« 昨日は和風料理でした | トップページ | 今度は、ブラインドが壊れました »

2010年2月 8日 (月)

全青司事例研究会

2月6日(土)午前10:00~午後5:00まで、代々木の全理連ビルにて、全青司主催のADR事例研究会が開催されました。

事例共有シートを提出することが参加の条件です。

全国から10機関、合計17名が集まりました。

全青司で事例研究会を開催するのは、2回目ですが、全国的に周知し、集まったのは今回が始めてだったので、事前準備に手間をかけています。

その準備のほとんどは、静岡チームの皆様にして頂きました。いつもありがとうございます。

司会・進行も素晴らしかったです。

感想としては・・・本当に深い議論ができて良かったです。

たった1日ですが、私の疑問の大きいところにつき、多くのヒントを頂きまして、有り難いと思っています。

議論の中で一番、盛り上がったのは、「ケースマネージャーの立ち位置」でした。

どの機関も、この問題については、とても悩んでいました。

そして、機関ごとの勉強会・事例検討会・個々人の学習において常に意識している部分でした。実際の調停を行うときも、本当に大きな問題となるところです。

逆から言えば、この問題を意識すらできないことが問題だともいえるでしょう。

まだ、実践を初めてまもなく、ケースマネージャー・メディエーターともに未熟である私たちですが、失敗を重ねながらも、着実に学習しているな~と感じました。

また次回も是非参加したいです。

|

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 今度は、ブラインドが壊れました »

ADR勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/47514716

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司事例研究会:

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 今度は、ブラインドが壊れました »