2018年6月20日 (水)

新潟大学法学部で講義 2回目

本日は、日本司法書士会連合会の定時総会1日目

司法書士会の総会は2日間なのです。

基本真面目な司法書士

真面目な議論もしっかり行っておりますsign01

さて、大事な議論は偉い先生方にお任せして・・・

昨日行った新潟大学での講義について記事にしますhappy01

こちらは非常勤講師のお部屋

Img_20180619_155313

普段使ってません!感があふれています(笑)

前回の講義終了後、質問表に

「ADRが一般に広まらない理由は何か?」というものがありました。

ということで今回の講義の終盤に、逆に学生さんたちにこの質問を               してみようともくろみ、実践

時間も迫っていたので3名の方からしか聞けませんでしたが

1.テレビコマーシャルをする

2.SNSを活用する

といった内容が上げられました。

その他に、昨日の感想として多くの方が書いてくれていましたshine

ありがとうheart

その中で嬉しく、モチベーションアップになったものが二つ

①小学校の社会の教科書に載せてもらう

②法学部で積極的に講義をしていくこと

やっぱり早い段階での情報提供が大切かなと感じました。

上記に関連して①を書いてくれた学生は

ADRという文字を見ても何の制度がわからないので                      なじみにくいのが原因では?

別の学生は「ADRという名前がパッとしない」

とも

はい、そこも気になっているところです(笑)

個人的には

新潟県司法書士会調停センターを

(松下先生のご承諾を頂いて)

”新潟県司法書士会和解支援センター”に変えたらどうかなあと                      思っています。

留学生の方からは流ちょうな日本で

「グローバル化が進んで日本に在住している外国人も増えています。                 日本人と外国人の間の調停をする時、注意すべきことはなんですか?」

との質問がありましたが

語学力もなく、経験もないので答えられない自分にガッカリしましたbearing

久しぶりの大学生相手の講義

こちらも発見があったり、忘れていたことを思い出したり

いろいろと面白かったですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

Man's explaining 再び

Man's explaining って日本中に発現しているなって                            感じた出来事がありました。

アポなしで突然18:00すぎに事務所へ来た高齢夫婦

相続登記の依頼らしい

が、結局

どうにも話が通じず、お引き取り頂くことになりました。

その時のやりとり

そもそも妻の父の相続らしいが                                      夫が私にかなり(夫の)思い込みを含んだ話をする

→妻が私に話をしようとする

→夫「お前は黙っていろsign03sign03

→妻 沈黙

ものすごく気分悪くなりましたdowndowndown

でも、これ ある一定年齢を超えた夫婦で                              よくあるやりとりですよね。

Man's explainingにはこういう場面も含まれるらしいです。

世界中で男性が女性の話を遮っているようですね。

今日はこれから今年二回目の大学講義

対話の重要性を話そうと思っていますが、                             対話を考える時にジェンダーバイアスの視点も                            必要だなと思った出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

日本仲裁人協会シンポ「IT は ADR の利用拡大につながるか?」

日本仲裁人協会主催のシンポジウムが                                   平成30年7月13日(金)に開催されます。

タイトルは

「IT は ADR の利用拡大につながるか?」

場所:公益社団法人商事法務研究会 3階会議室                              (東京都中央区茅場町3-9-10 茅場町ブロードスクエア)

時間:14:00~17:00

詳しくはコチラ

例年7月に日本仲裁人協会のイベントを金曜日に

その翌日土曜日に仲裁ADR法学会があります。

今年の仲裁ADR法学会の内容も面白そうhappy01

第一報告の高杉先生の資料を見ると

都国際調停センターの目的は

「良い調停」を提供することによって社会に貢献すること

「良い調停人」が増えることで、社会における様々な紛争について                    友好的で公正かつ廉価な解決を実現できるから

本当にそうなったら素晴らしいですよねshineshine

で、そのための調停人育成についてご報告

是非聞いてみたい。。

が、当日予定が入っており双方とも行けずsweat02

ただ、日本仲裁人協会の方はユーチューブで見られるみたいhappy01

ITバンザイ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

新潟大学法学部で講義

平成30年6月12日(火)は我が母校 新潟大学法学部で                        講義をして参りました。

Img_20180612_154836

時間は16:25~17:55

受講生は(受講票によれば)147名

前期の講義を司法書士6名で担当しております。

私はADRを2コマ担当

新潟大学で「司法書士と法」の講義を開始したのは                             平成22年からです。

その後、平成25年まで同じくADRを担当しました。

その後5年空いて、また今年再び教壇に立たせてもらいました。

5年ぶりなので、講義レジュメ見直そうsign01と思ったものの                         意外に過去の資料・・・使えるgood

若干修正しましたが、ベースは変わりなしで講義しました。

若い学生さんたちとどうやってやりとりしようかな~

とか

言葉通じるかな~(笑)

とか

心配しましたが、なんとか終了。

次回も頑張りますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

かいけつサポート通信第56号

かいけつサポート通信 第56号です。

「180611_.pdf」をダウンロード

平成30年5月25日、日本ADR協会と法務省・法テラスとの間で                    意見交換会が開催されたそうです。

法テラスが受けたADRになりそうな案件を                                民間調停センターへ紹介する流れなんでしょうか。

新潟県司法書士会でいえば今まで一度もなし。

ADRに限らず、法テラスからの紹介そのものがないような。。。

私のイメージでは

法テラス=法律扶助の申込窓口

ですね。

それに日本仲裁人協会や日本ADR協会の                             最近のイベントは国際調停・仲裁に関するものが                            増えているような。

専門性・実益性・収益性を考えても国際商事案件に                                 未来があるのかな。

我々がやっているような身近なコミュニティー調停に近いものは                 当分ボランティア・プロボノの状態が続きそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

