« 原稿書き終わりました | トップページ | 地元の高校が甲子園出場!! »

2008年7月22日 (火)

強制できない難しさ

メディエーター委員会の会議室に質問がありました

 メディエーターに募集された方から、今後何名のメディエーターを必要としているのか?という質問がありました。

 新潟県は長くて、北や南の方の方が、これまで継続研修を行った場所である新潟市や三条市に来るのが大変という事情もあってか、研修に参加して下さるのは、新潟市や長岡市三条市周辺の方が多いのです。

 新潟県司法書士会の事業なので、県下全域にメディエーターがいればいいのですが、上記の理由もあり、上越支部と佐渡支部には一人もメディエーターがいません。

 一方、メディエーションを調停の手法とすることに反対の方もいると思うので、当然そのような方は研修にもおいでになりません。

 メディエーションを勉強するのはトレーニングが必要です。しかもそう簡単にはその技術は身に付きません。会として強制しても無理だと思っています。そうすると、自主的にメディエーションをやってみたいと思う方しかメディエーターになりません。人数としての数値目標は立てることは難しいなと感じます。

 メディエーションを提供できる地域も限定されてしまっている現状ですが、私自身もまだ、十分に実践を積んでいるわけではありませんので、まずはできる範囲ですこしずつ実績を重ねていくしかないよね~というのが実感です。

|

« 原稿書き終わりました | トップページ | 地元の高校が甲子園出場!! »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/41933218

この記事へのトラックバック一覧です: 強制できない難しさ:

« 原稿書き終わりました | トップページ | 地元の高校が甲子園出場!! »