« 芝さんがブログ開設!! | トップページ | 和風料理です »

2009年2月11日 (水)

メディエーターの中立とは

昨日のブログにかわさきさんから、中立についてコメントを頂きました。

記事とはホントに関係ない、コメントだったので、かわさきさんは、すご~く気になっていたのではないかなと思いましたwink

メディエーターの中立を当事者に説明することについては、先日のケースマネージャー講座で、私も発見?!がありました。

ロールプレイの中で、相手の応諾要請をするときに、メディエーターの説明として「中立で公正」と言われても、相手としては、全然その言葉は魅力的に聞こえない!というようなフィードバックをもらったことでした。

いままで、呪文のように言っていたことだったのに、、、そうだったのかwobbly

そして、何らかの要求をされている相手側がつっぱるのは、弱い立場で逃げたいという心境からきていることもある!ということもわかりました。

そして、相手が気になっているのは、味方になってくれるのかどうかであることが!!

そうしたことからすると、かわさきさんが「両方の味方です」と言おうと思っているというご意見は、なるほどと思います。

一方、早稲田の和田仁孝先生のご意見をお聞きすると、日本の現状では、一般の方が法律相談を受ける機会が少なく、ADR機関などに申込みがあっても、事前に両当事者が法律相談を受けていないことが多く、当事者がある種混乱の中にいるので、その混乱をときほぐす役割をADR機関が担うことが多々ある、ということです。(あくまで私のフィルターを通しておりますので、間違っているかもしれませんが。。。)

この点は、私が何回か受けた申込者の問い合わせにおいてあてはまることが多いです。

先日は、問い合わせで「弁護士さんは何をしてくれる人なんですか?」という質問をうけ、これまた衝撃を受けたところでした。

それから、訴訟の場面で言えば、訴える側の勝訴率がかなり高く、裁判の敷居が高いことを鑑みると訴える方としてはかなりの自信と動機がないと訴えないでしょうし、訴えられる方は負け筋のほうが多いのが現状なのではないかと思います。

ADRでもおなじことが起こっているとすると(但し、相隣関係は除きます)、まずADR機関として、相手方に(法律)相談を紹介するなどの工夫をしなければ、弱い立場の方は話し合いのテーブルにつく気はしないでしょう。仮に話し合いがされたとしても、その合意はどうなんだろうと疑問が残ります。

中立の説明ということから、ずれてしまいましたが、私が考えているのはADR機関のあり方として当面、当事者双方から希望があれば事前に(法律)相談を受ける機会を提供することが必要ではないかいうことです。但し、その相談の提供がまた難しいのですがsad

そして、それを用意することで、メディエーターが両方の味方です、と言わなくともメディエーションに臨んでもらえるようにならないかな~と期待しています。

やっぱり、これからも試行錯誤が続くということが結論ですね(笑)

|

« 芝さんがブログ開設!! | トップページ | 和風料理です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわさきさんの書き込みに触発されて。

わたしが当事者で、「お二人の味方です」と言われたら、なんとなく、「えらそうに」と反発してしまいそうな気がします。「お二人のお役に立ちたいと思っています」とか「お二人の話し合いを支える役割に徹したいと思っています」くらいのほうが良いのでは。

関川さんがおっしゃっているように、相手方に法律相談を設ける場合も検討してもよいと思います。札幌司法書士会みたいに常にパートナー司法書士をつけるという考え方もありますが、そこまですると逆に重くなるので、ケースマネージャが判断すれば、そういう手続をつけられるという制度設計もアリだとおもいます。

やってあげている意識を見せないで、かつ、当事者に役に立つ手続をどう組み立てるかという発想で見直していくと、利用される手続に育つ可能性が十分にあると思います。

投稿: | 2009年2月11日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/44026898

この記事へのトラックバック一覧です: メディエーターの中立とは:

« 芝さんがブログ開設!! | トップページ | 和風料理です »