« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

立会研修会 続き

日曜日の立会研修会の様子を写真にとって下さった方がいました。

20

みんな熱心に聞いていますねhappy01

ところで、今日は立会でした。

前日の話を今日に活かそうと意気込んだのですが、今回は個人売買の現金決済のため、金融機関の一室を借りて、私がしきり役の他、いろいろとやらなければならないことが多く、かなりテンパッてしまいましたsweat01

慌ただしくなってしまって、事務所から事務員を呼びたい気分でしたね。

なんとか無事に決済終了し、登記申請・税金納付も終了しましたのでよかったです。

立会達人への道はまだまだ遠いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

新潟・群馬青司協合同研修会

11月28日(土)と29日(日)は越後湯沢で、新潟県青司協と群馬県青司協の合同研修会・忘年会がありました。

28日は12:00~18:00まで新潟県が担当したADRのロールプレイ

29日は9:30~11:30まで群馬県の方を講師に立会の研修会

27日は翌日の準備で一日中あたふたしておりましたcoldsweats01

人数が多いのとADR初心者が混じっているため、事前にロールプレイの組み合わせを作らなければなりません。予想通り、ドタキャンありで、先日作った組み合わせをO島さんともう一度作り直しました。

当日になって、更にドタキャンがあり、またまた作り直し。。。でも、きっちり作っておいたおかげで実際のロールプレイは順調に行うことができました。

全く初めての方のために、始まる前に20分くらいADRの説明をしましたが、短い時間でわかりやすく伝えることの難しさをあらためて感じました。

今回の研修は、ロールプレイを長く、できることなら合意までやってみることが目的でした。また、初心者の方には、こういう解決手段もあるんだと知ってもらうことが目的でした。

最初の事案は、Mさんが作ってくれました。フィクションなんですが実際にありそうな事件です。

勉強会で予行練習をやったときには、私は50分くらいやっても合意できませんでしたが、当日は40分くらいで早めに合意できたところもいくつかあったようです。

今回は温泉旅館での研修でしたので、各部屋を調停室として利用することができ、よかったと思います。一方、観察者が部屋を出入りしたことで気が散ったこともあったようでその点は今度注意しなければならないな~と思いました。

1回目の事例は、全体の振り返りの司会をしながら、コメントもいれつつイーゼルパッドに板書したので、ちょっと忙しかったですね。

もう一つの事例は、以前に私がRPしたことのあったものを使わせてもらいました。

こちらは私も調停人役を担当しました。当事者双方ともADRの研修は未経験なのですが、本当に当事者役がうまかったのに驚きましたsign03

グループのふりかえりで当事者役の方から、聴く姿勢がよかったことと、ドラマのように進んだというお褒めの言葉を頂き、とても嬉しかったですhappy01

2回目の全体振り返りでは、参加者全員が、1回目より多くの言葉で感想を語ってくれました。皆さん、各自気づきを持ち帰って下さったようです。

総括としては、初めての方も混乱なく、しかも皆さん真剣に、いきいきと当事者役を演じて下さっていましたので、本当にほっとしたところです。

29日は、「司法書士 立ち会い業務のパラダイムシフト」という表題で、群馬県の小和田さんと伊藤さんを講師に、研修を行いました。こちらは座学です。

前半は小和田さんから、司法書士自体の歴史と立ち会いの歴史をお話しいただきました

後半は、伊藤さんから、立会の実務を具体的な過去の事件を踏まえながら、ざっくばらんにお話しをして頂きました。

自分では気づかない注意点を指摘して頂き、とっても参考になりました。

群馬県の方は自分たちでも「体育会系」とおっしゃるように、先輩が後輩に教える機会も多く、研修ひとつとっても、真剣に何時間もかけて素晴らしい成果をあげてこられました。

最近感じるのは、新潟県人のおとなしさです。自分で課題を見つけ、自ら動き、それを発表できるような人材がもっともっと出てきて欲しいなと、勝手ながら思っています。

今回、群馬会との合同研修会を企画したことの隠れた意図として、群馬の方の熱さを感じてもらい、新潟でも”熱い人”が育つと良いなという願望があったのでした。

今後に期待します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

昨日は和風料理でした

昨日は和風料理でした

昨日は和風料理でした。プラス、デザート!

