2017年4月21日 (金)

日本仲裁人協会 「ADRへの招待」斉藤睦夫先生

平成29年4月19日(水)18:00~

日本仲裁人協会 主催の調停人養成講座 入門編に                          参加して参りましたhappy01

Img_20170419_173618


Img_20170419_175321


タイトルは 「ADRへの招待~実践的調停過程論から~」

講師は、仙台弁護士会の斉藤睦夫先生

入門編とは名ばかり

大満足の内容でしたshineshine

参加者もベテラン多し(笑)

なんと草野芳郎先生もおいでになってました。

特に調停の「同席者の問題」について講義中に                           言及されていらっしゃったところ、講義後の質問でも                         参加者からその点について鋭いご質問も出て、                          大変勉強になりました。

で、ついでに私も質問

ココだけでも行って良かったよ~note

講義を聞いた感想

仙台弁護士会のADRが活発なのは、                                斉藤先生がいるからじゃないか。

結局、誰が中心でやっているかによって                              ADRセンターの質が違ってくるんだなあと思った次第

(相当に気をつけなくてはsweat01

あと、仙台弁護士会では「申立人プレ審理」という                         運用がなされているとのこと

具体的には、申立後に申立人のみと調停人が                                事前のセッションをするみたいです。

その結果、申立の趣旨の変更もすることがあるようです。

その制度自体も興味ありますし、                                   仙台弁護士会はとても丁寧にADR案件を                              扱っているんだなあとの印象を強く持ちました。

事例をもとにしたお話、もっと聞きたかったです。

斉藤先生、大変ありがとうございましたheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

新潟県女性財団「質問によるマネジメント」講座

昨日の夜から風、強いですね~typhoon

気圧も低くなっており、めまい要注意です!

さて、平成29年度第一回目の新潟県女性財団                                  講座のご案内ですhappy01

テーマは「質問によるマネジメント」

基礎編:平成29年5月13日(土)10:00~16:00

応用編:平成29年5月14日(日)10:00~16:00

講師は、堀公俊さん

基礎編の内容は                                             「思うような成果が出ない」「チームが上手くいかない」と                          悩んでいるあなた。                                                  その原因はリーダーシップ能力の不足でも、                             モチベーションの欠如でもありません。                                 例えば上司と部下、先輩と後輩といったチーム内での                         「関わり方」にこそ問題があり、そこを変えていくのが、                       「質問によるマネジメント」です。
まずは、基礎編で自律的に成果が出せるチームを                        つくる手法を学んでみませんか?

応用編では                                                「3つの質問」を使ってチームのマネジメントを促進し、                      自律的に成果が出せるチームをつくる手法を学んでみませんか?

詳しい内容はこちらをご覧下さい。

チラシはこちら 「kisohen.pdf」をダウンロード

          「ouyouhen.pdf」をダウンロード

両方行きたいsign03

が、残念ながら応用編にしか行けずsweat02

メディエーションを勉強していて、                                   難しいなあと思うのが効果的な質問

対面で1対1で質問する・される場面、                               コーチングやカウンセリングと異なり                                 メディエーションでは、1対複数

双方当事者に配慮し、中立的、促進的な質問を                          当意即妙なタイミングで行う

難しい・・・sweat01

自分自身がインタビューされる機会があり、                            質問の内容によってインタビューの質が                              だいぶ違うんだなと思うことがありました。

そんなことを思っている中でのこの講座

しかも講師は堀さんsign01

今から楽しみですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 4月例会に参加

新潟も桜が満開になってきました。

Dsc00005_10

世の中が、お花見の話題でいっぱいになっているところ

先週末15日は日本ファシリテーション協会                                   新潟サロン4月例会に参加happy01

Img_20170415_130108_40


講師は、北海道支部の酒井まりさん

(本人に確認し忘れたので写真はなしでsweat01

テーマは                                                   「測ってみたいな私の習熟度~会議ファシリテーターのスキルとは」

