« スタンダード用衣装買いました | トップページ | 教育費について »

2009年6月20日 (土)

債権差押えの取り消し

先日、破産申立をした依頼者の方が、SFCGより差押えをされていました。

正確には、債権差押命令が発令されたときの債権者はSFCGでしたが、のちにその債権がジャスティス債権回収に債権譲渡されたとの通知がきていたので、債権調査票もジャスティス債権回収に送り、同社からの債権額の届けもされていました。

もちろん債権一覧表にも同社を載せてあります。

ところが、破産申立をしたところ、これまでずっと債権差押えをしていたのは相変わらずSFCGということが執行係からの情報でわかりました。

そのため、執行係と打合せの上、民事執行法第153条第2項に基づく差押えの取り消しの申立が必要となったのでした。

執行係も初めてということで、SFCGの破綻に伴う混乱がこんなところで関係するとは思いませんでした。

予想するに、SFCGは意図的に関連会社に債権譲渡を行い、資産隠しをしていたのではないかと思います。しかも、正式な債権譲渡に伴う承継手続きは行わず相変わらず、取り立てた金員は自分のところに入れていたのではないかと。。。

SFCGは本当に悪質な会社だと実感しました。

|

« スタンダード用衣装買いました | トップページ | 教育費について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/45395494

この記事へのトラックバック一覧です: 債権差押えの取り消し:

« スタンダード用衣装買いました | トップページ | 教育費について »