« 裁判員裁判での合意形成に向けて | トップページ | 春になりました »

2010年3月17日 (水)

問う、考える

先日の「うまい話し合いのための3つの作法」の研修中、一番最後のワークは

「問いの有効性を可視化する」について、話し合うことでした。

当日は、頭の中が大混乱でしたcoldsweats01

問い??

問いの有効性って?

どう可視化する?

5人のグループで、話し合ったのですが、最初から方向性が見えず苦戦しました。

最後の方で、まずは「考えること」だよね!

ということに行き着くまで、かなり遠回りをしたみたい。

このブログでも、問いを頂くことがあります。

そうすると、よ~く考えるようになります。

いままで、それについては考えてなかったなと気づくこともあります。

言葉選びも重要。考えたことを相手に分かり易く伝えることも注意します。

先日の朝日新聞で子供たちが名言を自作する授業の様子が記事になっていました。

子供たちも訓練すれば、できるようになるんだな~と関心するとともに、私も、語彙を増やす努力をしようと反省しましたsweat01

聴く-問う-考える-答えるの繰り返しが対話なんですよね。それらの要素それぞれが大事なんだなと改めて思った研修会でした。

|

« 裁判員裁判での合意形成に向けて | トップページ | 春になりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/47834816

この記事へのトラックバック一覧です: 問う、考える:

« 裁判員裁判での合意形成に向けて | トップページ | 春になりました »