時間は13:00~16:30

今回の3時間半・・なんだか時間が長く感じましたsweat01

そして、疲れた。。。

今回参加して思ったのは、会議とか、話し合いを阻害するのは                               「否定」なんだなあということ。

基本に立ち戻り、最初にグランドルールを示したりすることの                  大事さも再認識しました。

今回の最終ワークでは、                                        自分が鍛えたいファシリテーションスキルを                             一つあげて話し合うというものでした。

私が鍛えたいなあと思ったのは、                                   ”対人関係のスキル”の中に含まれるもの

やっぱり、そっちなんですよねcoldsweats01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

かいけつサポートのチラシ

4月に入り、地元燕市役所の燕支所に行きました。

ふと、市民向けのお知らせコーナーを見ると、このチラシがsign01

Doc00578020170413165241_001

今日は、新潟市の中之口出張所に行ったら

またも「かいけつサポート」のチラシ発見sign01

すごい、法務省  お金かけてるshine

内容はこんな感じ

Doc00578220170413165744_001

メリットは?
Doc00578320170413165802_001

こちらのチラシは、                                            かいけつサポートのホームページからも                              ダウンロードできますnote

新潟県司法書士会調停センターのウェブページもよろしくお願いしますhappy01

http://niigata-shiho.net/adr_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

かいけつサポート通信40号と41号

著しく時機を逸した投稿になりましたcoldsweats01

法務省「かいけつサポート通信40号と41号」です。

40号はこちら 「20170206_.pdf」をダウンロード

41号はこちら 「20170316_.pdf」をダウンロード

主な内容をざっくり言うと

平成29年2月21日に開催された日本ADR協会主催の                     東京実務研修会の案内とそれに参加した感想及び内容です。

私も参加しましたので、そちらに関する記事はコチラ

http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/adr-ac7b.html

この記事を書くにつけ、上記研修会の案内文にあった

「ADR機関がアウトリーチ活動の戦略を立てるための                      基本的なステップは何かを解説していただきます。                        そのうえで、ADR機関がどのようにして潜在的ニーズや                    潜在層を分析するか、また、そのような潜在層に                         ADRに関するどのような情報を                                    そして、届けるためにはどのような組織や人と連携するのが                  効果的か、といった具体的な検討をともに行い、                         戦略立案を練りたいと思います。」

この部分、私自身は完全に消化不良だったなあと                          思い出しますsweat02                                              そして、現在まで暗中模索な感じ

本当に戦略立案するワークショップ?会議?                          じっくりやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

日本仲裁人協会 調停人養成講座入門編のご案内

公益社団法人 日本仲裁人協会                                   調停人養成講座入門編のご案内ですnote

記事にするのが遅くなってしまいましたが、もう来週に迫っています!

club日時:平成29年4月19日(水)18:00~20:00(開場 17:30)

club場所:東京都千代田区霞が関1-1-3  弁護士会館  17階 1701会議室

clubテーマ:ADRへの招待―実践的調停過程論から―

club講師:斉藤睦男弁護士(仙台弁護士会、ひろむ法律事務所)

club受講料:無料

先着100名ということですので、ご興味のある方は                        お早めにお申し込み下さい。

詳しい内容は協会HPをご覧下さいhappy01

http://arbitrators.jp/public/1448

斉藤睦男弁護士は、仙台で震災ADRの先駆者として                       活躍されている方です。

熊本地震の時の開催されたシンポジウム案内を拝見し、                     一度斉藤先生のお話を伺ってみたいなあと思っていたところです。

当時のブログ記事もご参考までに。

http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-e59c.html

19日・・・行きたい。。ただ、日程の都合もあり、                         ちょっと悩んでおりますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 4月例会のご案内

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 4月例会のご案内です。

diamond日時:平成29年4月15日(土) 13:00~16:30(受付開始 12:30~)

diamond場所:ほんぽーと中央図書館 研修室2

diamondテーマ: 測ってみたいな私の成熟度~会議ファシリテーターのスキルとは?

