« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日 (土)

男女差と年齢差

昨日の新聞各紙にも取り上げられていましたが、まだ隣人トラブルで殺人が起こりました。

長野の事件、初めて裁判員裁判になった事件、そして今回

長野の事件の際にも感じましたが、やはり隣人トラブルは難しいなという印象です。

2年前から新潟でADRを開始した時から持ち込まれる事件の大半は隣人トラブルでした。

実践をする前は、隣人トラブルはADRに向いていると浅はかな考えを持っていましたが、自分がいざ、本当の事件にメディエーター等として関与してみると安易にそんなことを言えないことを痛感しました。

隣人トラブルの場合、当事者の間に起こるあつれきやもめごとが一つではなく、長い間に蓄積され、誤解が誤解を生み、不信感の固まりとなっています。それを数回の話し合いで解決するためには、ケースマネージャー・メディエーターによほどのスキルが要求されるなと気を引き締めた記憶があります。

また、当事者の人間性にも大きく左右されるでしょう。

不本意ながら、私自身が紛争に巻き込まれ、相手方と対話する場面がありました。

相手が私に対する不信感を持っていると、私が何を言っても、真意が伝わらず、全く意図しない解釈・返答が帰ってくることを身をもって体験しました。

相手は、自分の考えに固執し、それ以外の言葉を投げかけても全く受け入れられないようです。

そのような時に、メディエーターが私の言葉を代弁し、相手に伝えたならば、(その言葉を発したのが私でなくなるから)私の真意は伝わるのでしょうか?

それとともに、ハーバード流交渉術に載っている交渉のスキルとしての「事前に友好関係を築く」ということの重要性です。また、鈴木有香先生の著書「交渉とミディエーション」の中でも触れられている「ラ・ポール(信頼)の形成」ということもあります。

これらの重要性を実感・体験しました。信頼を形成していない状態の話し合いは、困難です。

更に、当事者といえば、「高齢の男性」の難しさを感じております。

先日の事件でも、被告は、高齢で一人暮らしの男性でした。

これも主観でしかないのですが、高齢の男性は自分の考えに固執し、他の考え・選択肢を考える余裕が少ないように感じます。私が扱った実際の事件でも感じます。

カウンセリングの勉強をした時に、男女におけるアプローチの違いを勉強したため、それがベースになって男女差が気になるのかもしれませんが。

裁判所でも、民間でもいいのですが、当事者の年齢と性差を反映させた調停結果の研究みたいなものが存在しないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした。

お通夜に出てから行ったため、大幅遅刻。ほとんど料理が出来上がっているところに到着しました。(先生は遅刻に非常に厳しいので、かなりドキドキ)

作業としては、自分のオムレツを作ったくらいでした。しかもいつもと違うグループでやったので、何をどうしようと思っている内に終わってしまいました。。。

1.豚肉トマト煮込み

  野菜たっぷりで豚肉もやわらかく煮込んでありました。白いんげんがはいっているところが、一番の洋風ポイントに感じました。

2.ゴーヤのキムチボート

 縦半分にしたゴーヤのなかに豚挽肉・玉葱・キムチの混ぜたものを詰め、ピザ用チーズを乗せてオーブンで焼く。

 ビールのおつまみによさそうnote

 ちなみに利用したゴーヤは先生のご自宅で栽培していたものだそうです。

3.夏野菜のドームオムレツ

  夏野菜をなんでもさいの目切りにして炒め、カレー風味に味付け。

  それを入れてオムレツにします。

4.かぼちゃのプリン

  コーヒーが隠し味のプリン。かぼちゃの量が少ないので、普通のプリンとあまりかわりなく固くなく、柔らかく仕上がっています。

 カラメルともよくあい、美味しかったです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

司法書士の責任

昨日は、本当に疲れた一日でした。

守秘義務がありますので、詳しいことは書けませんが、非常に腹立たしく、気分の悪い思いをしました。

その引き金となった行為は・・・

司法書士として、至極まっとう・当たり前(問題を指摘)のことを当事者に指摘したところ、そばにいて、その問題に関与している大企業の社員が、私の名刺をわざわざ取り出して、バッテンを書いた!!

