する「紛争の目的の価額」                                 (司法書士法第3条第1項第7号)と同様の基準で判断することになります。

そうすると

①利用を希望する方が抱えている紛争が                               民事上、訴訟物として訴え提起できるものか?

②できるとして、訴額算定で140万円以下か?

この条件をクリアすれば

例えば、その紛争について被告側の立場からの                         申し込みであっても、その紛争は扱える、と考えてよい

で大丈夫でしょうか?

具体的に貸金紛争でいえば、

原告側からの申し込みであれば貸金請求

それが相手側からの申し込みであった場合に(本当に)                           債務不存在確認をしたという場合を除き、                                 無理に相手方側からの訴訟物に変換する必要はなく

貸金請求に関する争いということでクリア

との理解で大丈夫でしょうか?

更に書きますと

土地家屋調査士さんからの相談でよくある                             土地の境界を越境した建物に関する紛争の場合

申込人側からの申込みは所有権に基づく妨害排除請求になるからOK

相手方側からの申込みの場合、時効取得したなど所有権があるとして                           争う場合は、所有権確認でいいと思うのですが

所有権自体を争う気はなくて、また何らかの権原があるとの                        主張をする気もなくて、今後その建物をどうしていくか?                      のような話し合いをしたい場合                                    (土地家屋調査士さんからのご依頼はコチラ)

その越境していると思われる相手方からの申込をする際は、                        相手方として主張できる訴訟物はなさそうだけど、そもそもの争いが                   所有権に基づく妨害排除請求で訴額140万以下ならOKで大丈夫か?

みたいなところに悩んでしまうのですsweat02

勉強不足を露呈しており恥ずかしい限りです。                        

また、利用を希望する当事者の方には                                 訴訟物に関する知識はないので、                                         こちらで当事者が書いてきた内容を                                ”民事上の紛争”に翻訳し直す作業が                                   必要になることが多く、これまた悩むことになります。

そして、法律上

簡裁の調停で扱える事案≠司法書士会調停センターで扱える事案

ということもあり。

利用者目線にたった場合、弁護士関与のない                           司法書士会の調停センターは                                      本当にわかりにくいものになっていると感じます。

こういったところが、もうちょっとわかりやすくならないかな~と                     思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

新潟大学で(再び)ADRの講義をすることになりました

平成22年から当時の新潟県司法書士会会長の                          ご尽力のお陰で新潟県司法書士会から複数人が                         新潟大学で講義をすることになりました。

私も平成22年から平成26年の4年間、                                2コマずつADRを担当させてもらいました。

その後

新潟県司法書士会内でも

大学側でも

いろいろありまして

司法書士による講座は続いていたものの                             ADRの講義はなくなっておりました。

本年度、再び新潟大学でADRの講義をすることになりました。

今回も2コマ担当

6月に講義するのですが、すでに準備開始

何を話そうか

どういう構成にしようか

絶対、座学だけではなく、体験する部分も入れたいsign01

ということで、何度も作っては、修正sweat01

しかも、今年からは試験問題も作る必要があるのですbearing

人生初の試験問題作成&採点作業が待ち受けております。

ほぼボランティア的な活動で、正直結構大変なのですが                                  少しでも若い方に対話の重要性が伝わるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

京都国際調停センター&日本国際紛争解決センター

以前に、日本仲裁人協会から送付されてきた会報で

京都国際調停センター設立

記事が載っていました。

公益認定の取得手続中ということで開所予定はまだ未定とのことです。

国際観光都市京都での調停センターは興味津々ですが

国際→英語必須

京都→遠い

調停人は弁護士さん

ということで、全く接点がなく。。。

過去に日本仲裁人協会の調停トレーニングその他でお目にかかった                        弁護士さんたちの多くは”普通に”英語操れる方でした。

ADR協会のイベントでお目にかかる先生も                              留学してたり、○○州弁護士みたいな肩書きがある。

そして名刺は表が日本語で、裏は英語sign01

そもそも都会にいる弁護士さんて、英語できる確率                         高いのですね。

羨ましいsweat01

そして、大阪にも

日本国際紛争解決センターができ、                             そのオープニングセレモニーが4月26日に行われるとのこと。

http://arbitrators.jp/public/1681

英語の壁もそうですが、何より残念なのは                                        司法書士自体が紛争を扱うことが少なく                                 紛争解決そして、ADRに関する関心が低いままdown

一方、弁護士さんの間でもADRはまだまだ浸透していない                           とはいうものの、このように次々と成果が上がっています。

