« 昨日はお手軽惣菜料理でした | トップページ | ケースマネージャーの重要性 »

2009年11月 9日 (月)

住宅ローン破綻と労働問題

私が住んでいる新潟県の県央地区は、製造業の不振が続いております。

それにともなって雇用情勢も更に悪くなっていると思われます。

これから多くなってくるだろうと予想されるのは、住宅ローン破綻です。

勤務先零細企業の経営悪化-解雇だけならばまだしも、解雇に向かって経営者がパワハラをしているために当該本人がうつ病になって、再就職もままならないというケースが散見されます。

一家の大黒柱が働けないので数ヶ月すると住宅ローンが払えなくなってきます。

選択肢としては、

・家族で収入を補う。

・家計を切りつめる。まず家計簿!!

・破産する。

・民事再生する。

などでしょうか。

雇用主への損害賠償請求訴訟は難しそうです。

司法書士としての私に何ができるか?

非常に無力感を感じます。特に雇用問題・労働問題にはどう対処していいのか自分でも答えが出ません。

相談者に自分のおかれている現状を理解してもらい、過剰な要求に気づいてもらう、何が一番大事なのか?できないと思いこんでいるが、できることがあることに気づいてもらい、それを実践することを自分の意志で決定できるように相談を受けたいものだと思っています。

その前に信頼関係が必要かも。

|

« 昨日はお手軽惣菜料理でした | トップページ | ケースマネージャーの重要性 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46717190

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン破綻と労働問題:

» うつ病が原因で、社会生活に支障があります。 [うつ病ブログ(メンタルヘルスの広場)]
うつ病が原因で、社会生活に支障があります。 それもひとつやふたつではなく、多岐に [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 17時16分

« 昨日はお手軽惣菜料理でした | トップページ | ケースマネージャーの重要性 »