« 昨日は和風料理でした | トップページ | 裁判員裁判での合意形成に向けて »

2010年3月16日 (火)

うまい話し合いのための3つの作法

3月13日~14日は両日とも、午前10:00~午後4:00まで、新潟県女性財団が主催する

「うまい話し合いのための3つの作法」~頭の中の整理の仕方~

の研修を受けてきました。場所は新潟市にあるユニゾンプラザです。

参加者は15名。ちょうどいい人数でした。

研修を受けてからもう3日も経ってしまったのですが、上記研修会の主題には「論理的に思考する」というものがあります。

この2日間は今週の金曜日にある期日に向けた準備書面を作成していましたので、かなり論理的に思考していました!

訴状・準備書面は、一般的にいわれる論理的に思考し、文章に起こすことの最たるものでしょう。結論が先、その後に理由と理由を立証する証拠をつけ、最後にまた結論でしめる。

上記の研修では、理論的であるだけでは足りないんだよってことを勉強できました。

表題にある「うまい話し合いのための・・・」を実践するには、対話することが必要です。

そして対話するとは、聴くと話すのかけ算で、”話す”のところで、理論的な部分と気持ちの部分のバランスなんですね。

たとえて言えば、おまんじゅうの「あんこ」と「皮」のように。

「皮」は理論的ということで、「あんこ」は気持ちの部分です。

どちらが欠けても美味しくない(>_<) 大事なのはバランスですsign03

体験学習を行うと、自分に対する気づきが得られるわけですが、今回は・・・

・落ち着いて考えてから行動することができず、つっぱしるくせがなかなか抜けない。

・思い込みには、くれぐれも気をつけよう!!

・たとえ話が上手になりたい!!

です。

新しい知識としては、「KPT分析」というものを知りました。比較的単純ですが、学習効果は高そう。これからも使ってみたいです。

それから今回も講義のメモはマインドマップで書いてみましたhappy01

ちょっとずつ、上達しているかも???

|

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 裁判員裁判での合意形成に向けて »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/47826696

この記事へのトラックバック一覧です: うまい話し合いのための3つの作法:

« 昨日は和風料理でした | トップページ | 裁判員裁判での合意形成に向けて »