1.鶏の治部煮風鍋

 鶏もも肉を軽くたたいて、小麦粉をまぶしたものを鍋の具材にしました。

 肉が軟らかくなっていて美味しかったです。

 ちょっと変わったものとしては、「せり」が入ります。甘辛い出汁によく合いました。

2.イカの塩辛と焼ポテト

  函館の料理らしいです。

  イカの塩辛をつくり、オーブンで焼いたじゃが芋の上にのせます。バターも一緒に

  少しジャガイモの熱で火が通る感じになるのが絶妙みたいです。

3.かき和えなます

  和子先生の得意料理で、地元の郷土料理でもあります。

  くるみをかなりしっかりすりこぎですりました。今回、砂糖を3回に分けて入れるのにどうも1回砂糖と塩を間違えたらしく、できあがったものの色が違うと思っていたら、しょっぱくて間違えていたことに気づきましたsweat01

  教訓としては、粗塩を使っているので、一見間違えやすいとの入れる前に「舐めてみる!」ということです。先輩のご指摘を頂きました。次回から注意しなくてはcoldsweats01

  今回は、レンコンとかぶ・干し椎茸・かきのもと・きゅうりが入りました。

  作り直したベースに上記のものをいれて、なんとか美味しくできました。

4.クリームチーズロールケーキ

  これは、テキストにはなかったのですが、デザートがないと寂しいだろうと言うことで先生が追加してくれたものです。

 通常とおりのケーキの作り方ですが、中に入れるクリームに工夫があります。

 クリームチーズと生クリームを合わせたものに柚の絞り汁を追加

 レーズンとバナナもトッピング、柚の皮の千切りも入れました。

 手作りならではのオリジナルロールケーキになりましたheart01 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ADR勉強会でした

昨日は、事務所でのADR勉強会でした。

昨日は、高校講座の打合せで三条市に来ていたIさん(若くてかわいらしい女性です!)も参加してくれました。

最初は、今週末の新潟県青司協と群馬青司協の合同研修会の打合せをしました。

今回は、平成21年度合格の方や全くADRを勉強したことのない方にも参加頂くので、調停ロールプレイの組み合わせを事前に行う必要があります。

誰と誰を組み合わせるか!?でこんなに盛り上がっていいのでしょうか(笑)というほど面白かったですhappy01

初参加の新人さんにも、楽しかった!またやってみたい!と思ってもらえると嬉しいですsign03

その後は、先日私がケースマネージャーをした事例について、メンバーの意見を聞きたいことがあったので、事例検討会に近いことをしました。

今回もまた、残念ながら相手方不応諾で終了してしまいました。

ケースマネージャーとして、できることはどこまでなのか?どの程度事例に入っていいのか?行きたくない言い訳を並べる相手には、事務的に対応することでよいのか?いつも悩みます。

最後に認証について少し話し合いました。

先日のファシリテーション基礎講座で、ある事業(催しやイベントも含む)を行うには、その「目的」と「目標」を明確にするとよい、ということを学びましたので、12月の会議に向けて、まずはこちらの勉強会のメンバーにその2点を聞いてみました。

認証という大仕事・そしてその後も行うADRに向かうためには、目的・目標についての参加者の合意を取っておく必要があるなと感じていたところです。

その前の南山の講座でも、何か目標に向かうためには、そのメンバーの意思確認みたいなことを丁寧に行う必要があると実感しました。

今回は時間は短かったですが、各メンバーの考えを聞くことができてよかったです。

12月の会議では、更に人数が増えますので、その中で意思確認をしっかりして、目的・目標を定められるところまでいけると良いなと願いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

アジア和解調停支援セミナー

平成21年12月3日(木)18:00~20:00

日弁連で「アジア和解調停支援セミナー」を開催するみたいです。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/091203.html

