2017年3月28日 (火)

歯のかみ合わせ矯正をしています

突然ですが、昨年から歯のかみ合わせ矯正のために歯医者さんに通っています。

きっかけは、左足が腰のあたりから痛くなってしまったこと。

特に社交ダンスのレッスンの時に、痛いsweat02

整形外科に行き、MRIもとってもらいましたが特に異常なし。

整体にも通いましたが、痛み取れず。

で、通っていた整体の先生から「歯のかみ合わせ」を調べてみては?と提案されたのがきっかけです。

その整体の先生によれば、結構頻繁に整体に通っていた方に同じ歯医者さんを紹介したら、パッタリこなくなったとのこと。

先生・・・自分の商売も考えず、親切ですねshine

10年以上前に、歯の矯正をしましたが、かみ合わせはそのままでした。

実際に歯医者さんに行って診てもらったところ、相当左にずれているそうですsweat02

全然気づきませんでしたcoldsweats01

矯正のための器具をつけていますが、私の場合、なかなか矯正されないらしい。。。

先日は「”食いしばり”やめましょうね」と言われました。

そういえば、真剣に考えているとき、結構な頻度で歯を食いしばっているcrying

目につくところに”マーク”をつけて、それを見たら「歯を離すように」とのご指導を受けました。

歯の影響で、いろんなところに不具合が出ている感じ。

思い切って歯医者さんに行ってみて良かったですhappy01

ということで、当分歯医者さん通いは続きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

I'm sorrry法が日本でも制定されないかな

またまたEテレ「オイコノミア」からの話題

平成29年2月22日放送分「信頼を取り戻したい!謝罪の経済学」で出てきたワード

(通称)I'm sorrry法

同番組の解説によれば

1986年にマサチューセッツ州で制定されたのが始まりで、全米各州に広がっている法律だそうです。

「謝罪が裁判で不利な証拠にならない」ということが定められているようです。

さすが訴訟大国アメリカ。こういう手当もされているんですねsign03

おそらく最も効果を発揮するのは「医療過誤訴訟」ですよね。

番組中でもデータが示されていましたが、

アメリカでは、この法律施行前と比較すると

衣装過誤件数が16%~18%減少

仮に裁判になっても、和解までの時間が

19%~20%早くなった

とのことでした。

大竹教授は「謝罪することの社会的コストを下げることで争いを減らすメリットがある」と解説されていました。

私たちが実践している民間調停(新潟県司法書士会調停センター)でもこの点、すごく意識しています。

調停の場で安心して話し合って頂けるように、申し込みにあたっての説明文書に調停中に当事者が示した提案や考えは裁判の証拠として提出しないこと及び調停人等が裁判所で証人にならない旨を記載してあります。

よく法律の専門家は”言質を取る”みたいなことをいいますよね。

だからこそ、紛争になると「ごめんなさい」が言えなくなります。そのために、どんどん紛争が大きくなることも。。。

日本でもI'm sorrry法が制定されるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

新潟県アマチュアダンスグランプリに参加

花粉飛散がピークとなっており、とても辛い関川ですcrying

20日あたりから夜も眠れず・・・

今日も今朝からくしゃみ・鼻水で、はやくこの季節が終わって欲しいsign01と願っております。

さて、先週の3連休の最終日は「新潟県アマチュアダンスグランプリ」に参加してきました。

Img_20170320_142523_2

新潟県アマチュアダンスグランプリを翻訳しますと、「おばさま・おじさまのための社交ダンス発表会」です。

しかし!(特に)おばさまたちはとっても元気で、気合いも入っておりますsign01

私は、先生と一緒にラテン種目(チャチャチャとパソドブレ)に出場

競技会・テストでもないのですが、いつもいつも ド緊張wobbly

なんとか「優秀賞」もらえました。

優秀賞も翻訳しますと、「ほとんど全員がもらえるがんばったで賞」です(笑)

その分、優秀賞がもらえなかった時のショックは大きいワケですcoldsweats01

次回のダンスグランプリは9月

9月の種目は、ルンバとパソドブレshine

こちらはフリーの振り付けになるので、難易度がかなり上がりますsweat01

衣装も もうちょっとドレスに近いものにしようかな~

また、レッスンがんばりますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

日司連 紛争解決支援対策部 ADR受託推進ワーキングチーム会議

平成27年度から参加しております日司連 紛争解決支援対策部 ADR受託推進ワーキングチームですが、3月15日に本年度最後の会議がありました。

このワーキングチームでは人生初めての”座長”というものを経験させて頂きました。

最初

座長って何? 劇団?