 diamond講師:日本ファシリテーション協会 理事 酒井麻里さん

diamond参加費:FAJ会員及び学生 500円 /会員外 1000円

チラシはこちらです

「20170415.jpg」をダウンロード

ご案内が直前になってしましたが、会議運営に困っている皆様sign01

奮ってご参加下さいhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春そうじ

年度末”プレミアムつらいデー”を乗り越えた皆様

大変、お疲れ様でした。

当事務所もこの年度末は、例年より忙しく結構バタバタでしたbearing

とある金融機関の営業さんも(連休明けの)21日からが勝負!と言ってましたね。。。

さて、そんな年度末を無事に(?)乗り越え、4/1~2はお掃除デーとしました。

土曜日は

まずは自宅の床をピカピカにshine

気になっている壁の汚れもキレイにshine

あとは目につくところだけをちょっとお掃除coldsweats01

日曜日は

泥上げ

田舎ではこの時期、あちこちで側溝のお掃除(通称:泥上げ)をすることになっているのです。

あとは目立ち始めた雑草の草取りも

これだけですが・・・お疲れた~~

その日のうちに若干の筋肉痛sweat01

この綺麗な状態がいつまで保てるでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

歯のかみ合わせ矯正をしています

突然ですが、昨年から歯のかみ合わせ矯正のために歯医者さんに通っています。

きっかけは、左足が腰のあたりから痛くなってしまったこと。

特に社交ダンスのレッスンの時に、痛いsweat02

整形外科に行き、MRIもとってもらいましたが特に異常なし。

整体にも通いましたが、痛み取れず。

で、通っていた整体の先生から「歯のかみ合わせ」を調べてみては?と提案されたのがきっかけです。

その整体の先生によれば、結構頻繁に整体に通っていた方に同じ歯医者さんを紹介したら、パッタリこなくなったとのこと。

先生・・・自分の商売も考えず、親切ですねshine

10年以上前に、歯の矯正をしましたが、かみ合わせはそのままでした。

実際に歯医者さんに行って診てもらったところ、相当左にずれているそうですsweat02

全然気づきませんでしたcoldsweats01

矯正のための器具をつけていますが、私の場合、なかなか矯正されないらしい。。。

先日は「”食いしばり”やめましょうね」と言われました。

そういえば、真剣に考えているとき、結構な頻度で歯を食いしばっているcrying

目につくところに”マーク”をつけて、それを見たら「歯を離すように」とのご指導を受けました。

歯の影響で、いろんなところに不具合が出ている感じ。

思い切って歯医者さんに行ってみて良かったですhappy01

ということで、当分歯医者さん通いは続きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

I'm sorrry法が日本でも制定されないかな

またまたEテレ「オイコノミア」からの話題

平成29年2月22日放送分「信頼を取り戻したい!謝罪の経済学」で出てきたワード

(通称)I'm sorrry法

同番組の解説によれば

1986年にマサチューセッツ州で制定されたのが始まりで、全米各州に広がっている法律だそうです。

「謝罪が裁判で不利な証拠にならない」ということが定められているようです。

さすが訴訟大国アメリカ。こういう手当もされているんですねsign03

おそらく最も効果を発揮するのは「医療過誤訴訟」ですよね。

番組中でもデータが示されていましたが、

アメリカでは、この法律施行前と比較すると

衣装過誤件数が16%~18%減少

仮に裁判になっても、和解までの時間が

19%~20%早くなった

とのことでした。

大竹教授は「謝罪することの社会的コストを下げることで争いを減らすメリットがある」と解説されていました。

私たちが実践している民間調停(新潟県司法書士会調停センター)でもこの点、すごく意識しています。

調停の場で安心して話し合って頂けるように、申し込みにあたっての説明文書に調停中に当事者が示した提案や考えは裁判の証拠として提出しないこと及び調停人等が裁判所で証人にならない旨を記載してあります。

よく法律の専門家は”言質を取る”みたいなことをいいますよね。

だからこそ、紛争になると「ごめんなさい」が言えなくなります。そのために、どんどん紛争が大きくなることも。。。

日本でもI'm sorrry法が制定されるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新潟県アマチュアダンスグランプリに参加