司法書士の責任は重いです。

実際に裁判になれば、非常に重い注意義務を課され、少しのミスも不注意も許されないような裁判例が数多く存在します。

翻って、現実の社会では、大企業の社員と司法書士が対峙した場合、明らかに大企業の社員はこちらを見下す感じ

毅然とした態度で問題を指摘しなければならない場面に遭遇した場合、その問題を指摘することに躊躇してはいけないことはわかっています。しかし、実際に指摘することは本当に勇気のいることです。

一方では形を変えた報復の恐れもある。。。

司法書士は、本当に責任が重く、日々困難な場面に直面する可能性がある仕事だなと改めて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

ADR勉強会

昨日は、夕方6:30から私の事務所にて、ADR勉強会でした。

参加者は5名

内容は、昨日の事例検討会の続き(になってしまいました)

昨日の勉強会で皆さんが口々に言われていたのは、本会でやった事例検討会が盛り上がらなかったなということ

理由については、

パーソナルファンデーションが低かった(Iさん)

机の配置が囲みで、全体に広がった感じで話しにくかった(関川)

が上がりました。

他にもあると思いますが、なんとなく言語化できませんね~

ということで、本会で発言できずに(それぞれが)もやもやして残っていたことを皆さんで議論しました。

そして、やっぱり盛り上がりましたup

それから、この勉強会を、そして新潟県におけるADR勉強会にもっと多くの方に参加してもらうにはどうしたらよいか?という話になりました。Iさんより、これ以上私たちとそれ以外の人たちの習熟度に差がついてしまうと、他の人が入りにくくなってしまうよね、というご指摘を頂き、確かにそうだなと思いました。

結論としては、今後、新潟と長岡に会場を分割して、それぞれ続けること

今の勉強会のメンバーを上記二つに割り振ります。これから、随時参加者を募集・声かけします。だいたいあたりはつけましたがwink

最後に、8月8日の全青司情報交換会の報告会をちょこっとして終了しました。

昨日も終了は10:30

皆さん、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

にいがたADRセンター事例検討会

昨日は、高校野球を気にしながら、新潟県司法書士会館で、先日行われた調停についての事例検討会でした。

出席者の皆さんも、そっちに意識がいっております(笑)

出席者は8名

ケースマネージャー、メインメディエーター、サブメディエーターとも10枚以上のシートを出して下さり、多くの指摘をもらうことができました。

ただ、この事例検討会は、調停の実施日からあまり日をおくと、当事者の記憶やその時の感情を呼び出すのが困難だったりするので、なるべく実施日から近いうちに開催するのがいいかもしれません。

この点は、担当者からご指摘頂きました。調停期日の直後におこなった3名での振り返りは今回の事例検討会より盛り上がり、非常に有意義だったそうです。

メインメディエーターに見えないものがサブメディエーターやケースマネージャーには見えていることが多いみたいです。

私のケースでは、ケースマネージャーは同席しないほうがいいかもしれないというふりかえりをしたところですが、まだ調停経験の浅い私たちの場合は、やはり観察者からのふりかえりをフィードバックしてもらうことの方が大事かもしれません。

それから、事例検討会の前に、申込み後、不応諾で終了した場合におくるアンケートについて協議しました。

次回以降、利用する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝準優勝!!!

昨日の高校野球決勝戦は、すごかったですねsign03

新潟県から初の決勝戦進出。新潟県民のほとんどが、まさかここまで勝ち上がってくるとはと思っていましたhappy02

ここまできたら是非優勝を!と願っていましたが、叶わず。。

しかし、9回裏2アウトから1点差にまで、詰め寄るなんて、信じられず。準優勝でも本当に頑張ったな~と心から賞賛したいです。

日本文理高校は、甲子園でこれまで活躍できなかったところ、今回準優勝を勝ち取るまでになるまで長~く、地道に訓練してきたのでしょう。諦めず努力を続ければ願いは叶うということが、改めてわかりましたhappy01

日本文理高校・野球部の皆さん、おめでとうございましたtulip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

