« 認証取得を目指す | トップページ | ファシリテーション基礎講座 »

2009年11月20日 (金)

あっせんと調停

昨日の毎日新聞に、以下の見出しで記事が載っていました。

和解成立23件中9件

国民生活センターADRにはどんなトラブルが持ち込まれているの?

http://mainichi.jp/life/housing/news/20091119ddm013100162000c.html

一般の方がその内容を読むと、「ADRは、市民の味方でコチラの要求を相手(主に企業)に請求する手伝いをしてくれる」と思うのではないでしょうか?

和解の仲介と書いてはありますが、実態はあっせんに近いと思います。

私たちが目指したいメディエーションではない、と感じます。

この1ヶ月、にいがたADRセンターにも問い合わせが何件かありますが、「私たちができること」を説明すると、問い合わせをした方は自分のイメージとは違うと思うようです。そして、そのイメージは上記の国民生活センターADRに近いと思われます。

当事者自身で話し合いをして、自分たちで解決策を見つけましょう!それを円滑に行うためのメディエーターの存在が私たちです!というコンセプトが一般に理解されるには、まだまだ時間がかかりそうです。

一方では、国民生活センターADRのようなものも併存しております。言葉は同じADRです。

もっとメディエーションという言葉を使っていった方がいいかな~と考えています。

|

« 認証取得を目指す | トップページ | ファシリテーション基礎講座 »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/46809427

この記事へのトラックバック一覧です: あっせんと調停:

« 認証取得を目指す | トップページ | ファシリテーション基礎講座 »