« 明日は新潟県司法書士会のADR研修会 | トップページ | 7月のADR勉強会 »

2008年6月29日 (日)

新潟県司法書士会ADR研修会

新潟県司法書士会ADR継続研修会 第1回目

 昨日の研修会では、初めて丸一日、一人で講師を勤めました。

 始まる前はどうなることか?とちょっと心配でしたが、参加者もよく知っている方で、かつ、熱心に参加して下さる方ばかりでしたので、最初から和気藹々とスタートできました。

 アイスブレークから楽しんで頂き、いい雰囲気のまま座学に入ることができたので、それほど緊張せずにお話しでき、よかったなと思いました。

 午後からのロールプレイですが、これまでになく長めの時間設定だったので、相当に時間があまるグループがでるかなと懸念されましたが、思いの外、時間前に終了してしまうグループは多くなかったです。逆にじっくりと取り組めてよかったという評価でした。

 参加者が21名(当日1名欠席)とちょうどよい人数だったので、全体のふりかえりで全員の意見を聞くことができ、様々な角度からの気づきが得られたように思います。

 気になったのは、ロールプレイで全く当事者になりきれない方がいることです。早めに終了したグループには、この当事者になれない方がいらしたという印象です。

 経験上、当事者役をやってみて、調停人のことがよくわかるということがあります。当事者役が当事者役の気持ちになって振る舞うことができて初めてロールプレイが生きてくると思うのですが、「本当は相手のいうことは納得できないけど、この場では、(表面的に)妥協した」ということで、合意してしまうようです。そのため、時間も短くなる。。。

 そのような方の場合、そもそもメディエーションの目的やその手法、メディエーターになるためのトレーニングそのものに対する理解不足があるのかな、と懸念しています。

 次回、7/13は入江秀晃先生が講師です。先生には「調停人の倫理」を中心にトレーニングをして頂きます。上記の問題(表面的な合意)も取り上げて頂けるでしょうから、なお、気になっている部分が解消されそうです!!

|

« 明日は新潟県司法書士会のADR研修会 | トップページ | 7月のADR勉強会 »

ADR勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/41679656

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県司法書士会ADR研修会:

« 明日は新潟県司法書士会のADR研修会 | トップページ | 7月のADR勉強会 »