« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

長期優良住宅の減税

先日、初めて「長期優良住宅」に適合した建物の新築登記を出しました。

長期優良住宅の制度は、今年の6月から施行されたものです。

これに伴い、平成21年7月28日付けで地元燕市から「新潟地方法務局三条市局管内司法書士各位」宛の新しい住宅用家屋証明書の書式の見本が郵送で届いておりました。

初めてのケースのため、住宅用家屋証明書を出してもらう役所にも事前連絡して、添付書類を確認したところ、コチラも初めて。お陰で当日、問題なく証明書を出してもらうことができました。

何が必要か?については、上記の燕市からの書面には記載ないため、ネットで調べたところ横須賀市役所が詳しいものを提供していたのでそれを参考にしました。

そして、いざ申請したところ、法務局から電話が!

事務員によると、「登録免許税が違っているので計算し直して下さい」と言われたそうです。(かなりの上から目線な物言いらしい)

事務所にある書類を確認して、登記官と話してみると、なんと長期優良住宅の減税措置自体を知らず、保存の税率が1/1000になることも知らなかったため、登記官は通常の1.5/1000と思い込み、補正の電話をしてきたことが判明。

その登記官は他にも思い違いをして、連件申請の別の登記も取り下げをにおわせたそうでしたが、それも見間違いだったようです。。。

こちらから、長期優良住宅のことと、租税特別措置法の条文を説明したところ、最後には、小さい声で「わかりました。」と言って電話を切ったそうです。

もちろん、根拠条文も記載あったはずなんですが。

もしかして、本局でも初めてもケースだったのかもしれません。

法務局内でも通達ってすぐに行き渡らないものなんだなと知った事件でした。

提出したのは、新潟本局で、新潟市内には大きな登記事務所がた~くさんあるのに、なぜ、うちのような小さい事務所が最初の事案にあたるのか?とっても不思議です。

登記官の対応からして、すでに申請はあるものの、司法書士側で減税措置を見逃して登記したケースがあったのではないかと思いました。

自分が逆の立場にならないように、勉強しなくてはいけないなと痛感致しました。

《ご相談はこちらまで》

関川司法書士事務所 電話 0256-66-3314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

パソコンの不具合が直った!

来客者用テーブルの上に置いてあるノートパソコンの調子が突然悪くなりました。

あるキーを打つと、なぜか数字が一緒に出てくる症状。

いろいろ試してみましたが、わからないため、とりあえず別のモバイルを使うことにしておりました。

数日して、メーカーのサポートサービスに電話してみようと思い立ち、電話したら運良くつながりました。

担当者によるとキーボードの接触不良らしいです。

ノートパソコンののキーボードを一旦本体から外してみて下さいという指示に従い、事務所にある別のPCでパソコンメーカーのHPを見て、そのやりかた説明文とおりにやってみました。

ノートパソコンのキーボードが自分で外せること自体にまず驚きましたね~

そして、外した後に再起動したら、なんと直ってましたsign03

これまで、散々いろんなことを試したのに(-_-;)

こんなことで直るなんてwobbly

でも、直って超嬉しいですhappy01 ちょっとした達成感も味わえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

昨日は和風料理でした

昨日は和風料理でした

昨日は和風料理でした。秋のお楽しみ弁当というサブタイタル付き!

できあがって、お弁当箱につめた時は、本当に美味しそうでしたgood

1.栗ご飯

  土鍋で炊いた栗ご飯。新米でないので、少し餅米をいれました。

  料理教室だとだしが美味しいので、めちゃめちゃ美味しくできますhappy01

2.里芋えび五目団子

  里芋をゆでたものに、えびやパプリカをサイコロ切りにしたものをいれて、だんごにします。

  少し手間がかかりますが、見た目も味もよい一品です。こんなのがお弁当に入ってると超嬉しいですよね。

3.鮭のホイル焼き

  簡単、でも、美味しい。だれもが好きな料理な気がします。

4.ブロッコリーのツナヨーグルトソース

  ブロッコリーを少ない水でゆでて、ごま油としょうゆ・こしょうであじつけ。

  これだけでも美味しいですが、さらにツナヨーグルトソースがかかります。

  ツナヨーグルトソースどんな味?って思いましたが、意外と和風な感じ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ホスピタリティ

