2020年9月24日 (木)

第二東京弁護士会仲裁センター 30周年記念シンポジウム

少し前のことになりますが9月11日に開催された

全国弁護士会ADRセンター連絡協議会

第二東京弁護士会仲裁センター 30周年記念シンポジウム

~これまでのADR、これからのADR~利用されるADRとなるためには

をZoom視聴いたしました。

大変興味深いご発言が続き、参加してよかったです😃

特に印象深かったことは、発表側の先生方の多くが、口を揃えて二弁仲裁センターの設立者である故原後山治先生のマインドと言葉を引用されていたことでした。

私は原後先生は存じ上げずにおりましたが、生前にお目にかかりたかった💧💧

と残念に思いました。

あと、二弁仲裁センターが、設立当初から「3つのパッション」を目標して掲げていることも知りませんでした。

1.少額紛争の解決
2.民事訴訟・民事調停の改革・改善
3.「相談から仲裁へ」「相談から解決へ」

そして、当日の斉藤睦男先生の資料にありました「原後先生のことば」には大変感銘を受けました。

・訴訟は人間に対する不信の制度

・ADRは人間に対する信頼の制度

・訴訟では、えてして、強い人・悪い人が証拠を持ち、弱い人・良い人は法律と証拠に阻まれて不利な立場に置かれる。裁判所は救うべき者をなかなか救うことができない。これに対して仲裁(ADR)の判断基準は《善と衡平》である。強行法規に反しない限り、かなりの限度まで実情に合致した判断を下すことが許される。

こうした原後先生のことばに加えて、原後先生のマインドも活動に影響を与えていたようで、それに賛同する先生方を中心に活動を活発化されてきた歴史があったことも初めて知りました。

・自由で多様な議論の形成

・トライアンドエラーを繰り返す

・斡旋人によるフライングとその制度化

ADRの活動の先頭を切ってこられた二弁仲裁センターは、多くの同職から尊敬を集める方が旗振り役となり、同時に精神的支柱ともなっていらっしゃったのだあと思う一方、司法書士会をはじめとするいわゆる隣接士業はADR法の制定を発端として、その流れに乗り遅れるな、もしくは職域確保に近い動機で活動を開始したのではないか思われること(注意:あくまで関川の見解であり、連合会の考えとは異なります)とは大きな違いを感じました。

なお、同職から尊敬を集める先生が中心になっている点では、愛知県弁護士会も同様ですね。

こういう背景があり、東日本大震災や熊本地震での震災ADRも成功し、オンライン調停も選択肢として貴重なものであれば、やってみて改善するとの考えで既に実践されているんだなあと納得しました。

一方、現在の活動を担っている先生方には、パッションの継承ができているか?との不安もあるようですが、私から見れば、農端先生もセンター長の坂井先生も十分継承されていらっしゃいます❗❗

この研修会で多くの刺激をもらいましたので、私も地元のセンターで「まずはやってみないとわからない」と言ってくれる仲間たちと細々でも継続して活動していきたいな!と決意を新たにいたしました。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