各弁護士会にテレビ中継もするみたいです。さすが日弁連ですねsign03

誰でも申し込めるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

ファシリテーション基礎講座

平成21年11月21日(土)午前10:00~午後6:30まで、新潟市のユニゾンプラザにてファシリテーション基礎講座を受講しました。

主催は、NPO法人 日本ファシリテーション協会

講師は、久保先生・太田先生 でした。

メディエーションを勉強していると、しょっちゅう遭遇するようになる言葉「ファシリテーション」

でも、それが何なのか?はっきりとは知らないので、基礎講座の開催が新潟であるとファニーの方からお知らせを頂き、すぐに申し込みました。

内容としては、ファシリテーションの4つの重要なスキルとは何か?そして、そのスキルをそれぞれワークをしながら、学ぶというものでした。

参加者が15名と比較的少なかったので、やりやすかったと思います。

いつもお世話になっている吉崎さんは、運営側に回っていらっしゃいました。特にファシリテーショングラフィックの時には、一緒のグループになったので個別にアドバイスなども頂くことができ、嬉しかったですheart01

また、今回は今年9月に星野先生に教えて頂いたこと「自己概念と人間関係、人の成長」という内容を実感する場面がありました。

・自己概念が広い人に接すると経験を受け入れやすい

・合理化も時には必要

上記のことから派生して、セミナー中、若干気になったことがありました。それは「フィードバックの仕方」です。

(10月に南山大学の講座を受講したせいもあるのか)個人的にはこの点は、重要だと思うのですが意識されている方が少ないのかなと感じました。

それから何でもそうですが、基礎から学ぶことは大事ですね。ものごとを学ぶには順番があるな~と思いましたcoldsweats01

今年ユニゾンプラザで受講した講座を受ける前に、まずこの基礎講座を受けておけば、当時もう少し身体や頭にすっと入っていたように思います。

ところで、講師の久保先生は、経営コンサルタントで太田先生は外資系企業にお勤めとのことで、日本ファシリテーション協会はビジネス向け・ビジネス色が強いのかなと思うのですが、どういうものでしょうか?

これから、私たちが実践するADRにも、ビジネス色を取り入れなければならない場面も出てくると予想していますので、日本ファシリテーション協会のセミナーに参加すると参考になることが学べるのかな~とも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

あっせんと調停

昨日の毎日新聞に、以下の見出しで記事が載っていました。

和解成立23件中9件

国民生活センターADRにはどんなトラブルが持ち込まれているの?

http://mainichi.jp/life/housing/news/20091119ddm013100162000c.html

一般の方がその内容を読むと、「ADRは、市民の味方でコチラの要求を相手(主に企業)に請求する手伝いをしてくれる」と思うのではないでしょうか?

和解の仲介と書いてはありますが、実態はあっせんに近いと思います。

私たちが目指したいメディエーションではない、と感じます。

この1ヶ月、にいがたADRセンターにも問い合わせが何件かありますが、「私たちができること」を説明すると、問い合わせをした方は自分のイメージとは違うと思うようです。そして、そのイメージは上記の国民生活センターADRに近いと思われます。

当事者自身で話し合いをして、自分たちで解決策を見つけましょう!それを円滑に行うためのメディエーターの存在が私たちです!というコンセプトが一般に理解されるには、まだまだ時間がかかりそうです。

一方では、国民生活センターADRのようなものも併存しております。言葉は同じADRです。

もっとメディエーションという言葉を使っていった方がいいかな~と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

認証取得を目指す

にいがたADRセンターもついに認証取得を目指すことに致しました。

認証作業を手伝って下さる方も現れ、嬉しい限りです。

Y田さん、宜しくお願い申し上げます!!

まずは12月ににいがたADRセンターメンバーで会議をします。その後、理事会でも協議する予定です。

頑張りますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

関東ブロック司法書士協議会研修の第2日目

15日(日)は関東ブロック司法書士協議会研修の第2日目

内容は、司法書士倫理でした。

第1講は、基調講演 「司法書士と倫理~知識としての倫理、実践としての倫理~」

 講師は、九州大学大学院法学研究院教授 七戸克彦先生

第2講は、倫理に関するグループディスカッション

第3講は、七戸克彦先生による総括講演

第一講の資料に、司法書士の面白いサイトの紹介がありました。

この内容は、司法書士ってどうよ?というサイトの以下の項にあります。

http://www6.ocn.ne.jp/~igon/rinri.html

七戸克彦先生のお話しは、率直で、司法書士の本質をズバリおっしゃっていましたね。

この10箇条を見たときに、笑ってしまいましたhappy01

司法書士倫理13条で、バックマージン支払いやその受け取りを禁止していて、それが表面化すると懲戒になるわけですが、実際はもちろん行われております。(注:私はやっておりませんよ!)

