« 福島県土地家屋調査士会トレーニング 2日目 | トップページ | 昨日は和風料理でした »

2009年9月24日 (木)

ホスピタリティ

またまた、福島県土地家屋調査士会のトレーニングの話題

愛媛和解支援センターもそうですが、うまく行っているセンターは”人”が素晴らしいです。

福島県土地家屋調査士会の中心人物である佐藤先生もそうした一人です。

まず会場に行って驚いたのは、「歓迎の文字」

20_2

すごい!こんなことまで気がつくなんてsign03しかも、面白い(笑)

それに、福島県土地家屋調査士会のADR研修会には毎回他の県(例えば、秋田・山形などなど)から参加者があるそうです。

ということで、コチラsign01

20_3

今回は、他県の方は2名と少なかったですが、多いときには10名もの参加があるそうです。その方たちに対していい加減な研修を提供してはならないと、事前準備はかなりしっかり行うとのこと。

上記のようなことも、その一環なんでしょうねhappy01

佐藤先生は、ADRを勉強して2年くらいだそうですが、会の中心として熱心に外部のトレーニングにも出ていらっしゃり、また、他県で講師もしているそうです。

私も見習わなければなりませんね。

それに、今回は福島県弁護士会の示談・あっせんセンターのセンター長である佐藤初美先生も参加されました。

佐藤初美先生は、入江先生がアメリカでお会いして衝撃をうけた弁護士さんと同じタイプだと思います。

物腰柔らか、いつも笑顔、そして優秀

こんな方素晴らしい方がセンターに協力してくれる福島県土地家屋調査士会のADRセンターは、本当にうらやましいですhappy02

こういう優秀な弁護士さんがメディエーションをしたら、司法書士の出る幕はなくなってしまうと思いました。

土地家屋調査士会は出足が遅れたからと、今懸命にトレーニングを積み重ねていらっしゃいます。しかも、楽しそうに、かつ真摯に。

わが新潟県司法書士会員の皆さんのやる気を引き出すには、どうしたらいいものか?と改めて思わされた二日間でした。

|

« 福島県土地家屋調査士会トレーニング 2日目 | トップページ | 昨日は和風料理でした »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46299870

この記事へのトラックバック一覧です: ホスピタリティ:

« 福島県土地家屋調査士会トレーニング 2日目 | トップページ | 昨日は和風料理でした »