国民生活センターのADR

毎日新聞に国民生活センターがADRの実施状況を公表したとの記事が載っていました。

国民生活センターの公表内容はこちら

今年の4月から8月14日までの間で30件の受付があったようです。

紛争解決にあたる委員の人数は15名。

特別委員は25名。十分な人数です。

委員の方は弁護士さん、裁判所OB、企業関係者、消費生活相談員、医師と幅広く参加されています。司法書士も1名いらっしゃいます。

民間のADR機関とも連携しているとの記載がありましたが、積極的に紹介などされているのでしょうか?認証されている機関だけかもしれませんね。

新潟県司法書士会でもADRを実施しております。

詳しくは、本会HPをご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和風料理

和風料理

木曜日は和風料理でした。

1.鯵とトマトのだし飯

  手作りの鯵の一夜干しをのせたご飯におだしをかける「鯵茶漬け」みたいなものでした。

  上に載せるものとして、夏らしくトマトと生姜・青じそも入っています。

  食欲がないときに、さらさらと食べられそうです。

2.オクラ・納豆たたき風

  ねばねばどおしを合わせて上にうずらの卵を飾りました。

  超カンタン

3.車麩の柳川風

  車麩は三条名物です。丸いドーナツのような車麩を4等分に切り、素揚げします。

  それを鰹節のだしの中に入れます。柳川風なのでささがきゴボウと玉葱も入ります。 

  最後に卵でとじてできあがりです。

4.ベリームース

  先生手作りのジャムを入れたムース。レアチーズケーキみたいな味です。

  カンタンで美味しいですheart

先日は、お土産に手作りの干物ができる「ピチット」をもらいましたhappy01

自宅で干物を作ってみるように!!とのお達し付き(笑)

まず、魚をさばくことから、頑張ります。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

三条支部研修会

昨日は、三条支部研修会でした。

午後3:00~5:00まで、燕三条リサーチコアにて

講師は上越支部の山田さん

内容は、昨年の日司連専門実務研修「事業承継の実務」の伝達講義です。

事業承継については、税理士さんも活発に活動されており、TKCでも、研修キットみたいなのを作って加盟の税理士さんに配付して積極的にアピールされています。

事業承継は、民法・会社法等もからむので、司法書士でも熱心に研究されています。

昨年平成20年10月に「経営承継円滑化法」が施行され、さらに同法律に関連した民法特例が今年平成21年3月1日から施行されています。

ただ、この法律結構使いにくいようで、私の知り合いの税理士さんは実際にどの程度の利用があるか疑問??というような話をされていました。

それに、周りを見渡すと、ワンマン社長さんが多いcoldsweats01

たぶん、このワンマン社長さんが柔軟な考え方ができないと話も聞いていもらえない状態ではないかと思われます。

ということで、個人的には、まだ相談を受けたことがありません。

まだまだ、これからですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

新人発掘

9月に新潟県司法書士会主催でコミュニケーション入門の研修を行います。

締め切りは今月末です。今日、司法書士会に行く用事があったので、出席者の顔ぶれをみてみました。

残念ながら

新人さんの参加が少ない(T_T)

理由を考えてみました。

1.最近は脱サラして司法書士になる方も多く、新人といえど私と年齢変わらない、もしくは年上の方も多いため、コミュニケーション講座などは会社の研修でやっているので、もう必要なしと思っている。

2.仕事(お金儲け)の役に立たないので、不要と思っている

3.既に別の予定が入っている

4.そもそも興味がない

5.(燕三条の)場所が不便

6.週末は休みたい

不況のため、司法書士業界も世知辛くなっております。

新潟県青司協の夏の研修会にも新人さんの参加がほとんどありません。

会務もいつも同じメンバーです。

都市部と郡部では客層も仕事内容も違うかもしれませんが、今度発生するであろう様々な法律問題にあたるには、単純に法律だけでなく、その周辺についても広い知識が必要と思っています。

我々を取り巻く環境は刻々と変化しており、その変化に対応するためにも日々勉強だと個人的には感じております。

頭が固くなっていく前に、いろんな研修や集まり、活動に参加することは今後の司法書士業務の役に立つと思うのですが、無理に誘うこともできず、どうしたものか?と思いますね。

ADRも新人さんに広めたいと思っているところ、参加が少なく、とても広げるどころの状態ではないようですweep

他県の皆さん、新人さんに研修等に参加してもらうための工夫やアドバイスありましたら、是非教えて下さいmemo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

お盆休み

今回のお盆休みは、14日午後から完全にお休みを頂きました。

既に新潟に帰省している妹の友人が14日午後に燕三条駅に到着するというので、一緒に遊びに行こうと予定していました。

14日は弥彦村にある「さくらの湯」に一緒に行きました。(妹も温泉大好きspa妹は12日に別の温泉に1回行っております。)

さすがお盆休み、県外からのお客様が多かったです。

天気が良かったので、露天風呂から綺麗な山々の景色がよく見えました。

15日は、同じく弥彦に行き、弥彦神社を参拝してから、ロープウェイに乗って山頂へ行きました。

ロープウェイで降りた広場から、更に本当の頂上へ行く道があり、行ってみよう!ということになりました。

しか~し、意外に遠く、途中で断念coldsweats01

田舎におりますと、どこに行くにも車で本当に足が弱くなっているな~と実感。東京にいる妹たちは平気なようです。

その後、日本海側に出て、ランチ。地ビールが飲めるレストランがあるのです!

