« ADR勉強会 | トップページ | 昨日は中国料理でした »

2009年10月29日 (木)

ADR問い合わせ

新聞に記事が出てから、かなりの数、本会に問い合わせが来ているようです。

報告が全て上がってきていないので、正確な数はわかりませんが。

大半は、相談で終わってしまうような事例のようです。

その理由としては、140万円以下の民事ではない事件のためです。

過去の例にもてらして更に細かく言うと

 1.訴額が140万円超える

 2.訴額がない争いのため、民訴法上、140万円を超えるとみなされる

 3.家事事件

 4.そもそも、相手があり何らかの請求をしたいというような内容ではない

にいがたADRセンターが行っているサービスの内容を知ってもらうことが、いかに難しいかをいつも考えさせられます。

先日の体験講座もその一環で、内容をよくわかってもらった上で紹介してもらうことを目標にしております。

一方、そんなわかりにくいことが一般に広がるのか?自分たちのほうで窓口を狭めているのではないか?という疑問が出るのですが、個人的な感覚(しかも誤解を恐れずに言えば)で言うと、ADRは人を選ぶのだろうなと思います。

ADRについては簡単に説明できないという特性があることを承知した上で、これからも、地道に体験講座などを開いて説明を続けていくしかないのかなと思っています。

|

« ADR勉強会 | トップページ | 昨日は中国料理でした »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46612813

この記事へのトラックバック一覧です: ADR問い合わせ:

» 司法書士の求人 [転職求人]
司法書士の求人についてです。司法書士の事務所からの求人はどのような点について注意すると就職に成功するのでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 22時10分

« ADR勉強会 | トップページ | 昨日は中国料理でした »