またまた、福島県土地家屋調査士会のトレーニングの話題

愛媛和解支援センターもそうですが、うまく行っているセンターは”人”が素晴らしいです。

福島県土地家屋調査士会の中心人物である佐藤先生もそうした一人です。

まず会場に行って驚いたのは、「歓迎の文字」

20_2

すごい!こんなことまで気がつくなんてsign03しかも、面白い(笑)

それに、福島県土地家屋調査士会のADR研修会には毎回他の県(例えば、秋田・山形などなど)から参加者があるそうです。

ということで、コチラsign01

20_3

今回は、他県の方は2名と少なかったですが、多いときには10名もの参加があるそうです。その方たちに対していい加減な研修を提供してはならないと、事前準備はかなりしっかり行うとのこと。

上記のようなことも、その一環なんでしょうねhappy01

佐藤先生は、ADRを勉強して2年くらいだそうですが、会の中心として熱心に外部のトレーニングにも出ていらっしゃり、また、他県で講師もしているそうです。

私も見習わなければなりませんね。

それに、今回は福島県弁護士会の示談・あっせんセンターのセンター長である佐藤初美先生も参加されました。

佐藤初美先生は、入江先生がアメリカでお会いして衝撃をうけた弁護士さんと同じタイプだと思います。

物腰柔らか、いつも笑顔、そして優秀

こんな方素晴らしい方がセンターに協力してくれる福島県土地家屋調査士会のADRセンターは、本当にうらやましいですhappy02

こういう優秀な弁護士さんがメディエーションをしたら、司法書士の出る幕はなくなってしまうと思いました。

土地家屋調査士会は出足が遅れたからと、今懸命にトレーニングを積み重ねていらっしゃいます。しかも、楽しそうに、かつ真摯に。

わが新潟県司法書士会員の皆さんのやる気を引き出すには、どうしたらいいものか?と改めて思わされた二日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

福島県土地家屋調査士会トレーニング 2日目

福島県土地家屋調査士会 トレーニング 2日目

昨日に引き続き、入江先生のお手伝いをしています。

今日は、朝から内容盛りだくさんでした。

午前中でちょっと頭がすっきりしないうちに、「はじめての出会い」のデモを皆さんの前で行いました。

慣れているつもりでも、本当に「いつでもはじめての出会い」ですね。自分の体調や状況によって違います。

調査士さんたちの前でがんばらなくては!という気持ちが先に出てしまい、ちょっと話す順番やわかりやすさが十分でなかったような気がします。

昨日から感じておりましたが、福島県の調査士さんたちは、”素直”で、飲み込みが早いと思いました。

はじめての出会いもこれまでの14回の研修会の成果が出ており、とても上手にされていました。

ふりかえりでも、前向きな発言と次への工夫が多く聞かれました。

課題の特定とブレインストーミングも上手にまとめていらっしゃいました。

今日は、私がコメントをする場面はあまりなかったですが(ほっ)、ワークの途中でグループで気づいた点があったときにお話できたのは、よかったかなと思います。

今回は、私の想像以上のレベルの高さで新潟県司法書士会でやっても、こうはうまくいかないような気がします。

11月にも別の研修が予定されているとのこと。熱心さにも頭が下がります。

事務局の佐藤先生は細かい点までご配慮いただき、大変お世話になりました。

心から感謝致します。

ご参加の皆さんも、暖かくお迎えくださり、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

福島県土地家屋調査士会トレーニング1日目

今日は朝6:30に自宅を出て福島県郡山に来ました。

入江先生にお声がけいただき、福島県土地家屋調査士会のADRトレーニングのお手伝いをさせてもらっています。

2年くらい前に全青司の全国大会で郡山に来た時に好印象だったので、すっかり福島旅行気分です。

1日目は11時開始でしたが、10時前に会場入りしたときには、複数の方が来ていました。あとで聞いたところによると、事務局ではないものの、自発的に手伝ってくれているそうです。
素晴らしいですね!

新潟より若い会員の参加が多いみたいです。
しかも、シルバーウィークなのに研修に来て下さる熱心な方たちです。
皆さんがしっかりトレーニングに取り組んで下さいました。

私の役割は、それぞれのワークの冒頭説明をすること。
資料配りをすること。アイスブレイクで書いてもらったの付箋をKJ方チックに分類し直すこと。

入江先生の詳しい説明、ワーク、振り返り、3つの調停の実演と順調に進んで行きました。

後半を過ぎた後で、入江先生から急にワークで書いてもらった内容についてコメントするように司令が!!