委員会だとトップは委員長

でもワーキングチームだと「座長」になるらしいことも初めて知りましたsweat01

この最後の会議では、この1年半の事業の成果を元に引継ぎ事項を確認することにしました。

事前にチームメンバーから、参加する時にこのワーキングチームの役割って何?という疑問が起こるから、まずはこの場の役割の明確化が必要というご意見を頂きました。

そのとおりsign01私もずっと気になっていましたよsign03

ということで、まずは前提としてにこのワーキングチーム役割が何かを再確認する作業からスタート

話し合う過程で、各役割の上位にあるものとして”チームのミッション”がある!ということになり、それも文章化

次に、引き継ぎ事項の検討に移りましたが、メンバーから積極的にご意見を頂戴し、まとめることができました。

最後は、1年半の振り返りタイム

それぞれの思いを伺うことができ、またいろんな発見がありました。

終わってみれば、このチームでの活動は充実していて楽しかったですhappy01

私は、リーダーである時、コーチングで4つに分けるところの「コントローラー」になってしまうのですが、その負の側面が強く出た場面では反省しきりsweat02

体験学習で学んだこともなかなかうまく反映されないことが多かったです。

これはずっと私の課題ですね。。。

しかしながら、合計4年間、日司連の委員会活動に携わり、大変貴重な経験ができました。

お世話になった皆様方には、心より感謝申し上げます。

ありがとうございましたsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

東北ブロック新人研修会のアンケート結果

先日、1月の東北ブロック新人研修会の受講生アンケート結果が届きました。

このアンケート結果に記載あるのは全ての意見ではなく、率直なマイナス意見はなかなか書きづらいものではあるという前提とはいえ

とても嬉しい感想が並んでいて、行って良かったheartと思いました。

数字上のことを書くと

受講生32名中

よく理解できた 27名(84%)

ある程度理解できた 5名(16%)

あまり理解できなかった  0

ほとんど理解できなかった  0

まあ、相談やADRの話は、理論的に難しいというものでもなく、もともとがわかりやすいので当然といえば当然なのですが、やはりほっとしておりますsweat01

他者の評価に一喜一憂してしまうあたりが、まだまだ小人なのですが、このお声を励みに今後もADRの勉強を頑張って行きたいですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ファシリテーション・グラフィック・トレーニングを受講

3月・・・仕事に会務に多忙な時期ですね。

ワタクシは、昨日、全く仕事でも会務でもないところへ行って参りましたhappy01

新潟県女性財団のファシリテーション・グラフィック・トレーニングを受講

講師は、日本ファシリテーション協会フェローである加藤彰さんです。

Img_20170311_125443

この1年は、なんだか時間がなくて、ファシリテーションのトレーニングに行けてなかったなあと思い、年度最後の”オーソリティー”のトレーニングに参加しました。

ホントに字が下手で、絵心もないため楽しげなイラストもかけない私ですが、もう少し綺麗に書けるようになりたいなと思って。

で、書いてみた

う~ん、字が下手、そしてまっすぐ書けない、更に字の大きさがバラバラsweat02

Img_20170311_134225_2

講師もおっしゃっていましたが、ナチュナルにうまい人がいる場合は、積極的にマネすべしsign01ということで、次回のまねっこに向けてパシャリ

Img_20170311_163042_40

練習あるのみ!らしいので、積極的に練習していきたいと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

新潟県土地家屋調査士会でADRトレーニング

今週はずっとsnowで冬に逆戻りしてしまったかのような新潟県です。

寒い!

さて、そんな雪の中、新潟県土地家屋調査士会館でADRトレーニングを行ってきました。

年度末の平日の昼間、しかも雪の中を20名もお集まりいただき、感謝sign01

新潟県土地家屋調査士会では、1年に4回も研修を実施し、しかもその全部を受けないと実際の調停手続に関与できないという重厚ぶり。

そして、もう一つの特徴として、調停人候補者・関係者全員が男性であること(これはセンターを運営する上で様々な影響があるんじゃないかなと感じております)

今回の研修は、平成28年度の最後の回なのでした。

研修担当のS先生からのご要望は「ロールプレイを主体でお願いします」

土地家屋調査士さん向けの境界紛争の事例なんて作ったことないし・・・ということで2月に同会の研修会にも参加させていただきました。

そこでご一緒した先生に”全面協力”(つまり、図面や設定は全部作ってもらいsweat01)それを手直しして作成。

初の試みとして、事前に共通事実と図面をご参加予定の先生方に事務局さんから配布してもらいました。

が、(予想どおり)誰も事前に目を通していない(笑)

ロールプレイは2つ用意して、1つめは一緒に講師をしたKさんに作ってもらった事案で

2つめを境界問題で

初めに行った小講義の後の質問でも、センターの運営委員の皆様のご発言においても「新潟県土地家屋調査士会の調停は別席でやるsign03

いう強い信念のもと、実際の調停が実施されていることがよ~~く、わかりました。

現場で測量等にあたっている土地家屋調査士さんにとって、境界争いをしている当事者のぶつかり具合、仲の悪さ具合(そしてそのイライラのとばっちり)は骨身にしみているんだなぁと感じましたwobbly

ただ、そうはいうものの

「1つめのロールプレイは、同席でやって下さいね」とお願いすると、皆様、真剣にやって下さいました。

そして、2つめのロールプレイは「お好きなスタイルでどうぞ」と言ったものの、そのまま同席でやっていらっしゃいました。

ロールプレイだから・・・というものの、やればできるんじゃないか?という思いがわき上がったところです。

昨日の様子は、新潟県司法書士会調停センターSmileのFacebookページに写真を上げてもらいました。

https://www.facebook.com/niigatasmile/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