不当誘致の「広告」問題で、「相談無料」が問題であると、倫理のテキストには書いてありますが、電話帳広告やHPでは当たり前のようにかかれております。

この倫理研修は5年に1回必ず、行われるので、一応全司法書士が受講することになっております。

受講した後に、どのように行動するかは各司法書士の判断です。

新潟県内でなく、関東ブロックの研修会に参加したので、新潟県で受けるより更に広い見地や視野でのディスカッションができました。こちらの方に参加して良かったです。

-----------------------------------

  司法書士で大成功するための10箇条

 やはり一人前の司法書士になるには、志を高く持って日々精進せねばならないだろう。そこで、司法書士業界に長く携わってきた者として、司法書士会や先輩司法書士を見て考えてみた10カ条を伝授しよう。これをマスターすれば売上はアップし、単位会でも一人前と認められ、役員だって夢ではないかも?

*司法書士菩薩十則

 1.常に先生らしく振るまうべし。客には先生が法律であり絶対だと思いこませろ
 2.実務せず、論文書いて、視察して、連合会や書士会の役員して、目指せ瑞宝章
 3.司法書士の敵は司法書士。いやがらせや密告で、出る杭と弱い者は叩きまくれ
 4.平日の夜は料亭、麻雀、銀座へGO。毎週水曜は不動産会社とゴルフで決まり
 5.バックマージンは必要悪。報酬基準がないのは幸い、絞りとれるだけ絞りとれ
 6.過払いは打ち出の小槌。支店出しまくり司法書士法人で、目指せ!濡れ手に粟
 7.知らない業務や新しいことには手を出すな。専門じゃない、難しいで逃げ切れ
 8.役職に就いたら、自分はさておき、倫理と品位を盾に単位会会員をいじめ倒せ
 9.補助者は人に非ず。名刺は持たせず、名乗らせず。安くこき使い、使い捨てろ
10.参入障壁は高い。他業界で使えないやつでも、十二分食える。果報は寝て待て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東ブロック司法書士協議会 研修会一日目(改正民法)

11月14日(土)は神田で、関東ブロック司法書士協議会研修の第1日目でした。

内容は、早稲田大学教授 鎌田薫先生による「民法(債権法)改正の動向」の講演

民法改正については、今年の初めからフォーラムやセミナー等が頻繁に行われております。私は初めて話を聞きました。

お話しの多くは、なぜ今、民法改正なのか?ということでした。

改正の必然性については、わかったようなわからないような・・・

内容については、時間の制限もあり詳しい説明がなかったのですが、大きいところは債権法の改正で特定物ドグマからの脱却が重要のようです。

以前に購入した本はあまりに膨大な量で、全く手つかずです。

今後変更の可能性はあるものの、東大の内田先生たちのグループの私案に基づいて民法改正される方向に間違いはないらしいですね。

改正後は、相当勉強しないといけない予感です。(もちろん、正式改正案が出た時点から始める必要はありますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

いい弁護士さんを紹介して下さい

にいがたADRセンターへの問い合わせ・相談の中で、もしくは日業常務の中で、一般の方から「良い弁護士さんを紹介して下さい」というものがあります。

確かに一般の方が弁護士さんを必要とするケースは一生に1回あるかないかでしょう。

しかも、会社を経営している方等ならまだしも、全く弁護士さんに縁もゆかりもない方たちには、いったい誰を頼んだらいいのか!!というのは本当に切実な問題だと思います。

頼みたい案件が得意かどうか、人柄、報酬額、進め方、事務所の体制など、知りたい情報は、どうしたら手にはいるか?全く手探り状態のようです。

確かにわからないですよねthink

ホームページを作っている事務所もあるでしょうが、全く広告を出していない事務所・先生方もいらっしゃいますし、実際のところはホームページを見てもわからないことが多いですし。

そんな中、にいがたADRセンターで受け付けられない案件の場合は、弁護士さんを頼んで下さいということもあるのですが、誰がいいですよ、とは言えません。

ご自分で探して頂けますか?と言うのですが、一般の方は途方に暮れるようです。

あちこちの無料法律相談を回っている人には、そんな要望が背景にあるのかもしれないな~と思いました。

やはり、まだ司法は身近にはなっていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ADRセンターの実動は何名でしょうか?