結果は

うーん(+_+)

きっと次回の糧になるはずです(汗)

懇親会でも、楽しくお話できました。ありがとうございました。

明日も頑張りま〜す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

明日は福島県土地家屋調査士会へ伺います

明日は、入江先生が講師を務める福島県土地家屋調査士会のADR研修にアシスタントとして伺います。

新潟県司法書士会の研修で、入江先生のお手伝いをしたことはありましたが、アシスタントをするのは初めてなので、どんな風になるのか、楽しみでもあり、不安でもあります。

あまり固くならずに、リラックスしてやってみたいです。

明日は、久しぶりの早起きです。

まずは、新幹線に乗り遅れないようにするのが最初の仕事です(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

メディエーションを勉強した成果

先日、私の依頼者と対立するかもしれない相手方と電話で話しました。

メディエーションやADRを勉強する前だったら、きっと上手く話ができなかっただろうなとつくづく思いましたね。

新潟県青司協で初めてADRを受託した事件で、初めて相手方に電話をした時のショックsign03

その時に、上手く対応できなかった悔しさを一つの糧にしてメディエーションを勉強しつづけてきました。

自分では、上達しないな~と思うのですが、ふと、冒頭のような場面で思いの外、きちんと話ができて、相手にもこちらの意図を伝えることができた瞬間を体験すると、少しは前進しているな~と実感が持てます。

司法書士をしていると、こちらに敵対心を持っているかもしれない相手と連絡をとらなけばならないことはよくあります。

そんな時に、このメディエーションの技術は役に立ちます。

メディエーションに懐疑的な方に、なぜ司法書士がADR?と思っている方に、こんな効用があることを知ってもらえると、もう少し理解してもらえるような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年9月16日 (水)

司法書士として悩むこと

今日は、午後から債務整理を受託している方の面談がありました。

守秘義務があるので詳しいことは書けませんが、その方の言葉で非常に印象に残ったことがありました。

それは、お金に困って銀行に借金の申込みに行ったが、どこも取り付く島がなく、けんもほろろだったが、サラ金の対応は良かった。本当に困っていたので、そのサラ金には感謝しているとおっしゃるのです。

これまでのサラ金の厳しい悪質な対応は社会問題化し、(特に、SFCGは本当にひどかったですね)弁護士・司法書士双方とも、高金利に苦しむ方の救済のために懸命な活動を続けてきました。

その結果、グレーゾーンの撤廃に結びついたものと思っています。

現在は、サラ金破綻・再編後の問題(たとえばフロックス問題)や、追い出し屋被害など新たな問題が浮上しております。

私は全てサラ金が悪いとは、思っておらず、健全な無担保ローンで、債務者の生活が破綻するような経営方針でなければ、社会で必要な存在なのだと思います。

一方の銀行等

私の祖父は、「昔、銀行はお金を借り所ではなく、お金を預けるところだ」と言っておりました。いま、本当にそのとおりだな~と思います。

司法書士をしていますと、銀行は大事な取引先でありますが、びっくりするような対応を目の当たりすることもあります。

銀行員の方もメディエーションの勉強をしてみるとどうだろう??

仕事内容からして、無理でしょうかcoldsweats01

”蓮の花”のたとえを考えて、ふう~っとため息が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

自己概念を広くする

週末のコミュニケーション入門の研修会で、一番心に残ったことは

「自己概念と人間関係、人の成長」の小講義でした。

自分と相手を○で表し、ベン図のように重なった部分が広いほど、相手を受け入れる部分が広くなるというようなお話しだったと記憶しています。

自分自身の枠組みを広く、大きくすることで相手との関わりも増やすことができるということは、なんとなく、知っていたものの、今回の研修会で深く納得することができました。

今年7月のファシリテーション・グラフィックの講義で加留部先生が、自分の興味を持っていることに相手はなぜ、興味を示してくれないのだろうと思うことが多々あるでしょうが、別の場所では自分もそういうことを思われていることが多い。