どうも自分で写真をとって載せるのが苦手ですcoldsweats02

新潟県土地家屋調査士会の皆様、大変お世話になり、ありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

兄弟姉妹構成と相続争い

2/15(水)放送分のNHK Eテレ「オイコノミア」が、とても興味深い内容でした。

タイトルは ”特性を生かそう!兄弟姉妹と経済学”

http://www4.nhk.or.jp/oikonomia/x/2017-02-15/31/13414/1303245/

番組HPでは、番組内容は以下のように要約されています。

あなたは何人兄弟の何番目?

今、経済学では兄弟構成が与える影響が研究されている。

二人の姉を持つ又吉は○○を好まない?

兄弟芸人・中川家もビックリ、兄弟姉妹の経済学。

私がこれはsign01と思ったのは、上記のうち、3番目

○○の答えは、「競争的な報酬」を好まない です。

このお話の理論的背景は

”兄弟姉妹は、逆の性の性格に同化する”とのこと。

番組講師の大竹先生の具体的な説明によると

diamond弟を持った女性は、妹を持った女性に比べて競争好きで自信がある。

club姉を持った男性は、優しく協調的な女性の性格を持つ傾向がある。

姉弟ペアがより強くこの傾向が出るようです。

同性同士の兄弟姉妹の場合は、それぞれ競争を嫌うことはないようですが、姉・弟パターンの弟は競争を嫌うようなのです。

ものすごく納得flair

最近経験した複数の家族間トラブルの事例を思い出すに、姉・弟ペアで、発言力の強い姉がコトを大きくするパターンが多いかもsign01

更に、もめている相続のパターンを思い出すに

嫁にいった姉VS家を継いだ弟(長男) が多いような気がしますcoldsweats01

似たようなパターンになるというのは、理由があったんですね~

腑に落ちましたshine

もちろん、全ての兄弟姉妹がそういう風になる訳ではないでしょうが、相談を受けた場合のこちら側の心構えとしてちょっと気をつけておきたいなと思いましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

PowerPoint2016 のわな

一連のパソコン入替の最終作業がようやく終了

それは、PowerPoint2016のダウンロードでした。

(買い方の都合があり)今回購入したパソコンにはOfficePersonal2016しか入っておらず、やむなくPowerPointだけ別に買うことになりました。

購入時にPowerPoint2016のインストールに対するトラブル~インストールするとOfficeが全部消えるsign01~がいろんなところに書き込まれていました。

私が買ったのはOffice2016だし、それは大丈夫だろう・・・と思いつつ

(かなり四苦八苦してsweat01)ダウンロード完了

その後、確認すると

ワードとエクセルが見事に消えてましたsweat02

再インストールできるかな?と試したらなんとかできて一安心

PowerPoint2016のインストールだけで数時間かかっちゃいましたよcoldsweats01

パソコン操作で簡単になっている部分もあるものの、Windowsのソフトに関しては、むしろ面倒くさくなっているような。。。

でも、これでようやく普通に仕事ができるようになりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

日本ADR協会 東京実務研修・実務情報交換会に参加

昨日、2/21(火)は、日本ADR協会主催の東京実務研修・実務情報交換会に参加してきました。

内容は、大阪で実施されたものとほぼ同じですが、違いは2つ

1.東京では法務省大臣官房司法法制部参事官である藤田正人氏の講演があったこと

2.大阪では、消費生活センター訪問ヒアリングの結果報告が3センターからあったようですが、東京ではなかったこと

1.のような機会はなかなかないので、どんな話が聞けるだろう!とウキウキでしたが、結果、それほどワクワクとはなりませんでした(笑)

本研修会のメインディッシュは株式会社エンパブリック代表取締役 広石拓司さんの講演+ワークショップですheart

講演は、ADR機関のアウトリーチ活動について

去年、燕市のアイディアソン・ハッカソンに来て下さった元大阪市役所職員の角 勝さんと手法が近いなあと思いました。

”人と人をつなげて新しいアイディアや発想を生み出す”

角さんも広石さんも、人をつなげるの すっごく上手そうsign01

そのあたりのお話もお聞きしたかったなあ。

さて、昨日のお話の中で、何度も出てきた単語は

スルー

なんだか悲しい響きですねcoldsweats01

毎日の情報の大洪水の中にあって、いかに届けたい情報を他者にキャッチしてもらうことが難しいか!ということなのです。

そういえば、新潟県産業創造機構の広報講座でもニュースリリースは、毎日各報道機関にダンボールいっぱい届くから、その中でピックアップしてもらうために、記者さんがおっ!と思う見出しを工夫しなくてはならないと習いましたよ。。。

昨日もいくつかヒントを頂戴したので、これから少しずつ試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«パソコンの入れ替え作業 続行中