« 会社法改正は中小零細企業にプラスになったのか? | トップページ | わかりやすく伝えること »

2010年5月11日 (火)

困った事業仕分け

先日、衝撃の事実を聞きました。

司法書士関連の研修やADR研修でも何回か利用したことのある国際能力開発支援センター(OVTA)が今年の9月末で閉館することを!!

http://www.ovta.or.jp/index.html

昨年の事業仕分けで、仕分けられてしまったとのこと。

ここは安くて、設備もキレイ、宿泊設備もついているので、合宿研修には最適だったのに、とても残念です。

最寄り駅が海浜幕張で駅から徒歩10分くらいと、場所的には少し不便でしたが、「安さ」がなによりよかったのです。

2年くらい前にADR研修で行ったときも、東南アジアからの研修生らしき方たちがいらっしゃって、真剣に学んでいる姿を見ました。

OVTAは有意義に。適切に活用されていると見えていたので、閉館するなんて、信じられませんでしたbearing

全青司のADR研修は、東京近郊で行うことが多いので、安くて便利な場所探しに苦労しています。候補場所の一つがなくなり、全青司ADR部会メンバーのショックはかなり大きかったのでした。

ところで、OVTA閉館後の施設、すごくもったいないと思うのです。

なんとか、再利用できないものでしょうか?

ということで、OVTAに電話してみましたsign03

現在、建物は売却の方向で進んでおり、5月いっぱいくらいで入札条件などを検討していること、そして、今後、購入先の企業が研修事業を行う場合には、研修施設としての運営も行うことがあるでしょう、との返答でした。

でも、一般企業が買えば、利用料は高くなること間違いなし。。。

やっぱり選択肢からは外れてしまうのでしょうね。

|

« 会社法改正は中小零細企業にプラスになったのか? | トップページ | わかりやすく伝えること »

ADR勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/48331470

この記事へのトラックバック一覧です: 困った事業仕分け:

« 会社法改正は中小零細企業にプラスになったのか? | トップページ | わかりやすく伝えること »