今後の司法書士ADR・・・

どうしたものか、悩んでばっかりだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

Man's explaining

先日、調停に関する研究会に参加させて頂いた機会に伺った単語

Man's explaining

意味は、男性が上から目線で女性に”たくさん”話すこと

どんな文脈でこの言葉を知ったかといえば

模擬調停をやった時

・女性が調停人であった時に男性の当事者役の人が話す分量が多かった

・また、女性調停人は、男性調停人に比べ話す分量が少なかった

という感想が上がった時に

今、アメリカではこの言葉が流行っているという感じで教えていただきました。

それを聞いた時

心底、納得flair

これって世界共通なんですね。

そして、今話題の財務省の事務次官のセクハラ問題

日本の組織って、本当にセクハラ問題に対する対応が甘いですよね。

外資系企業に勤務している人たちからその企業のセクハラ・パワハラ対応を                 聞くにつけ、あぁ~、羨ましい。。。と思ったりします。

そもそも、根底にあるジェンダーバイアスが                                  こういった問題を生むのでしょうが、                                 

英語でも「Man's explaining」という単語があることを考えると

こと、日本では、セクハラなどジェンダーバイアスに                               かかわる問題って

なかなか改善が進まないだろうなあと改めて考えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

かいけつサポート通信第54号

随分時間が経ってしまいましたが、かいけつサポート通信第54号です。

「180402_.pdf」をダウンロード

もう、事業報告書の準備かぁ。。。

新潟県司法書士会は案件が少ないので、まだ楽です。

事務局さん→事務長→センター長と確認すると

やっぱりミスが見つかることが多いですsweat01

今回の記事にもあるとおり、全国的に記入ミスは                           依然として多いようです。

連合会としても注意喚起した方がいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

二度目の台湾旅行

4月に入り、初めてのブログ更新です。

ほとんどの司法書士が多忙を極める中、                               零細事務所の私は先週末に                                     台湾旅行に行って参りましたhappy01

ゴールデンウィーク前でまだすいているし                               季節的にもちょうどいいので~すnote

今回の旅行の一番のお目当ては、台湾で有名なパワースポット

龍山寺に行くこと

Dsc00506_30

お寺の入り口です

Dsc00514_30

観光客も多いですが、地元の方も多く熱心にお参りされています

Dsc00515_30

今年は戌年ということで、こんな飾りもshine

Dsc00511_30

出口付近で記念撮影

もう一つは、以前九州大学で入江先生が主催されている                      勉強会で知り合った方と再会することsign01

その方は1年の留学を終えてすでに台湾に帰国

久しぶりにお目にかかり、楽しい時間を過ごせましたheart

旅行中、美味しいモノも食べられました~happy01

Img_20180330_192548

かに味噌入り小籠包

Img_20180331_125406

牛肉入りの麺

帰りの飛行機に乗り遅れそうになるというアクシデントもありましたがsweat01

無事に帰って参りました。

また台湾に行きたいなshineshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

裁判所の督促手続オンラインシステムに登録してみた

3月は新潟県司法書士会で

「その請求に困ったら司法書士へ」                                     無料電話相談を開催しています。

当事務所にも相談電話がありました。

平成30年4月で消滅時効完成というところでの支払督促

業者は○イワ

相変わらずというか。。。

一方、私も訴訟提起を考えている案件があり                             支払督促使ってみようかなと思案中

そうだsign01この機会に督促手続オンラインシステムに登録してみよっsign03

○イワもいつも、このオンラインシステムで請求してるみたいだし                   どんな仕様になっているか確認してみたいなあ

ということで登録してみました。

こちらのサイトにアクセスして、まずは申立用プログラムをダウンロード

環境チェックをスキップしたところ、Javaがインストールされていないと                    いうことで、そちらをダウンロード

あとは必要事項を入力していくだけ

簡単でしたhappy01

公的個人認証による電子署名が必要なのですが、                          それはマイナンバーカードでクリア

個人事業主たる関川の場合は、これで                                   本人申請でも代理人としての申立てもOK

なお、司法書士が代理人として申立する場合は、委任状も必要

トップページ上方

上から2番目にある「委任状」をクリックして入力し                             電子署名すればOK

ただ、このシステムを使えるのは、ココにある類型だけです。

Photo_2

・請負代金(修理代金,工事代金などを売掛金として請求する場合を含む。)

・給料

・賃料

・損害賠償,過払金など

については,オンラインシステムを利用して申立てを行うことはできません。

ということで、思案中の事案は紙での申立てになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日本ADR協会の検索システムに登録しました