« 長岡花火 | トップページ | 年配の専門職に対するトレーニング »

2009年8月 5日 (水)

裁判員裁判

東京地裁で、初めての裁判員裁判が行われています。連日テレビや新聞で報道されています。

これまでの報道でも事前の記事でも検察庁では、検事に対して、高度なプレゼンテーションスキル獲得のために相当トレーニングを行ってきたことがわかります。

実際に法廷傍聴した方の記事でも、広告会社のプレゼンを見ているようだったとのご意見もありました。

法廷自体もかなりハイテクに造り替えられたようです。ちなみに新潟地裁もイスなどの備品に明るい色を使うなど工夫され、綺麗になっていましたsign03

先日トレーニングを受けた日本ファシリテーション協会会長の加留部さんは、(たしか九州の方だと思いますが)裁判所からトレーニング依頼を受けたそうです。裁判員裁判に向けて、裁判官と裁判員が円滑に合意をするためのトレーニングと思われます。

こうして見てくると裁判員裁判をきっかけに裁判所が大きく動いていることを感じます。

これまでのような書面重視ではなく、口頭陳述を重視することや合意をする場面が多く出てくることで、メディエーションスキル・ファシリテーションスキルに脚光を浴びる可能性があるかなと若干の期待を持っております。

それが直ちに民事・家事に反映されるとは思いませんが、多少の影響があるのではないでしょうか?

一方、検察庁あげて、ビジュアル的にわかりやすくするためのパソコン操作や説得力ある話し方の技術などをトレーニングしているようですが、国がお金をかけて大がかりに準備する一方、被告人側の弁護士さんは全て自費で行わなければならない、いうことになんだか不公平を感じております。

パワーポイント、プレゼン技術、画像処理技術、などなどが弁護士に必須能力になっていくのでしょうか。

そういうことに精通されている先生方はよいですが、年配でコンピューター操作が苦手な先生方は大変だな~と思います。

それから、裁判官(プロ)の意見に裁判員(シトウト)が反対の場合、それを裁判官に言えるのか?ということが言われておりますが、仮に裁判官がファシリテーターとしての訓練を受け、裁判官を中心に会議する場合、やはり反対意見が言いづらくなってしまうのではないかと危惧します。

これは、私が南山大学のトレーニングに参加した時に感じたことでありました。ファシリテーターとしてすでに活動されている方が多く、グループにそのような方がいると、その方の意見などに誘導されていくのです。

自分の意見もいいづらいですし、行動としても起こしにくいです。

もちろん、そういうことのないようにトレーニングするのだと思いますが。。。

|

« 長岡花火 | トップページ | 年配の専門職に対するトレーニング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、草の根メディエーションのE.O.です。
裁判員裁判のニュースは私も“食い入るように“見ています。裁判員の目はまさしくメディエーターの目だと思いました。検察/被害者と弁護士/加害者の当事者に対し、裁判員は中立/公平な立場の第三者です。メディエーションとの大きな違いは、裁判は白黒の判断をしなくてはいけないれど、メディエーションではしない。
反対意見が言えるか? 反対意見は言わなくてはいけない、それができなくては民主国家ではない・・・のでは、と思います。人と違う意見でも言っていい、言えるようになって欲しいという願も込めて、メディエーション普及活動をしています。末端に近い所で紛争解決にあたられる司法書士さんの役割は大きいものと思え、期待しております。

投稿: | 2009年8月 6日 (木) 07時06分

E.O.さん、コメントありがとうございます。

メディエーションの活動をするということは、反対意見を言える社会や「場」の実現ということも含まれるかもしれませんね。

人と違う意見、反対の意志を伝えるのって難しいと感じています。
メディエーションの他に、アサーティブが盛んなのは、人と違う意見・反対の意志を伝える必要を感じつつ、なかなかできない方が多いということもあるのしょうか。

しかし、社会や家庭の軋轢の中でもアサーティブにそれをしようと努力されている方も多いということですよね。

私自身も、メディエーションについてもアサーティブについても勉強しなければならないことが一杯です。

投稿: せきかわ | 2009年8月 6日 (木) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/45841820

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判:

« 長岡花火 | トップページ | 年配の専門職に対するトレーニング »