にいがたADRセンターに参加して下さっている方は、多忙な方ばかりです。

多重会務者が多いです。本当に何をするのでも同じような人ばかりです。

仕事自体もお忙しいです。

このような現状では、認証取得は難しいと最近考えております。

認証取得後のインセンティブがあまりないのです。法務省のお墨付きがあるので、安心感がある。今は無報酬でやっていますが、認証後はケースマネージャー・調停人とも報酬がもらえる。そのくらい?

しか~し!報酬といっても低額なので通常業務で稼いだ方が断然儲かります。

しかも認証を取得すると事務作業が増えそうです。

新潟県司法書士会の場合は、残念ですがとても運営して行けそうもありません。

最近どんどん認証機関が増えておりますが、各機関とも実動している方は何名くらいなのでしょうか?

しかも、どのような動機で参加されているのでしょうか?そのモチベーションの維持はどのような工夫をされているのでしょうか?

私は全青司でもADRの活動をしておりますが、全青司に参加している人とそうでない人の温度差は尋常でないほどある!とようやく気づきました。

この現実を踏まえて、今度の活動をどうするか考えなくては行けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした

追加


昨日は洋風料理でした。いつもと違って火曜日に料理教室に行きました。

先生の都合が悪く、木曜日の生徒さんが全員他の曜日に変更したのでした。

木曜日クラスからは、私の他3人がご一緒

1.カレー風味 串カツ

  衣になる小麦粉の中にカレー粉をいれて、ボリュームのある串カツに。

  具は豚肩ロースと長ネギ・玉ねぎです。

  ソースもちょっと工夫しています。美味しかったです

2.リンゴのサラダ

  これから美味しくなるリンゴをメインにしたサラダです。

  アーモンドなどナッツ類をいれると風味もよく美味しくなりますnote

3.ミルクフォンデュ

  チーズだけではなく、ホワイトソースをタップリ入れたフォンデュです。

  ゆでた野菜やウインナー、フランスパンをつけて頂きます。

  とってもクリーミーで美味しかったですhappy01

4.バナナのグラタン

  グラタンのソースにスパークリングワインを入れました。

  ちょっと入れすぎなのか、お酒に弱い私は、少し食べたら顔が赤くなってきました!!

  車で来ているので、慌ててストップsweat01

  私が作る場合は、お酒の量を減らして、更にもうちょっと工夫しなければなりません  ね。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

ケースマネージャーの重要性

過去に3回、ケースマネージャーを経験しました。

応諾要請をして、相手方に来てもらうことができたのは、1回でした。

その1回の事件は司法書士持ち込み案件であったため、その方の後押しで来てもらうことができた事案でした。

メディエーションのトレーニングは大半がメディエーターのためのトレーニングですが、相手にきてもらわなければ、メディエーションはできないので、ケースマネージャーの役割は非常に重要です。

メディエーターのトレーニングを十分した上でないと、ケースマネージャーは難しいと思っています。

なんらかの契約がある当事者間の争いの場合は、まだよいのですが、契約がない場合、例えば、騒音を始めとする近隣紛争・単純にお金の無心などは、申込人の一方的な要求ととられがちです。

自分の身に置き換えても、何か新しいこと・いつもと違うことをするにあたり、「できない理由」はたくさん思いつきますが、「できる理由」は少なめです。

ただでさえ、イヤな相手からの申込みの場合、相手方とすれば、行かない理由はいくらでも考えつくのではないでしょうか?