闘病日記 その17 5回目の抗がん剤治療が終わりました

9月14日から入院して、無事に5回目の抗がん剤治療が終わりました。

今回は、点滴にかかった時間がこれまでの最長

10:45頃からスタートして終わったのは21:30

今回は最初の薬剤から時間がかかっておりました。

前回の学びを活かすべく、最初から看護師さんに腕にカイロを使わせていただくようにお願いしたのですが、遅々として進まない。。。

夕方5時近くには、針を刺したあたりも腫れてきてしまいました。

で、結局、左腕から右腕に点滴の針を刺し直すことに💦💦

それで終わったのが消灯後の夜9:30

(聞いたところによれば)今回わかったことには、針の刺し方で薬剤の入り方が違ってくること

なるほど、納得💡


今回含め過去5回の経験を鑑みるに、針の刺し方がうまいと順調に進むし、治療後の針のあとも目立たないし、腕の腫れもないことがわかりました。

ということは、(どの先生が針を刺すかわからないから)治療の度に毎回、どうなるかわからない。。。ということです💧

ただ、怪我の功名もありまして。

今回は、ものすごく薬剤がゆっくり入ったせいか、副作用の進行が前回より穏やかに感じます。

同じ副作用ではあるのですが、前回よりは楽なような。

不思議とまだ手足のしびれがあまりないので、よかったなあと思っております。

辛い期間もあと2~3日の辛抱です。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

瞑想はじめました

前からマインドフルネスには興味があり、入門書的な雑誌を買ってみたりしていました。

 

過去の自分自分を振り返ると

お酒は飲まない(飲めない、むしろ嫌い)

煙草は吸わない

1週間に1回はダンスレッスンとピラティス教室に行き、自宅でもほぼ毎日ピラティスをする

食事は三食しっかり食べる

夜更かしはしない

というかなりストイックな生活をしていたのに

がんになってしまった。。。

もう原因は確実にストレスです。

母も「栄養満点な食事を作っているから、食生活が悪いはずは絶対にない!!原因は絶対ストレス」と言っております。

ということで、本格的に瞑想始めることにしました。

手始めにDVD付きのこちらの本を購入して、始めてみました。

Img_20200913_112731

この本を読むと

ストレス対策として「個人の抵抗力を強める」ことが重要であることがわかりました。

また、心の使い方の改善として、以下の3つがあり

・力まず

・避けず

・妄想せず

マインドフルネスは「妄想せず」に相当するとのこと

確かに「今ではない」過去の出来事や未来の予測をして、頭の中でグルグルと妄想している時間が長かったなと気づいたところです。

著者によれば、マインドフルネスとは

今の瞬間の「現実」に常に気づきを向け、その現実をあるがままに知覚し、それに対する思考や感情には囚われないでいる心の持ち方、存在の有様

とのことです。

 

もう1冊、こちらも以前から興味があったもの

Img_20200913_112742

3種類ミックスの抗がん剤治療も終わり、もっと体力がついてきたらSIYのセミナーにも参加してみたい!

以前は二日間日程の合宿形式もありましたが、さすがこの時代、オンライン受講もできます✨

詳細はこちら SIY

 

とりあえずは、できることから少しずつやっていきます😃

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

これまでにやったことのないことをやってみる

病気になり、手術をして、なんとか回復してきました。

これからの人生を考えた時に、あ~、あれやっておけばよかった。。。と後悔しないようにしたいと思いました。

で、これまでにやったことのないことをやってみよう!と思い立ち

まずは・・・

ジャニーズアイドルのファンクラブに入ってみた(笑)

かねてからダンスが好きだな~と思っていたKing&Princeのファンクラブに入りました❗

キラキラした世界に足を踏み入れました✨

すると、このようなファンクラブカード(?)が届きました💓


カードもキラキラです✨✨

なんか気分も爆上がり⤴

これで免疫力も上げたい!と目論んでおります🎵


Img_20200907_120231

まだまだ、にわか中のにわか(古いか。。。)ですが、いずれはコンサートも行ってみたい!

今回、初めて知ったことには、アイドルグループにはそれぞれそのファンであることを示す単語があるとのこと。

例えば

関ジャニ∞は 「eighter」

NEWS は 「パーナ」

TOKIOは 「ウォーカー」

嵐は 「アラシック」

など

う~ん、新たな世界を垣間見ました(笑)

そしてキンプリは「ティアラ」だそうです。

Lovelyですね💓

これから、お作法を学習し、ティアラを目指します(笑)

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

久しぶりの話し合いサポートセンター運営委員会

昨日は、久しぶりの話し合いサポートセンター運営委員会

そして運営委員会では初めてのZoom会議でした。

ちょうど9/1に新潟県司法書士会がZoomと有料契約したそうで、これからは会務でも調停でも気軽に使えます😃

もはや、話し合いサポートセンターの活動で日司連や関東ブロックが契約している有料サービスを借りる必要がないのです!

本当にありがたいです💓💓💓

ところで、昨年決めた今年の事業はコロナ禍のため軒並み中止

そんな中でも規程上、手続実施者養成研修は1年に1回実施することになっているので、再度検討することに。

また、気になっていた「電子メールによる重要な通知」についても手続実施規程に盛り込む変更案も進んでおります✨✨

他にも私が体調を崩したこともあり、設置規則に運営管理者の代務者の規定を入れることになりました。

私がお休みしている間も、しっかり話し合いサポートセンターの活動はしていただいており、とても頼もしいです!

 

で、翻って自分

毎回の会議で思うのですが、私が話す時間が長すぎ・・・

他の会議で私が嫌だなあと感じる長老オーラが自分から出まくっています💧

自分だけが知っているとか、そういう奢りが背景にあるそうです

反省

次回こそは、気をつけます❗❗❗

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

闘病日記 その16 血管痛の対処方法

3回目の抗がん剤治療のとき

点滴している時に、少し痛いなーとは思っていたものの

それほど酷くはないし、まあいいかと思っていました。

すると、退院してから数日後、点滴したところの周辺が腫れてきました💦

そして痛い💧 

未だに、赤い点々が残っております。。。

4回目の抗がん剤治療の日になっても腕の痛みが残っていたので、4回目の点滴の時には、ドクターに針を刺す場所を変えて下さいとお願いしました。

で、点滴が始まると

やはり痛い・・・💦💦💦

看護師さんに相談すると

その痛みは”血管痛”というものらしく

「針を刺しているところ、暖めますか?」とのこと

血管を温めると、血管が広がるので痛みが和らぐのだそうです。

こんな感じの腕用アンカを持ってきて下さいました。

見た目わかりづらい写真でスミマセン

Img_20200818_141713

暖めると確かに痛みが改善しました✨✨✨

そして前回は、点滴が終了するまでものすごく時間が掛かりましたが(11時頃~20時)、今回は10:00にスタートして16:30頃には終了

とてもスムーズでした💓


退院後も点滴箇所が腫れることもなく、痛みもありません。

本当によかったです!

困りごとがあれば、我慢せずに看護師さんに相談した方がいいんだな~とわかりました😃

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

闘病日記 その15 秋冬用アクセサリー

帽子の飾り

新作が届きました✨✨✨

今日の新潟は、フェーン現象でこの夏一番の暑さですが、アクセサリーは秋仕様です💓

今回の一番のお気に入りはこちら

質感がわかりにくいのですが、内側の花はレース素材で

外側が薄い皮素材でできています

二つの花がつながっているタイプ🎵


Img_20200827_170305


こちらは全部皮素材

グリーンとベージュの葉の部分に針金が入っているので形を自由に変えられます

Img_20200827_170145_burst001_cover

 

こちらは薄手の生地で、パールのアクセントがついています

Img_20200827_170240

 

真ん中の生地の中にファーがあり、外側は皮素材です

Img_20200827_170352

 

最後のは帽子につけてみました。

薄紫はブルーベリーで染めたそうです❗

20200827_173012_728

 

我が叔母ながら、次々といろんなアイディアを考え出して、すごいなあと感心するばかり

 

本人曰く

既製品で売っていないようなデザインを!

このアクセサリーをつけることで、私の気分が上がるように!!

