« 久しぶりに料理教室です | トップページ | Meditation と間違えられた!(注:嬉しい) »

2010年5月17日 (月)

アサーティブ・トレーニング 応用講座

平成22年5月15日(土)~16日(日)、アサーティブジャパンの講座を受講してきました。

内容は、アサーティブ・トレーニング 応用講座

会場は、東京青山の「こどもの城」

講師は、矢田早苗さん

応用編は、平成20年8月に基礎編を受講してから約2年を経ての受講になりました。

日程とお金の都合で、なかなか受講できないな~と思っていたところようやく実現!

主な内容は

・自己信頼を取り戻す

・批判に対処する

・怒りをどう扱うか

・相手にまっすぐ向き合う

・私のこれから

 アサーティブ・トレーニングは、もっぱら自分のためです。

 特に「批判に対処する」「怒りをどう扱うか」は私にとって大きな課題です。

 メディエーションのトレーニングと違って、参加者は自分の事例をロールプレーにするので匿名性が求められます。そのため、名札もニックネームを記載します。2年前の私は、そのまま名字を記載していましたが、今回は、ニックネームを書けました。

 たったこれだけのことですが、私にとっては大きな進歩です。ちょっと肩の力が抜けてきているな~という進歩です。

 普段の自分を知らない、全く違う世界の人たちと一緒に勉強できるのは、自分の成長にプラスになるなと実感できた二日間でした。

 私は、新潟県内でじっとしていて、利益追求型の仕事をするのが苦手なので、全国あちこちに勉強に行きながら、様々なヒントをもらい、仕事にも生かせるようなやり方があっているなと感じます。

 

 さて、今回の講座で心に残ったことは、「批判」は、”受け入れる”のでなく、”受け止める”

 この違いは、大きいです。心に刺さる前に、寸止めするイメージかな?

 そして、批判には、正当な批判(考え方・言い方・態度・行動に対するもの)と不当な批判(人格・感情・信条・生まれに対するもの)があり、仮に当たっている批判でも、後者に関するものは、「不当だ」と言って良いということがわかりました。

 いままで、当たっている批判は、受け入れざるを得ないものと考え、むやみに受け入れ、自分で自分を傷つけていたのではないか?と気づきました。

 この考え方を知ることで、本当に楽になりました。

 ロールプレイでは、”受け止める”練習もしました。実生活でも、少しずつ練習していきたいと思います。

 講座に参加されている方は、個々に問題を持って、いらっしゃっています。(匿名性があり、安心して話せる場が大事。この講座では、安心して話せました。)

 研修の最後には、その問題にどう対処していくかのロールプレイを行いました。

 講師の先生の手助けを借りながら、そして、グループのメンバーの力も借りながら、3回やってみました。まだまだ、うまくいきませんが、進歩はしている!!と感じます。

 最後に、講師の方からも付言がありましたが、アサーティブのスキルを学んだからと言って、すぐに変われるわけではないし、急に行動を変化させるのも、周りがびっくりしますとのこと。

 少しずつ、自分の変化を「楽しむ」くらいで、ゆっくり歩いていく、くらいでちょうどいいとのことです。

 ちょっとずつですねhappy01

 自分自身の問題を扱い、新たな発見に満ちた二日間だったので、ものすご~く疲れましたが、行って良かったと思えるトレーニングでした。

 さなぴ、皆さん、ありがとうございましたheart01

 

 

 

 

|

« 久しぶりに料理教室です | トップページ | Meditation と間違えられた!(注:嬉しい) »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

ゆおゆおです!

アサーティブ・トレーニングでは
ありがとうございました^^)

ご一緒できて、とてもうれしかったです。

何だかとっても疲れたのですが、でも、批判や怒りと

いう難しい問題を、一緒に考えることができたこと、

とても貴重な経験でした。

また、どこかでお目にかかれますことを!

投稿: ゆおゆお | 2010年5月18日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/48383068

この記事へのトラックバック一覧です: アサーティブ・トレーニング 応用講座:

« 久しぶりに料理教室です | トップページ | Meditation と間違えられた!(注:嬉しい) »