美味しいものを食べると幸せですね~heart01

帰る途中で燕製品のアウトレットを扱うお店でショピング。

県外の友人でも来ない限り、行かないところばかりにいったので、私も久しぶりで楽しい一日でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

朝取り枝豆

今日は、朝取りの枝豆を分けてもらうために、お友達の家に集合しました。

集合時間は朝6時sign03 早すぎ。。。

昨年は、とりまとめをしてくれたお友達がわざわざ私の家まで持ってきてくれましたが、2年も続けてそんな甘えは許されない!と決意し、今日はものすご~く、久しぶりに5時起きしました。

昨日から実家に帰省している妹が一緒に行きたいというので、二人でちょっと寝ぼけながら行ってきました。

お友達の家は、農家さん。朝6時なのに普通に起きていらっしゃいます。お宅に上がるとお母さんが飲み物まで出してくれましたhappy02

お母さん、ありがとうございますheart

しかも、敷地にある畑からトマト・キュウリ・ゴーヤを持って行ってもいいよ~といわれ、ちょこっと頂いてきました。

同行した妹は大喜びup 収穫してみたかったそうですnote

枝豆を分けてもらえる現場はそこから車で5分くらいでした。

その地域では休耕田を枝豆用にして、直売しているのです。あちこちで「枝豆」の「のぼり」がありました。私たちは予約していたのでよかったですが、今年は人気で予約していないと売ってもらえなかったようです。

30分くらい待って、自分たちの分をもらい、更に別の畑にも行きました。こちらは自分たちで収穫しなくてはならなかったので、私はパス(笑)

早速自宅に持ち帰り、母がゆでてくれました。

めちゃくちゃ美味しかったですgood

Y子さん、いつもありがとうございますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

メディエーターの養成

土曜日の全青司ADR情報交換会の中で、各司法書士会で行うメディエーター養成について、どうされているか?という意見が出ました。

質疑応答の中では、参加者からその方法や工夫についての意見が出てこなかったのですが、翌日、いくつか出た議題については、グループディスカッションをすればよかったですねと静岡のNさんと話していたところです。

この点は次回以降の情報交換会で改善していきたいと思います。

ところで、メディエーター養成はどこにおいても困っている問題のようです。もちろん新潟県においても同様です。

本会で行う研修は、1年に1回です。しかも、私が研修部と相談事業部理事のため、ADRに関係する研修の企画を上げ、それを取り上げて頂いておりますが、それすら叶わない県もあるように思います。

また、新潟県では平成18年から毎年1回は研修を行っているところ、年々参加者は減り、しかも固定化しております。

既存会員が新たに勉強してみようという例はほぼありません。増加分は新人さんが参加してくれる例がほとんどでしょう。

個人的な経験では、とても年1回では、メディエーターの訓練では足りないと感じております。近畿や静岡・東京などでは、様々な講師もおり、人数的にも充実した勉強会が定期的に開催されておりますが、やはり地方ではそれが難しいと思われます。

私の事務所でも毎月勉強会を行っておりますが、事務所のキャパの問題から人数を増やせません。場所を変えると参加者の負担が増えるため、勉強会体制の変更に及び腰になっておりますthink

周りを見渡すと、個人的に興味のある人が多く、各自が自費であちこちの研修会やトレーニングに行き各人の能力を上げているところが、発展しているようです。

逆に本会のトレーニングだけしか行っていない所では、メディエーター養成としては不十分だと感じており、機関としても不安になっているのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

全青司ADR情報交換会

平成21年8月8日(土)午後1時から四谷の司法書士会館にて、全青司主催のADR情報交換会が開催されました。

案内を出した当初は、申込みが10機関くらいで、少ないけれど話し合いにはちょうどいいなと思っていたところ、開催間近になりどんどん増え、結局22機関の参加となりました。

当日、設営の時間が足りず、参加者の方にはご迷惑をお掛けしてしまいました。

また、机の配置も工夫の余地があったかなと思っております。

1:00~5:00という短い時間で22機関の発表と質疑応答、今後開催する事例検討会の御案内とそのプレゼンなどをするため、1機関に割り当ての時間が少なくなってしまったのが残念でした。しかし、各機関ともコンパクトにわかりやすくご発言いただき、全体としてはよかったなと思っています。