とのことでした。

本当にありがたいことです💕💕💕

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

闘病日記 その14 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の検査について

前回の入院初日

看護師さんから

「先生からお話があるそうです」とのこと

もしかしたら・・・3剤ミックスの抗がん剤治療の回数を減らしてもらえる⁉

いやいや、あんまりいい話じゃないかもな~

とドキドキしましたが

残念ながら、後者のほうでした💧

そのお話とは

私の卵巣がんが「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」か否かの検査をするかどうか?という話でした。

アンジェリーナ・ジョリーのケースがコレみたいですね。

そういえば、がんセンターの婦人科外来の窓口にデカデカと「遺伝性乳がん卵巣がん症候群相談受付」みたいな看板あったなぁ~と。

私の場合は可能性は低いようですが、仮に該当すると

①6回の3剤ミックスの抗がん剤治療のあと、アバスチンではなくオラパリブという薬に変わる

②妹もHBOCに該当する可能性が1/2ある

③従姉妹たちもHBOCに該当する可能性が数%(数字聞き忘れました💦💦)ある

ということでした。

費用は、約6万2000円ナリ

該当すると遺伝性の問題につき、相談窓口も特別に設けられているということで、私の従姉妹たちにもお知らせするかどうか、要検討みたいな話でした。

②と③は、あんまり心配していませんが、単剤になったときの薬が変わるということだし、乳がん検診も怠りなくするぞ!との注意喚起もできるしと、一応知っておいたほうがいいかなと考えまして、受けることにしました。

この検査、アメリカのMyriad Genetic Laboratories 社で行うらしく、結果が分かるまでに3週間程度かかるそうです。

今回の新型コロナウィルスの件で、アメリカの医療の脆弱さが分かりましたが、最先端技術は日本は未だにアメリカに及ばないということもまた、これでわかりました。

ということで来週、こちらの検査のために病院へ行く予定です。

自分には縁遠いなあと思っていたようなことに次々と直面して、本当に人生っていろんなことあるな~と改めて感じました。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

闘病日記 その13 4回目の抗がん剤治療が終わりました

先週17日に入院し、18日に4回目の抗がん剤治療をして、19日に退院してきました。

入院中のドクターや看護師さんの言葉の端々から

回数を重ねるにつれ、副作用が重くなっていくんだなということが感じ取れます。

で、4回目

2回目までは金曜日あたりがピークで土日を過ぎれば、光が見えていたのですが、今回は土日が特に辛かった💧💧💧

手足のしびれもかなり出て

足の痛みもあり

むくみもあって

なんか気持ち悪い・・・

そんなんで、家族や友人にメールで愚痴ること複数回

みんなに元気づけてもらい、なんとか月曜日を迎えることができました。

今日もまだ症状は続いているのですが、マシになってきたので、気晴らしに仕事しています😃

そういえば、今回は、(前回はあんまり感じなかった)むくみがあって、顔がまん丸な感じ

そして、更に、まつげや眉毛が抜けてしまい・・・ガッカリ💦💦💦

あと2回!終わるまで、なんとか少しでも残っていて欲しいです❗❗❗

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

第24回 全国弁護士会ADRセンター連絡協議会のご案内

第24回 全国弁護士会ADRセンター連絡協議会のご案内です。

第二東京弁護士会が主管するようです。

1 開催日時・開催方法

2020年(令和2年)9月11日(金)13:00~17:00
 Zoomのウェビナー機能を用いたオンライン開催

2 内容
「これまでのADR、これからのADR~利用されるADRとなるためには~」

第二東京弁護士会仲裁センターは2020年3月に設立30年を迎えました。

そこで、30年の二弁仲裁センターの実践を振り返った上で、弁護士会ADRの将来への展望や可能性を議論したいと考えています。

第1部 基調報告

基調講演者:山田 文 京都大学教授、農端康輔 弁護士(第二東京弁護士会)

第2部 パネルディスカッション

パネリスト:基調講演者 垣内秀介 東京大学教授

斉藤睦男 弁護士(仙台弁護士会)

コーディネーター:室谷和宏 弁護士(第二東京弁護士会)

3 申込み方法
・事前申込制・定員450名

詳細はこちらをご覧ください。

さすが二弁は、早速、オンライン環境での開催準備をされたのだなあ。

参加予定なので、楽しみです😃

| | コメント (0)

«闘病日記 その12 夏用帽子用アクセサリー