だから、様々なことに好奇心を持ってみることを自分から始めて見て欲しいという趣旨のことをおっしゃっていました。

加留部先生の話と今回の星野先生の話がリンクして、本当にその通りだな~と思いました。

今回の研修でも、なぜもっと若い会員が参加してくれないのだろう?と思っていましたが、そう思うことよりも、自分自身がもっともっと好奇心を持って、自己概念を広くすることの方が先だなぁと思いました。

何度も何度も、思い出す言葉「人は変えられない、変えられるのは自分だけ」を強く意識できました。

星野先生からも、お聞きしましたが、人は自分が「はっ」と気づかなければ、変わらないと。しかも、気づいたことがあると、自分では気づかないうちに変わっていることもあるそうです。

これからも、いろんな人と出会い、いろんな経験を通して、「はっflair」と気づきを得られるといいなと思います。

鈴木有香先生のブログを読んでいて、こんなことが書いてありました。

「コミュニケーション研修」をしていて、若い人と年配の人とどちらが上達するかということを考えると、どうも40代以上の年配層に軍配が上がるように思います。なぜなら、彼らは昭和の熱い対面コミュニケーションの経験があるので、その経験や感覚を思い出させることで行動の変化が容易だからです。言葉と感情をつなげる身体があるのです。

もしかして、今回若い人が少ないのは、若い人がコミュニケーションを苦手と思っているから?その重要性にも気づいていないから?なんだろうかと思いました。

一方、残念ながら一人の高齢会員からは1日目の講義が面白くなかったという感想もありました。

鈴木先生の年配という表現が微妙ですが、50~60代の方はコミュニケーションが上手になりやすいのかなと先日の研修でも感じていたところです。

にいがたADRセンターにも、先日、H先生(60代)が参加して下さいました。H先生は非常に好奇心旺盛で、先日は新潟県青司協にも入会し、他県の研修会にも参加されたのです。

見た目も、話し方も穏やかで、私は個人的にすっごくADR向き!と思っています。

こういう人材の発掘が、どんどんできるといいなと願っていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

司法書士のためのコミュニケーション入門 2日目

司法書士のためのコミュニケーション入門 2日目

前日に比べて、ぐっと参加者が減りました。37名です。(午後から1名追加になりました)

1日目の最後に、星野先生からも1日目しか申し込んでいないけれども、受講した結果興味をもって翌日も参加してみようと思った方は、是非ご参加下さいとのアナウンスをしてもらいましたが、そういう好奇心旺盛の方は皆無でしたgawk

しかも、残念ながら2日とも申し込んでいたけれど、1日目しかこないという人も。

残念ついでに!1日目の連絡なし欠席が10名近くありました。

なんと申しましょうか、司法書士ってやっぱり社会人としての常識に欠けている人が本当に多いな~と思う瞬間です。

昨年、新人向けのマナー研修をしなさい、という日司連のお達しがでましたが、既存の司法書士でもマナー研修が必要なのかも。

2日目は、各ワークのふりかえりをしっかりしました。

それから、フィードバックの仕方も具体的に先生から、レジュメを元に説明して頂きました。

「話す、聴く、観る」のエクササイズで、「観た」人からフィードバックをしてもらいました。

私は初めてやったときは、なかなかプロセスを思い出せず、記憶を文書化することは難しいなと感じたところでしたが、初めてでも、非常に上手に表現されている方が多くおりましたね。

一方、全くできない人も。1日目からの様子を見ていると、他の人を「観て」いません。

自分勝手な思い込みでモノを言っています。

明らかにコミュニケーションは不得手そう。。。

コミュニケーションは自分と相手があり、相手の様子をよく観ることが重要ということが、実感としてわかりました。

基本的にどのワークも楽しく終了しました。

参加者の方にも多くの気づきを持ち帰ってもらえたと思っています。

私個人も楽しく、しかも成長させたもらったと実感しています。南山大学でやったときより、深く学べ気がします。ちょっと余裕があったからかもしれませんね。

星野先生、本当にありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

司法書士のためのコミュニケーション入門 1日目

今日は、燕三条メッセピアにて、本会研修「司法書士のためのコミュニケーション入門」1日目でした。

結果は、大大成功でしたgood

実は、昨日星野先生と前日打合せをしていたときに、ネームホルダーの手配をするのを忘れていたことに気づき、慌てて司法書士会事務局に電話したけどつながらず、どうしよう~っと困っておりました。

