« 昨日は和風料理でした | トップページ | 立会研修会 続き »

2009年11月29日 (日)

新潟・群馬青司協合同研修会

11月28日(土)と29日(日)は越後湯沢で、新潟県青司協と群馬県青司協の合同研修会・忘年会がありました。

28日は12:00~18:00まで新潟県が担当したADRのロールプレイ

29日は9:30~11:30まで群馬県の方を講師に立会の研修会

27日は翌日の準備で一日中あたふたしておりましたcoldsweats01

人数が多いのとADR初心者が混じっているため、事前にロールプレイの組み合わせを作らなければなりません。予想通り、ドタキャンありで、先日作った組み合わせをO島さんともう一度作り直しました。

当日になって、更にドタキャンがあり、またまた作り直し。。。でも、きっちり作っておいたおかげで実際のロールプレイは順調に行うことができました。

全く初めての方のために、始まる前に20分くらいADRの説明をしましたが、短い時間でわかりやすく伝えることの難しさをあらためて感じました。

今回の研修は、ロールプレイを長く、できることなら合意までやってみることが目的でした。また、初心者の方には、こういう解決手段もあるんだと知ってもらうことが目的でした。

最初の事案は、Mさんが作ってくれました。フィクションなんですが実際にありそうな事件です。

勉強会で予行練習をやったときには、私は50分くらいやっても合意できませんでしたが、当日は40分くらいで早めに合意できたところもいくつかあったようです。

今回は温泉旅館での研修でしたので、各部屋を調停室として利用することができ、よかったと思います。一方、観察者が部屋を出入りしたことで気が散ったこともあったようでその点は今度注意しなければならないな~と思いました。

1回目の事例は、全体の振り返りの司会をしながら、コメントもいれつつイーゼルパッドに板書したので、ちょっと忙しかったですね。

もう一つの事例は、以前に私がRPしたことのあったものを使わせてもらいました。

こちらは私も調停人役を担当しました。当事者双方ともADRの研修は未経験なのですが、本当に当事者役がうまかったのに驚きましたsign03

グループのふりかえりで当事者役の方から、聴く姿勢がよかったことと、ドラマのように進んだというお褒めの言葉を頂き、とても嬉しかったですhappy01

2回目の全体振り返りでは、参加者全員が、1回目より多くの言葉で感想を語ってくれました。皆さん、各自気づきを持ち帰って下さったようです。

総括としては、初めての方も混乱なく、しかも皆さん真剣に、いきいきと当事者役を演じて下さっていましたので、本当にほっとしたところです。

29日は、「司法書士 立ち会い業務のパラダイムシフト」という表題で、群馬県の小和田さんと伊藤さんを講師に、研修を行いました。こちらは座学です。

前半は小和田さんから、司法書士自体の歴史と立ち会いの歴史をお話しいただきました

後半は、伊藤さんから、立会の実務を具体的な過去の事件を踏まえながら、ざっくばらんにお話しをして頂きました。

自分では気づかない注意点を指摘して頂き、とっても参考になりました。

群馬県の方は自分たちでも「体育会系」とおっしゃるように、先輩が後輩に教える機会も多く、研修ひとつとっても、真剣に何時間もかけて素晴らしい成果をあげてこられました。

最近感じるのは、新潟県人のおとなしさです。自分で課題を見つけ、自ら動き、それを発表できるような人材がもっともっと出てきて欲しいなと、勝手ながら思っています。

今回、群馬会との合同研修会を企画したことの隠れた意図として、群馬の方の熱さを感じてもらい、新潟でも”熱い人”が育つと良いなという願望があったのでした。

今後に期待します!

|

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 立会研修会 続き »

ADR勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46889644

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟・群馬青司協合同研修会:

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 立会研修会 続き »