« アサーショントレーニング一日目 | トップページ | 子供のコミュニケーション力の低下 »

2008年8月18日 (月)

アサーティブ・トレーニング終わりました

昨日は、朝9:30~16:30まで、同じ会場で、アサーティブ・トレーニングがありました。

2日目ということもあり、参加者と皆さんとも打ち解けたところで、あっという間に一日が終わったような感じでした。

この2日間で、一番印象に残ったことは、ロールプレイのやり方です。

メディエーショントレーニングでは、ロープレはそれぞれのセッションを1回やって、それを振り返る、というやり方ですが、アサーションでは、行為者・相手役・観察者の3人組みで、3回繰り返します。

1回目のロープレ-フィードバック-2回目のロープレ-フィードバック-3回目のロープレ-フィードバック、と同じメンバーで行います。

20分という短い時間なのですが、どの方もフィードバックを受けてどんどんよくなっていくのです。

メディエーションでも、ふりかえりをしたあと、もう1回やってみたいと思うことがありましたが、実際にやってみると、自分の中での変化がすぐに感じられてよかったです。

それから、講義全体を通して、匿名性が高いことに驚きと発見がありました。

参加者の皆さんは、日常生活で特定の誰かとの関係に悩んで、その人とのコミュニケーションを改善したいとの動機でおいでになっているように感じました。

ロープレでも、まさに「実例」そのものを題材にしていますので、プライバシーに気をつけなければならないという要請が非常に強く働いています。

その分、ロープレも真剣で、日常多く起こりうる事態への対処(上司への進言など)を行うので観察者も共感できます。

また、企業内や役所などでも、アサーショントレーニングは行われているようで、何らかの紹介で自主的に来ている方なので意識が高い方が多く、レベルの高さを感じました。

逆に司法書士だからこそ、アサーティブのようなコミュニケーションのトレーニングが必要だなと思いますbearing

新潟県司法書士会の理事会で、アサーションと言っても誰も知りませんでしたが、一般の方たちの方が認知率が高いのではないでしょうか?(会場が横浜だったということも影響あるかもしれませんが)

最近は司法書士だけ、又は司法書士が含まれるトレーニングを多く受けていたのですが、企業等に属している方たちと交流できたことで、私自身にとって得るものが大きかったです。

トレーナーのお二人、そして参加者の皆さん全員に感謝です!!

|

« アサーショントレーニング一日目 | トップページ | 子供のコミュニケーション力の低下 »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/42201600

この記事へのトラックバック一覧です: アサーティブ・トレーニング終わりました:

« アサーショントレーニング一日目 | トップページ | 子供のコミュニケーション力の低下 »