« 電話対応マニュアル | トップページ | にいがたADRセンターの記事が載りました »

2008年8月25日 (月)

司法書士の優位性

司法書士がADRをする時の優位性

 よく受ける質問の中で「なんで、司法書士がADRなの?」というのがあります。

 答えとしては、以前に書いたとおり、140万円までの限定はあるが、紛争解決につき代理権があること、登記において双方代理をしており、依頼者とともに解決に向かってきた歴史があるなどが考えられます。

 更に進んで、私たちの優位性について、入江先生より思いがけないご指摘を頂いたことがありました。それは、「司法書士には、様々な経歴を持っている方がいること」です。

 法律の世界の常識だけではなく、広く一般社会の常識や見識を持った上で司法書士を選んで試験を受けて合格した人が多く存在することです。

 メディエーションをするには、柔軟な発想が必要ですから、この点は重要だと思います。

 

 

|

« 電話対応マニュアル | トップページ | にいがたADRセンターの記事が載りました »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/42266080

この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士の優位性:

« 電話対応マニュアル | トップページ | にいがたADRセンターの記事が載りました »