先生からポストイットで代用しましょうというご提案を頂きましたので、なんとかなるかなとは思いましたが、もう一つ、今年行ったマインドマップの研修でA4の紙でネームプレートを作ったことを思い出し、そちらでも行けるよう準備をして今日を迎えました。

冒頭、先生から、これまであまり体験学習をやったことがない人向けに、詳しく学習効果や司法書士として利用範囲が広いこと等を丁寧に説明してもらったおかげで、「腕組みしたまま何も話さず」状態の方はおりませんでした。

結果的に、ネームプレートも字が大きいので、分かり易くてよかったようです。ほっ

今回の研修の特徴としては、これまで本会研修にほとんど出席しない高齢の会員が出席していることだったのですが、私たちの心配をよそに、しっかり楽しんで参加して下さっていましたsign03

理由としては・・・・私は以下のように感じました。

・星野先生の話術が素晴らしい

・わかりやすい言葉・例を使って説明して下さった

・日常生活でも、人として他人と関わる・コミュニケーションする時のヒントをもらった

グループディスカッションでも積極的に話し合いをしたり、感想も述べてもらったり、先生から始めて下さいと言われる前から待ちきれずにゲームを始めたりと、ずっと会場はあったまった雰囲気のままでした。

先生ご自身も嬉しいとおっしゃっていましたねflair

私も、個人的に多くの気づきを先生や他の受講者から頂きました。

・考えを述べるときに「私は」を意識的におっしゃる

 「私は」ということで、別の考えがあってもいいのだなという安心感があると別の研修の際に受講者からフィードバックをもらったそうです。私も同様のことを感じていました。

・受容について

 先生から具体的に例を示して話してもらうことで、理解が深まった気がしました。

・時間について、参加者を見て臨機応変に変更する。スケジュールに支配されない。

 話が続く、誰かが声をかけてさえぎってくれる、これら全てが参加者のプロセスであること。

 ですから、チンベルは使わないとのことです。これは目から鱗でしたhappy02

・ゲームのプロセスのふりかえりで、自分が想像したことよりポジティブな意見をフィードバックしてもらい、私の「気にしすぎ」もあるな~と気づいたこと。

・自分で気づくことの大切さとそれこそが人を変える力になることを実感

懇親会の料理も美味しくて、参加者の皆さんにも大満足してもらいましたshine

よかった、よかった!

明日も頑張りますnotes 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年9月11日 (金)

昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした。

1.かぼちゃリゾット(RISOTTO alla ZUCCA)

  簡単、そして、美味しいheart

 コメを炒めて、スープをいれてから、ゆでて潰したかぼちゃを入れます。

 あっという間にできるのでビックリです。

 近日中に作ってみたいです!

2.じゃが芋 スイス焼き

  先生がスイスで食べたものをアレンジしたとおっしゃっていました。

  ジャーマンポテトの変形?みたいです。

  ゆでて、潰したじゃが芋に玉葱・ベーコン・コーンを炒めた物を加えます。

  よく混ぜてから、フライパンで焼きます。チーズも乗せて!

3.もどりがつおのカルパッチョ風

  かつおはさく取りして、表面をさっとあぶり、冷水につけます。

  この作業は先生がやって下さいました。

  自宅では・・・  たぶん・・・

  玉葱のスライスの上に、かつおをそぎ切りものをトッピング。更にクリームチーズも飾りました。

  私はかつおを切るのを担当させてもらいましたが、美しく切れませんでしたbearing

  残念

  すぅ~っとキレイに切れるようになりたいですね。

   ポン酢で頂きました。

4.冷製バナナ、ココナッツミルク ファンタジー

  名前に負けていません(笑)

  東南アジアに行った気分になりましたpisces

  ココナッツとバナナが濃厚でタピオカともよく合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

単なる私見ですが

愛媛の和解支援センターの代表である松下先生から紹介された本~「忘れられた日本人」宮本常一著~を先日ようやく読んでみました。

村の寄り合いについての項で、もめごとなどを話し合う寄り合い所が多いのは西日本、東日本には少ないという記述があります。

私は短絡的に結論を導いてしまう悪い癖があるのですが、この記述で、やっぱり話し合いでもめごとを解決しようという文化は、西日本に昔からあるんだ!県民性も関係あるかも!と思ってしまいました。

ADRが西日本で活発なのが、理解できた気がしたのです。

新潟に住んでいる私からすると、西日本の人は”明るい”イメージです。

対して東日本に住む人は、”真面目で静かな(率直にいえば暗い・失礼!)”イメージです。こういうのは気候も関係しますよね。真面目な故に問題を深刻に考え、こじれたら裁判で決着ということに結びついてしまうのでしょうか?

新潟では、呼び出しの際にも何度も困難にぶつかってきました。

先日の全青司ADR情報交換会でも、近畿司法書士連合会の方の報告によれば、5割以上の実施率だそうです。

驚くべき数字ですwobbly

このような事実を見聞きすると、新潟県でADRを広めていくのは、難しいかもdownと思いました。

でも、簡単には諦めませんsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

福祉と司法が連携 佐渡島で関係者ら試み

昨日の朝日新聞に「福祉と司法が連携 佐渡島で関係者ら試み」との記事が載りました。

佐渡には、法テラス佐渡法律事務所があり、冨田さとこ弁護士が活躍していらっしゃいます。富田弁護士のお人柄もよいようで、佐渡の法テラスは成功事例として、各所で取り上げられています。

私が扱ったケースでも、多重債務の相談でしたが過払いがでて、これまでの借金を全て清算できた方が何人もいらっしゃいます。

税金の滞納をしている方もおり、私が代わって税金を納めに行くときには、市役所の窓口で担当者に「滞納者で多重債務に陥っている方も多いでしょうから、何かの折りに司法の相談につなげてもらえるよう話してみて下さい」と言うこともありましたが、市役所は動きませんね。

記事にもありましたが、このような試みが上手く行くためには日頃の情報交換と信頼が成り立っていなければならないのだな~と思いました。

ここでもラポール(信頼)の形成が重要なようです。

司法書士会では、まだそのような取り組みが不十分だと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

吉崎さんにお会いしました

金曜日にファシリテーションにいがたの吉崎さんにお会いしました。

たまたま燕三条リサーチコアで開催されたNICOクラブセミナーに参加された帰りに事務所に寄って下さいました。

私も吉崎さんにおしえてもらい、最近NICOクラブに入ったところでしたが、セミナーにはまだ参加したことがありませんcoldsweats01

吉崎さんから当日教えてもらうまでセミナーがあることすら、知らず。。。

それはそれとして、

久しぶりに吉崎さんにお会いしましたが、業界内の目線ではない方からの意見を聞くことができるというのは非常に貴重です。

司法書士業界も激変期で、一応事務所経営者の私としては、いろいろと考えなくてはならないことが出てきております。

そんな中、企業さんに対してファシリテーション講座などを開催していらっしゃる吉崎さんのお話しは非常に参考になり、自分の中で混乱している部分を整理するにも最適な話相手なんですhappy01

今後ともよきアドバイザーになってくれそうですgood頼りにしていますよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

理事会にて

9月5日(土)は新潟県司法書士会館にて、理事会が開催されました。

主な議題は

1.会館建設にむけた資料作成

2.司法書士による高校講座(消費者教育)の経過報告

3.「法の日」無料相談

4.HPの更新

5.多重債務キャンペーンへの協力の件

2.の高校講座は、新潟県司法書士会が誇る女優であるO島さんが中心になって活動を開始してから、飛躍的に発展した事業です。

講師による説明だけでなく、寸劇を行うので、高校生にもわかりやすいと評判がよいのです。そうしたところ、新潟県が行っている「巣立ち教室」からも協力要請がきたとのこと。

高校生に対する消費者教育は非常に重要だと思っています。雇用環境が悪化している昨今では、労働者としての権利などについても学ぶことも必要だなと感じます。

個人的には、司法書士会がやっている活動を多くの方に知ってもらいたいので、HPを新しく更新した際には、高校講座の様子を写真入りで紹介できるようにすればいいのに!と思っています。

それから、5.の多重債務キャンペーンです。市町村で行う相談会に司法書士会からも相談員を派遣します。

この相談員なのですが、債務整理をしますと標榜している事務所の司法書士ならだれでもいい!という訳にいかないのが本当のところ。

多重債務をめぐる問題は、日々変化しており、地道な勉強が欠かせません。

新潟県司法書士会でも、連合会でも、全青司でも多重債務やそれに関連する問題に対する研修会を開いていますが、そういうのに一切出席されない方もいるのです。

本会が派遣する相談員は、派遣先との信頼関係もあり、資質が備わっている方を派遣したいのです。そうすると限られてきてしまいます。

最後に、最近の理事会で共通して感じていることがあります。

それは、発言する人が決まっており、理事会の最初から最後までの間に一言も発しない理事が複数いることです。

自分が所属する部の議題の最中でも発言がありません。

担当者が全体に意見を求めるときも、もちろん発言しません。

私が、話しすぎ?(笑)

意見を言わずに我慢しているのでしょうか?

全体を通してみると全然理事会に参加していないように見えます。よくよく考えるとそういう方は、各事業への協力度も低い感じ。。。

ファシリテーション・グラフィックを勉強しているので、机の配置や、小道具を使うなどして、全員が参加する会議になるよう工夫したいな~と感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

お手軽惣菜

お手軽惣菜

昨日は、お手軽惣菜料理でした。

校長先生の料理は、本格的で素晴らしいのですが、いかんせん手間がかかりますcoldsweats01

しか~し、和子先生の料理は、簡単で美味しいです。”簡単”というのは大事なファクターですよね!

1.きのこのスクランブルライス

  キノコ入りのスクランブルエッグをご飯の上に盛り、更に”しょうゆベースのあん”をかけます。超カンタン

2.イカとニンニクの茎のソ-ス炒め

  イカの処理の仕方も勉強。

  イカを使った料理はあんまりバリエーションがなく、困っていましたが、これはカンタンで美味しいです。

  料理には使わないイカのはらわたをオーブンで焼きました。こちらはお酒のおつまみに最適ですsign03

3.きゅうりとトマトのみそ汁

  なんと、おみそ汁の具にトマトとキュウリを入れます。初体験ですsmile

  意外と合います。

4.ジンジャーエール

  生姜シロップを炭酸水で割ります。

  生姜シロップはよく作り、もっぱらお湯で割って飲んでいますが、夏にはソーダ割りもいいなと思いました。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

水曜日無料相談

今日は、午後1:30から本会で、司法書士無料相談の担当日でした。

ちょっと早めについたのですが、時間より早く相談者が来られていたので、早めに開始。

どこの無料相談でも同じであると思いますが、あちこちの無料相談を回ってくる方が結構いらっしゃいます。

市の無料相談、法テラス、弁護士無料相談などなど

今日の相談者4名のうち、3名はそうでした。

よくよく聞くと・・・

・弁護士さんの相談では難しい言葉を使っていてよくわからなかった。

・初めて、民事紛争の当事者になり、心配なので、ありったけ無料相談をまわった。

・1カ所の無料相談では心配なので、複数の意見を聞きたかった。

というような理由

自分でもそうですが、これまで使ったことのない単語を言われても、1回聞いたくらいでは理解できないために、複数回相談を重ねるということでしょうか。

それと不景気の昨今、お金をかけたくないというご要望も大きいですね。

にいがたADRセンター向きの事件もあり、関係書類の説明もしました。

先日の相談事業部での会議の結果、本会での無料相談を受ける机の所ににいがたADRセンターの資料を置こう!ということになりましたが、今回の書類の中に、しっかり資料が入っていましたので、スムーズに説明できました。

事務局さん、早速手配してくれていて、ありがとうsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

9月本会研修

9月12~13日に新潟県司法書士会主催の本会研修会が予定されています。

南山大学名誉教授 星野欣生先生によるコミュニケーション入門講座です。

多くの司法書士に受講してもらいたく、二日間だけれども、一日だけでも受講OKとしたり、案内文を工夫した結果、なんとsign03一日目64名もの申込みがありましたhappy02

2日目は48名に減りますが。。。

でも一日だけでも、受講してもらえれば、講座のよさと私たち司法書士の役に立つ研修であることがわかってもらえると思いますので、上出来と思います!!

いつも参加下さる方々の他に、普段研修にはほとんど出てこられない方もちらほらいるので、そのような方にも楽しんでもらえるといいなと思います。

先生からの資料も届きました。

価値観を揺さぶり、個人的に深く考えることができるようなプログラムになっています。

このような研修は初めての方が多いということを先生に申し上げておいたので、わかりやすく、しかもとっつきやすい内容にして下さっていると感じます。

参加会員の皆さん、楽しみにしていて下さいね~

メディエーションの基礎研修にも最適!!私もとっても楽しみですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »