« 昨日はアジア料理でした | トップページ | ADR講義終わりました »

2010年5月28日 (金)

新潟県司法書士会の研修会でADRにつき話します

明日、5月29日(土)は、三条・メッセピアで、本年度第1回会員研修会があります。

第1講は、生活保護についての講義です。

講師は新潟県庁の新潟県福祉保健部福祉保健課  保護係長 上村 正朗さん

第2講は、私がにいがたADRセンターの運営と実務についてお話しします。

研修時間は1.5時間です。

日司連作成のDVDを見て頂き、全体の流れを知ってもらった後に、にいがたADRセンターの運営についてパワポを使って話します。

レジュメはできているのですが、入江先生の日本行政6月号の記事を読み、う~んと唸ってしまいました。

特に新潟県は楽観的な状況にはなく、これからどうなるかもわからないADRに会の予算を使っていること自体、否定的な方が多いです。

イヤな予感ですが、認証取得後、事業を停止するような事態になったあかつきには、集中砲火が関川一人に来ることは確実です。

このリスクを覚悟でやっているわけです。

ADRについてむやみに、楽観的なバラ色の未来を話すのも無理があるし、どんなことを目標に話したらいいかな?とここ数日考えています。

一つ明確なのは、個人的にはADR・メディエーションを勉強していて、人間総合力が上がったな!ということ。

それは、他の仕事にもいい影響がありました。

それから、これからは、ADRのビジネス需要についてマーケティングしなくてはならないと考えています。

ファシリテーター・吉崎さんから、「顧客創造」と「サービスの商品化」の必要性をお聞きしたのを思い出しています。今からは、この作業に取りかかる必要があるのではないかと思っています。

|

« 昨日はアジア料理でした | トップページ | ADR講義終わりました »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/48478559

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県司法書士会の研修会でADRにつき話します:

« 昨日はアジア料理でした | トップページ | ADR講義終わりました »