« ADRに脚光があたっている理由 | トップページ | 愛媛和解支援センター »

2008年6月11日 (水)

新潟県の状況

新潟県司法書士会の進捗状況

 当初、新潟県司法書士会も法務省の認証をとる準備をしていました。

 ところが、予想に反し、認証のハードルがものすごく高いことがわかりました。

 運営委員を決めたり、規則や規程作成に着手していたのですが、認証に必要な書類全てを作成するに至りませんでした。

 ADR機関として運用してみないと、どう規定して良いかわからないことも多く、途中で方針転換しました。

 認証をめざす新潟県司法書士会調停センターを別に作るのではなく、新潟県司法書士会の事業としてADRセンターを立ち上げ、試行的に運営することになりました。

 本年度のADRセンター運営開始に向けて、現在準備中です。

|

« ADRに脚光があたっている理由 | トップページ | 愛媛和解支援センター »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/41500794

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県の状況:

« ADRに脚光があたっている理由 | トップページ | 愛媛和解支援センター »