最も近い美術館

梅雨・・・というより低気圧の季節

苦手wobbly

先週は様々な案件で、ぐったり疲れた1週間でした。

で、あまりに疲れたので金曜日に私の事務所近くにあります

ビストロ&cafe六朝館に事務員さんと一緒にランチに行くことにしました。

こちらは、個人の美術館が併設されているのです。

燕市に本店がある株式会社曙産業の会長さんである

大山治郎氏の所蔵品が展示されています。

久しぶりに行きましたが、初夏に向かって                                              清々しい緑がまぶしい「竹林」が描かれた作品や                             富士山の屏風絵など

どれも素晴らしく、目と心の栄養補給になりましたshine

ランチも美味しかったしhappy01

お陰様で元気になりました~heart04

しかも、美術館自体の入館料はゼロ

本当にありがたいですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

司法書士がADRを学ぶ理由

完全なる私見ですが

「なぜ、司法書士がADRをやるの?」という質問について

最近思うのは

ADRを学んだり、実践したりすることで”難しい当事者”に対する                        耐性・訓練ができるから

です。

紛争当事者の心理的側面に関する本を読んだり

「難しい依頼者と出会った法律家へ」のような本を読んだり

するにつけ、司法書士として仕事をしていくならば

職業的に遭遇率の高い”難しい当事者”に対する                              対処方法を学ぶことは一定の意義があると考えます。

特に新入会者の皆様には、                                        ADRのトレーニング・活動に参加して欲しいなあ

調停センターの活動をやっていると様々な                             パターンに関する対処法が勉強できますよsign01

それは、きっと日常業務にもお役に立ちますsign03

かく言う私も修行途中

日々、悩みながら日常業務をしていますsweat01

あぁ、人間関係トレーニング行きたい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

関東ブロック司法書士協議会の総会に出席

先週末は、水戸で開催された関東ブロック司法書士協議会の                     総会に出席してきました。

関ブロ総会は初参加ですsign01

会場が水戸ということで、お約束の写真(笑)

Img_20180602_123225

会場は水戸京成ホテル

Dsc_2989


Dsc_2975

新潟県では、会館ができてからはホテルで総会をやっていないので                    久しぶりの重厚な雰囲気の総会に圧倒されましたsweat01

そして、総会が4部構成であることがわかりました!

今後、初めて出席する方のためにもお知らせしますhappy01

第1部 関ブロの事業に関する定時総会

 →関ブロでは常任理事なので、執行部席に座る(だけ)

  ご出席の代議員さんなどから質問もあり執行部重鎮から答弁

第2部 日司連総会に向けての代議員会

 →代議員ではないので、退席。弘道館を観光

  日司連総会に向けて、関ブロとしてどの質問を出すか                             (順位等も含め)決めるらしいです。

第3部 来賓をお迎えしてのセレモニー つまり来賓挨拶

 →再び執行部席に座る(だけ)

第4部 懇親会

どのように進行していくのか、サッパリわからず                           挙動不審だったかもしれない。。。

そして、新幹線の中にいるときから、なんかフラフラするな~と                      思っていたところ

なんと総会が始まる直前に立ちくらみ・めまいがして

が~んと壁にぶつかり、左目のあたりをぶつけてしまいました。

見た目にも明かな傷ができてしまい(それでも観光行ったけど)

とても残念な私でしたsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

栃木県でダンスのデモします!

今日から6月 衣替えですね~

司法書士業界は総会シーズンでございます。

今週末は、関東ブロック司法書士協議会の総会のため水戸に出張

人生初の水戸ですshine

新潟県からは以外と遠く、明日は苦手な早起きですsweat01

そして、来月は栃木県へ参ります。

私が通っているダンススタジオの先生たちが                                      栃木県のダンススタジオ主催のパーティーで                                     デモをするのですが・・・

そこで私も先生とデモすることになりました。

種目はサンバとチャチャチャ

今週になってようやく振り付け完成sign01

あとは踊り込み

あと1か月ちょっとですが、練習頑張りますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

新潟県司法書士会定時総会へ出席

昨日、平成30年5月26日は新潟県司法書士会の定時総会でした。

6年ぶり?(もっとか??)に執行部としての出席

久しぶりに参加して思うこと

総会の参加者が少ない!

年々減少しているdown

今年は、執行部含め50名をきり、                                    執行部とそれ以外の会員の数が                                     ほぼ同数ではないかと思うほど。

ただ、自分が若い時も、総会に行こう!                                 というモチベーションはなく・・・

何か、会員が来たくなるような工夫をしないと                             会の運営そのものが危ぶまれます。。。

来賓の方にも失礼な感じがいたします。

更に、思うのは

法務局と司法書士会の表彰は今後も必要なのだろうか?と。

会則に規定があり、業務歴20年とかで表彰されるのですが                  ほとんどの方が欠席。

表彰されることに意義も名誉も見いだせないということなのか?

司法書士の業務範囲が昔と比べ広がっています。

ただ、現在でも業界的に最高位なのは「法務局」からの表彰。

法務局の表彰は業務をした年数だけでなく、その会員の                    ”登記件数”が一定数ないとされません。

つまり、成年後見とか、裁判事務が多い事務所であったり                       すると表彰は・・・                           

が、現状は、表彰されても、ほとんど欠席

そうであれば、もう表彰はヤメにして、外部講師を                             頼み「基調講演」を1時間してもらうなどの方がよほど                               有益なんじゃないか、とか思うわけです。

静岡会では、総会で新入会者の紹介や興味ある委員会を話す                     時間があったりするとのこと。

それもいいな~。

新しい人 全然わからないし。

いずれにしても、時代に合わせて司法書士会組織も                          変わっていかないとsign03と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«かいけつサポート通信55号