その理由それぞれに対し、説得力ある(強く説得するのも問題あるかもしれませんが)言葉を臨機応変に述べることの難しさ。。。

嫌な気分にさせない、でも迎合しない。冷静に粘り強く。自分から行きたくなるような問いかけや言葉かけをする。

これができる人ってスゴイですよねsign03

残念ながら、私はまだまだ訓練が必要です。

裁判所の調停ならば、もうちょっと簡単に来てもらえそう、などと考えてしまいます。

やっぱり、なんらかの権威に頼ってしまうんですね。

ADRの勉強を始めた当初から、応諾率が低いことは聞いていましたが、実際に自分がケースマネージャーをすると、本当に大変で、なんで私がこんなこといわれなければならないの!と思うこともあります。

もう面倒くさいから裁判所の調停利用した方がいいんじゃないの!とも思ってしまいます。

そんな面倒を乗り越えて、敢えて民間がメディエーションをするメリットはどこにあるのだろうか?ともう一度初心に戻って考えてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

住宅ローン破綻と労働問題

私が住んでいる新潟県の県央地区は、製造業の不振が続いております。

それにともなって雇用情勢も更に悪くなっていると思われます。

これから多くなってくるだろうと予想されるのは、住宅ローン破綻です。

勤務先零細企業の経営悪化-解雇だけならばまだしも、解雇に向かって経営者がパワハラをしているために当該本人がうつ病になって、再就職もままならないというケースが散見されます。

一家の大黒柱が働けないので数ヶ月すると住宅ローンが払えなくなってきます。

選択肢としては、

・家族で収入を補う。

・家計を切りつめる。まず家計簿!!

・破産する。

・民事再生する。

などでしょうか。

雇用主への損害賠償請求訴訟は難しそうです。

司法書士としての私に何ができるか?

非常に無力感を感じます。特に雇用問題・労働問題にはどう対処していいのか自分でも答えが出ません。

相談者に自分のおかれている現状を理解してもらい、過剰な要求に気づいてもらう、何が一番大事なのか?できないと思いこんでいるが、できることがあることに気づいてもらい、それを実践することを自分の意志で決定できるように相談を受けたいものだと思っています。

その前に信頼関係が必要かも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 6日 (金)

昨日はお手軽惣菜料理でした

昨日はお手軽惣菜料理でした

昨日はお手軽惣菜料理でした。和子先生の料理は、簡単で毎日の食卓に向いているので本当に助かります。

1.豚肉胡麻ソースライス

  ご飯の上に、豚肉と野菜を炒めたものを載せます。味付けが胡麻風味の中濃ソースであることがポイントです。簡単にできますが、新鮮な味付けでした。

2.即席白菜柿漬け

  即席の白菜漬けです。柿が入ります。

  うちにも、柿がた~くさんあるので活用しようと思います。

3.はんぺんと大根のグラタン

  グラタンの中に大根sign03初めてですsign03

  かなりの和風ですが、味はちゃんとグラタンでした。

  とろみは片栗粉でつけますので、とっってもヘルシー、かつ美味しかったですgood

4.スイートシフォンケーキ

  シフォンケーキのコツが焼き上がってから、しっかり冷やすことであると知りました。

  知らなかった。。。

  私たちが焼いたケーキは空洞ができてしまっていました。難しいですね。

  でも味は良かったですsweat01

  上にさつまいもで作ったクリームを飾りました。紫のお芋と黄色のお芋の2種類を作成

  やっぱり種類が違うと味にも違いが出ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

アサーティブの限界

先月参加した南山大学に参加した方から頂いた意見の中に、アサーティブの限界のようなことがありました。

お一人は、アサーティブの研修に一通り出席してみたけれど、企業に勤務している場合に、上司などに自分の意見をアサーティブに話したとしても、それは「あなたの意見でしょう」ということで、上司の意見や会社の方針などに背くことになる場合には、全く取り上げられない。

こと企業内においては、企業理念や目標・方針があるから個人によるアサーティブには限界がある、とのご意見を聞きました。

また、同じくアサーティブは「もちろん」知っていて勉強されている方も、上司との付き合い方などで非常に苦慮されています。

つまり、相手がある紛争・もめごとの場合、自分がアサーティブであるだけでは、紛争は解決しないということです。

私がアサーティブのトレーニングに参加したときには、とってもいいな、みんながアサーティブを勉強すれば紛争なんかなくなるのに!と思ったものでしたが、やはり、そう簡単にものごとは運ばないということですね。

紛争当事者の間に入るメディエーションは、1対1の関係であるカウンセリングやアサーティブより、当事者が増える分難しいところもあるし、よりダイナミックに当事者が動くことに醍醐味がある、とのお話しをきいていましたが、今回そのことがよくわかった気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »