« 昨日は洋風料理でした | トップページ | 司法書士のためのコミュニケーション入門 2日目 »

2009年9月12日 (土)

司法書士のためのコミュニケーション入門 1日目

今日は、燕三条メッセピアにて、本会研修「司法書士のためのコミュニケーション入門」1日目でした。

結果は、大大成功でしたgood

実は、昨日星野先生と前日打合せをしていたときに、ネームホルダーの手配をするのを忘れていたことに気づき、慌てて司法書士会事務局に電話したけどつながらず、どうしよう~っと困っておりました。

先生からポストイットで代用しましょうというご提案を頂きましたので、なんとかなるかなとは思いましたが、もう一つ、今年行ったマインドマップの研修でA4の紙でネームプレートを作ったことを思い出し、そちらでも行けるよう準備をして今日を迎えました。

冒頭、先生から、これまであまり体験学習をやったことがない人向けに、詳しく学習効果や司法書士として利用範囲が広いこと等を丁寧に説明してもらったおかげで、「腕組みしたまま何も話さず」状態の方はおりませんでした。

結果的に、ネームプレートも字が大きいので、分かり易くてよかったようです。ほっ

今回の研修の特徴としては、これまで本会研修にほとんど出席しない高齢の会員が出席していることだったのですが、私たちの心配をよそに、しっかり楽しんで参加して下さっていましたsign03

理由としては・・・・私は以下のように感じました。

・星野先生の話術が素晴らしい

・わかりやすい言葉・例を使って説明して下さった

・日常生活でも、人として他人と関わる・コミュニケーションする時のヒントをもらった

グループディスカッションでも積極的に話し合いをしたり、感想も述べてもらったり、先生から始めて下さいと言われる前から待ちきれずにゲームを始めたりと、ずっと会場はあったまった雰囲気のままでした。

先生ご自身も嬉しいとおっしゃっていましたねflair

私も、個人的に多くの気づきを先生や他の受講者から頂きました。

・考えを述べるときに「私は」を意識的におっしゃる

 「私は」ということで、別の考えがあってもいいのだなという安心感があると別の研修の際に受講者からフィードバックをもらったそうです。私も同様のことを感じていました。

・受容について

 先生から具体的に例を示して話してもらうことで、理解が深まった気がしました。

・時間について、参加者を見て臨機応変に変更する。スケジュールに支配されない。

 話が続く、誰かが声をかけてさえぎってくれる、これら全てが参加者のプロセスであること。

 ですから、チンベルは使わないとのことです。これは目から鱗でしたhappy02

・ゲームのプロセスのふりかえりで、自分が想像したことよりポジティブな意見をフィードバックしてもらい、私の「気にしすぎ」もあるな~と気づいたこと。

・自分で気づくことの大切さとそれこそが人を変える力になることを実感

懇親会の料理も美味しくて、参加者の皆さんにも大満足してもらいましたshine

よかった、よかった!

明日も頑張りますnotes 

|

« 昨日は洋風料理でした | トップページ | 司法書士のためのコミュニケーション入門 2日目 »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46193459

この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士のためのコミュニケーション入門 1日目:

» 司法書士スクールへ通うメリット [司法書士情報ナビ]
司法書士スクールへ通うメリットについての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 15時59分

» 伊藤塾の司法書士講座 [司法書士情報ナビ]
伊藤塾の司法書士講座についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 16時20分

» LECの司法書士講座 [司法書士情報ナビ]
LECの司法書士講座についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 16時35分

« 昨日は洋風料理でした | トップページ | 司法書士のためのコミュニケーション入門 2日目 »