« 夏が苦手です | トップページ | 事前相談協力司法書士 »

2009年7月29日 (水)

就職先が見つからない

最近、債務整理処理をしていて感じるのは、依頼者の生活基盤がどんどん弱くなって行っているということです。

引き直し計算をして、払えるならば任意整理もしくは民事再生、払えないならば破産というのが大きい方向です。

ところが、引き直し後の金額が100万円くらいの場合、仕事についてさえいれば、任意整理で払っていけるのですが無職の期間が長く、なかなか就職できないために支払いのめどがたたないというケースが出てきております。

また、借金が多いので破産方向だが、無職であるため、破産した後の生活に不安があるというケース

話をよく聴くと、もともとは就職活動をしていたが、書類審査で落ちる・面接で落ちる、ということを何回も繰り返していると、そもそも就職活動自体の意欲がなくなってしまうようです。

それでも生きていくために頑張らないと行けません!というのが正解なのでしょうが、意欲がなくなってしまうのも納得できます。

カウンセリングの勉強をしているときに、男女の違いについても勉強しました。

特に夫婦間カウンセリングの時に必要になってくるものですが、その一つとして男性は「否定されることに弱い」という話

女性だって、そんなのイヤ!!と思うのですが、女性が感じるより男性が強く感じてしまうのでしょう。

就職活動の例でも自分を否定されることが続いたために、すっかり自己肯定感が持てなくなっている状態なのでしょう。自己肯定感を持てるようになるのは、かなりの時間と根気が必要だと思います。

その場合、就職活動というよりも、自分の得意な方面で何かしらの技術の習得を目指して自信を取り戻してもらわないと、仕事の獲得にはつながらないのではないかと考えています。

ただでさえ、労働環境が著しく悪化しているときに、無職の状態が長い方が「仕事を探して長期的に収入を得る」ことのハードルの高さを感じています。

しかも、そのために私たち司法書士ができることは限られているのが現実です。

|

« 夏が苦手です | トップページ | 事前相談協力司法書士 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/45773035

この記事へのトラックバック一覧です: 就職先が見つからない:

« 夏が苦手です | トップページ | 事前相談協力司法書士 »