個人的に気になったことは、資料を出してくれたところが10機関だったことです。ただ単に資料を出して下さいという御案内の仕方も要領を得なかったと思われますし、実質立ち上がっていない機関もあるので致し方ない部分はあるのですが、他が出す情報はもらうが、自分のところの情報は出さないという姿勢が見受けられるところがあり、ちょっとひっかかります。

全青司の意図としては、各機関の連携を保ち、共に協力しながら頑張っていきましょう!ということです。

当初の「熱い」メンバーが入れ替わったり、数年してその機関を取り巻く状況が変わったりしたときにも、連携する他の機関が協力するなどして、お互いに継続していけるような体制を作りたいという意図もあります。

来年2月には、事例研究会を開催予定です。そして、実際に稼動し、事例共有シートを提出して下さる機関が対象となりますので、参加者も絞られてくると思います。次回は、実践について、もうちょっとつっこんだ話し合いになると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

収穫したての白ナス!!

白ナス
白ナス

今日は、お仕事で農事組合法人「あぐりマイスター長所」さんの事務所に伺いました。

こちらは、設立登記をさせて頂き、それ以来おつきあいをさせて頂いています。

地元の新聞にあぐりマイスター長所さんで「白なす」を栽培しているとの記事を見つけ、ちょうど伺うことになっていたので、是非売って欲しい!!とお願いしたところ、代表理事さん自ら収穫して下さいましたhappy01

ちなみに、農事組合法人は、登記簿上は、代表理事は登記されません。登記は理事だけです。私も一応司法書士なので、気を配ってみました(笑)

私もビニールハウスに行って、どれがいいかな~と選ぶことができました。

新潟県は、茄子の種類が豊富ですが、地元燕市では、白なすは生産されていなかったところ、今般、こちらの法人で作ることになり、新聞にも紹介されたのです。

実際に見ると、本当に白くて、ツヤツヤshine手触りもいい(笑)

綺麗な茄子です。

H2187_20

確か月曜日頃のNHK・生活ホットモーニングでも、珍しい種類の茄子として紹介されていました。

白なすは、やっぱり「焼き茄子」にするとすっごく美味しいですheart01

今日は関川家でも早速、焼き茄子で食べようと思いますnote

それから、気になるのが、農家さんの取引実態です。どうも日本でも経費を割り込むような不当な価格で、買いたたかれることがあるようです。

発展途上国との取引でフェアトレードが言われておりますが、日本でも、フェアトレードであって欲しいと心から願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は中国・韓国料理でした

昨日は中国・韓国料理でした

昨日は中国・韓国料理でした。

1.冷麺

  絶品でした!韓国料理店にいってもあまり食べないメニューでしたが、料理教室ではスープから手作りで、こんなに美味しいものだったのsign02と驚くくらい!麺も先生が本格的なものを取り寄せて下さいました。

  今回はスープに豚三枚肉と鶏肉(手羽)を使いましたが、本来は牛肉を使うとのこと。

  でも十分美味しかったです。

  韓国に行ったことはないのですが、本場で食べる冷麺はきっともっと美味しいのでしょうね。

2.なすのナムル

  とっても簡単。夏は、毎日茄子をどう料理しようか?悩むと思いますが、バリエーションが広がりましたね。

3.五目アーモンド和え(付景怪味丁)

  材料を「丁(ティン)」切りにします。丁はサイコロ状のことです。

  春にある試験にも出るので、中国料理の切り方の種類を当時勉強したなぁ~

  粉末アーモンドが入ったたれで和えます。

4.カルピドーフ

  カルピス味の寒天にオレンジジュース・シロップをかけます。同じく丁切りにしたフルーツも飾ります。

 今回は大皿にもって、フルーツを散らしました。見た目も綺麗です。ブルーベリーは先生の手作りです!

 さっぱりとして夏のデザートにちょうど良いですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

年配の専門職に対するトレーニング

来月9月19日、20日と福島県土地家屋調査士会が主催する調停トレーニングに入江先生の助手として伺うことになっています。

全青司の大会で福島県に行ったときに食べ物が安くて美味しいという印象を持ち、今回も楽しみにしていますhappy01

ところで、新潟県司法書士会で年配の方も対象となるADR等の研修を行う場合、”トレーニング”という言葉自体を控えるようにしています。

それだけで、なんかいつもと違うことをやらせれそうと敬遠する方がいると予想するからです。

ただ、その気持ちもわかるんですよね~

昨年から新潟県女性財団主催のトレーニングに何回か伺いました。主に行政関係で仕事をしている方たちが参加されており、日常的にファシリテーションが身近にあり、その訓練も受けているような方たちが多いようです。

そんな中に司法書士がぽつんと入ると・・・・

アクティブで、明るくて、カラフルで、楽しそうな世界で・・・

絵を描いたり、文字を書いたり、話し合いをしたりする・・・

うぅっ、眩しいっ と感じてしまいますcatface

比較的若い女性である私でさえ、そうなんですから、年配の男性の「引き具合」はどんなものでしょう。。

地域で活躍し、先生!と尊敬されてきた方にとって、これまで自分がやってきた得意な作業があまり活用できない場なのです!(ちょっと極端ですが(^^;))

そんなことを思うと、福島でも初めてADRの研修を受ける方もいるかもしれないので、嫌な思いをする方がいないように、私にできることは何かsign02と考えております。

このような配慮が老婆心に終わるとよいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

裁判員裁判

東京地裁で、初めての裁判員裁判が行われています。連日テレビや新聞で報道されています。

これまでの報道でも事前の記事でも検察庁では、検事に対して、高度なプレゼンテーションスキル獲得のために相当トレーニングを行ってきたことがわかります。

実際に法廷傍聴した方の記事でも、広告会社のプレゼンを見ているようだったとのご意見もありました。

法廷自体もかなりハイテクに造り替えられたようです。ちなみに新潟地裁もイスなどの備品に明るい色を使うなど工夫され、綺麗になっていましたsign03

先日トレーニングを受けた日本ファシリテーション協会会長の加留部さんは、(たしか九州の方だと思いますが)裁判所からトレーニング依頼を受けたそうです。裁判員裁判に向けて、裁判官と裁判員が円滑に合意をするためのトレーニングと思われます。

こうして見てくると裁判員裁判をきっかけに裁判所が大きく動いていることを感じます。

これまでのような書面重視ではなく、口頭陳述を重視することや合意をする場面が多く出てくることで、メディエーションスキル・ファシリテーションスキルに脚光を浴びる可能性があるかなと若干の期待を持っております。

それが直ちに民事・家事に反映されるとは思いませんが、多少の影響があるのではないでしょうか?

一方、検察庁あげて、ビジュアル的にわかりやすくするためのパソコン操作や説得力ある話し方の技術などをトレーニングしているようですが、国がお金をかけて大がかりに準備する一方、被告人側の弁護士さんは全て自費で行わなければならない、いうことになんだか不公平を感じております。

パワーポイント、プレゼン技術、画像処理技術、などなどが弁護士に必須能力になっていくのでしょうか。

そういうことに精通されている先生方はよいですが、年配でコンピューター操作が苦手な先生方は大変だな~と思います。

それから、裁判官(プロ)の意見に裁判員(シトウト)が反対の場合、それを裁判官に言えるのか?ということが言われておりますが、仮に裁判官がファシリテーターとしての訓練を受け、裁判官を中心に会議する場合、やはり反対意見が言いづらくなってしまうのではないかと危惧します。

これは、私が南山大学のトレーニングに参加した時に感じたことでありました。ファシリテーターとしてすでに活動されている方が多く、グループにそのような方がいると、その方の意見などに誘導されていくのです。

自分の意見もいいづらいですし、行動としても起こしにくいです。

もちろん、そういうことのないようにトレーニングするのだと思いますが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

長岡花火

8月1~3日は長岡まつりです。

長岡は、戦時中空襲があったところで、その復興祭として長岡まつりが始まったとのこと。

詳しいことはこちら

その後、長岡は中越地震にも見舞われ、その復興を記念して花火「フェニックス」が行われたと記憶しています。私も2年前にフェニックスを見に行きましたが、本当に素晴らしかったですgood

毎年2日、3日は花火大会で、県内そして全国から多くの観光客が集まります。

今年は「天地人」で盛り上がっていますので、きっと例年以上に多くの観光客が集まるものと思いますshine

ただ、人気ゆえにものすごい人・・・道路も新幹線も混んでいる・・・ということで長岡花火に行くのは一大決心と事前の準備が大事です!!

2年前に行ったときは、同じダンス教室の生徒さんで長岡にお住いの方がセッティングしてくれた席にお呼ばれして、本当に快適でしたnote

今年は、長岡花火は断念し、昨日はお隣・三条市の花火を見ました。

若干雲がかかり見えないところもありましたが、涼しい川べりから見える花火はとってもキレイでした。

終了15分くらい前から雨が降ってきてしまったのですが、なんとか最後まで打ち上げできたようです。

今日の長岡花火は、雨大丈夫かな(?_?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »