« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

悪質商法にだまされた人をさらにだます

競馬情報被害に遭った人の相談に対して、現在の被害の様子を国民生活センターのホームページや判例などで調べています。

インターネットで検索すると、「競馬情報被害に遭った人を救済する」というようなホームページ(司法書士のものもある)が数多く、ひっかかってくるのです。

困っている人を救います!みたいなか~な~り自信あふれた内容です。

え~、そんなに簡単に救済できるのsign02

司法書士の中で、全国的にも優秀な方はだいたい講師をやったり書籍を出していたりするので誰がどの問題のスペシャリストかは、全青司メンバーを拝見しているとだいたいわかります。

優秀な人たちは、上記のような宣伝はしていません。

しかも、先端をいっている方たちでも、救済は難しいはずなのに。。。

おかしいsign03

こんな風に二次被害が広がっていくんだな、そして、インターネットって怖いな~と改めて思いました。

全青司でも電話による無料の法律相談(平日14:00~18:00)を行っています。

まずは、コチラに電話してみてはいかがでしょうか?

全青司ホットライン 電話 03-3359-3639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

ADR人に対する雑観

私の目から見て、新潟県にはメディエーターに向いているな~と思う方が複数います。

共通しているのは、度量が広い、穏やか、事務所も安定していること。

群馬県司法書士会の会報NO.42に記載ある愛媛和解支援センターのインタビュー記事で松下先生がADRをやり出してから相談者がすごく増えたとか、関連して司法書士業務自体も忙しくなったということをおっしゃっていると書かれていました。

松下先生と似ているタイプは、新潟県ではH先生。大ベテランです。

昨年度の全青司のトレーニングに全部出席しています。しかも、本人は勉強不足で、土台がないから、、、と謙遜されますが、調停に対する姿勢や目線が素晴らしく、しかも、穏やかshine

謙虚なんですよね~。

能力がある→事務所は安定→センスがいい→ADR勉強する→ますます充実

というような好循環なのです。

そして、もともとお金に困っていないから鷹揚で、金にならないからADRには手を出さないというような考えがないのです。

副会長Mさんも同じタイプですね。このような方は少数ですから、とても貴重です。

全国的に見ても、ADRやっている人ってお金に余裕がある方が多いなと思う今日この頃。

(注:関川は例外ですcoldsweats01

若手でADRに興味ある方は、更に少ないのですが、Yさんは期待大です。

訴訟もバンバンこなし、正義感も強く、紛争に対するセンスがいいなと思います。

多くの事案を経験すると、いいメディエーターになるんじゃないかと期待しています。

少数ながら、素晴らしいADR人がいる新潟県ですが、ADR人が増えないんですよね~。

また、ちょっとやってみて、「自分にはできる!!」と自信を持ち、あまりトレーニングしなくなってしまう方も、難ありで。。。

まあ、少ないながら、細々と続けていくということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

全青司ケースマネージャー・トレーニング 予告!!

続きまして・・・

全青司では、ケースマネージャー・トレーニングも開催しますsign03

日程は・・・

平成22年10月2日(土) 10:30~17:00 

      10月3日(日) 10:00~17:00

講師は、司法アクセス・ADR推進委員会 芝知美委員 

      同 増田真也委員 です。

昨年までは、1日コースでしたが、今年からは2日コースになりました。

こちらも静岡県司法書士調停センターの「ふらっと」で大活躍中のお二人が講師ですから期待大の講座ですよhappy01

他に東京・近畿司法書士会連合会・新潟の実務もご紹介する予定です。

申込書は、こちら 「h.22 case maneger.doc」をダウンロード

ケースマネージャー講座と基礎編が2週続きますが、どちらかでも、両方でも(かなり大変そうですが。。。)御参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全青司基礎編トレーニング 予告!!

今年も全青司では、ADR基礎編トレーニングを開催しますsign03

日程は、以下のとおりです。

平成22年10月9日(土) 11:00~17:00

         10日(日) 10:00~17:00

       11日(月・祝) 10:00~17:00

講師は、稲葉一人先生(中京大学法科大学院教授)

    入江秀晃先生東京大学情報学環特任研究員

 豪華な講師陣と充実したプログラムになっています。全青司のプログラムは毎年進化しております。

 参加者も全国からお集まり頂きますので、多彩なメンバーで多くの気づきが得られるでしょう(自画自賛!)

 申込書はコチラです。「h.22.10 ADR kiso.doc」をダウンロード 

 限定25名なので、お早めにお申し込み下さいshine

 今回の基礎編は、静岡のNさんと私が事務局をします。御参加の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

研修会とコンディショニング

毎日新聞の日曜版で、ドクターの海原純子先生が「1日1粒 心のサプリ」というコラムを書いています。

毎週楽しみに読んでいますが、7月25日のタイトルは「研修会とコンディショニング」

内容をまとめると・・・

・研修会やセミナーのスケジュールが過密すぎる。

・日本では、司会者が進行をキープするより長い話を優先する傾向があり、時間超過する。

・上記の態様は人間の生理的条件を無視しすぎている。

・海原先生から見ると、「日本式の精神至上主義(勉強は歯を食いしばってガンバレ!)」にみえる。

・しかし、人間は精神力だけではもたず、コンディション調整は研修内容と同様に重要

う~ん、同感です。

新潟県司法書士会では、年5回の会員研修会があります。その他に、リーガルサポート新潟県支部の研修、にいがたADRセンターの研修と新潟県青司協の研修もあります。

さらに、全青司、関東ブロック青司協、クレサラ対協、日司連などなどた~くさんあるのです。

私の開業当初は、まだのんびりとしていましていて、こんなに研修なかったですcoldsweats01

しか~し、司法書士の業務範囲が広がったり、研修単位の目標(新潟県は12単位)ができたり、業務内容の高度化や司法書士の責任が重くなったなどの諸事情で研修は増えるばかりです。

そして、勉強する人はすっごく勉強する、勉強しない人は全く勉強しないと二極化しているような気もします。

勉強は大事ですが、司法書士界の研修はあまりに過酷すぎるとも感じています。

新潟県の今年の会員研修について見れば、来る人は決まっているし、参加者数も少ないのは、スケジュールが過密なこともあるだろうなと思うのです。

参加者数が少ない上に、運営側で協力しない理事もおり、ちゃんとやっている人だけ大変という不合理なので、来年は会員研修の回数を減らす提案をしようと考えています。

きちんと休むことも大事だなあと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

インターネット情報の購入による悪質商法に注意!!

新潟県の消費生活センターから今年6月分の相談事例集計を頂きました。

集計表はこちら 「2010.6_soudan.pdf」をダウンロード

相談件数第1位は「インターネット情報」でした。

出会い系サイトの情報やパチンコ必勝法、競馬情報など最近増えているなと実感しています。

この問題の難しいのは、クレジットカードを使うときに、悪質業者はクレジットカード加盟店になれないため、オンライン決済処理に関する事業代行事業者を間に挟んでくることなのです。

決済代行業者も怪しいところが多く、連絡がつかなくなったりします。

クレジット契約を取り消したい場合は、「チャージバック」をしてもらうことが多いようですが、カード会社の多くは、契約から3ヶ月以内という暗黙のルールがあるようです。

全然利用していないのに請求書が来た、というような場合は3ヶ月以上経過しても認められる場合があるようですが、そうでないとなかなか難しいのが現状です。

特に競馬情報なんかは、「本人の利用はあり、情報は渡した」という反論が出されます。

実際、被害にあった相談者も、後ろめたい気持ちがあるので、なかなか言い出せなかったりして、泣き寝入りも多いでしょう。

そんなことを背景にますます悪質業者がのさばるようで、悔しい気持ちになります。

昨年改正された「割賦販売法」では、決済代行業者の規制は難しく、今後の課題です。

本当に悪質商法と法律改正っていたちごっこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

新潟大学・学生の感想 その2

新潟大学の学生の感想を少し上げてみます。

たった90分講義でしたが、私の想像以上に学生さんは、いろんなことを汲み取ってくれたようです。

「自分が利用することもあるかもしれないから」という視点は面白いし、今まであまり出てこなかった意見ですね。

これまで、さんざん批判されてきましたので、どうせ理解されないだろう。。。という諦観を心の底に持っているために、下記のような素直な感想を聞くと、驚いてしまいます。

今回も、士業以外の方の人たちには、ADRの話はすとんと落ちるみたいと感じました。

8月3日に2回目の講義を行います。質問もたくさん頂いていますので、あっという間に時間が経過してします予感がしますhappy01

-----------------------------------

○講義の内容について

・法社会学で聞いていたが、詳しく知ることができてよかった。面白かった。

・教科書を読んでいるだけよりも、DVDで視覚的に理解でき

・更に自分でも勉強をすすめたいと思った。

・ADRの類型、短所・長所など今までと違う視点から物事を考えることができて、有意義だった。

・ADRをもっと多くの人に知ってもらえるといいなと思った。

・法律家がADRにかかわることに対して否定的な方もいるとのことでしたが、このように本人たちが解決の道を目指し、その手助けを言葉の専門家ともいえる法律家が行うことは問題解決の方法としては、もっと評価されてもいいものであると感じた。

・裁判に限界があるのと同様にADRにも限界があり、どちらにもニーズがある。ADRはコミュニケーションを必要としていてとてもヒト的解決方法ですが、法学部で勉強していると裁判のシステマチックな面を好ましく感じることもあります。

・自分が利用することもあるかと思うので、しっかりとその性質について理解しておきたいと思った。

・コミュニケーションが減り、トラブルが増えるにもかかわらず話し合いによる解決を避けたがる傾向があるので、ADRを通してコミュニケーションの場が増えればいいなと思います。

・ADRは感情論になってしまい主観的な意見の言い合いになり合理的な見解を導き出せるのかどうか不安。必ずしも当事者関係が対等ではない場合もあるので、そういう場合は裁判による解決が必要になってくると思う。

・人間が好きであったり、使命感を持てないとなかなか続けられないお仕事だなと思った。

・ADRを活発化するための政策や制度の必要性を感じた。

・当事者から弁護士等の代理人に事実を伝えるのは難しい。ADRが広まれば当事者間で争っている争点で当事者たちで問題を解決でき、無理に法的な点で争うことなく満足いく結果が生まれるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

久しぶりの3連休

連休中日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は、久しぶりの三連休・・・しっかりと休んでいます。

健康だったら、静岡にいて、全青司のケースマネージャー・トレーニングの打合せとNさんのADR法講座を聴いているはずでしたが、残念ながら欠席sweat02

健康のありがたみを実感しています。

回転性のめまいは、ほとんどなくなったのですが、頭を左右どちらかに振る動作でくらくらします。家の中は動けますが、外に出ると歩き出して1~2分くらいでクラクラ・ふらふらです。

いつになったら治るのかweep

今日は気分転換に、宮崎駿監督の映画を見てきました。「借りぐらしのアリエッティ

絵本の中の世界のようで、ほのぼのした気分になりましたheart

梅雨も明けて、暑い日が続きます。皆様も体調にはお気をつけ下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

群馬会「執務現場から」2010 NO.42

群馬県司法書士会が発行している「執務現場から」の最新号2010 NO.42を読みました。

第1に、今回は、群馬会のADR委員会メンバーが愛媛和解支援センターを訪問したこと、そして事例検討会への参加や交流会の様子が詳しく書かれていました。

私も初めて愛媛和解支援センターを訪れたときの様子を帰ってきてから、にいがたADRセンターの委員会内で報告しましたが、いかんせん、いつも行くのは私一人で、インパクトが弱いところが否めません。。。

その点、群馬の場合は複数で参加し、しかも、後日しっかりした文章に残されているところはいつもスゴイと思っています。

事例検討会は、4時間で、なんと5事例も扱っていましたsign03

事例検討会の記事を読み、にいがたADRセンターとの違いを考えてみました。

1.発表者の数

  愛媛は発表者が1ないし2名。

  愛媛は単独調停が多いのでしょうか。それから、ほとんど松下先生と娘さんがケースマネージャーなど事務局処理をこなされているため、調停人のみの発表でよいのだろうと予想します。

  にいがたADRセンターは、発表者が4名。調停人2名、ケースマネージャー1名、書記1名のそれぞれから発表してもらっています。

  勉強のため、そして地域的な問題で毎回、担当者を変えています。

2.一事案の発表時間

  愛媛は、1名からの報告のため、1事案たぶん1時間くらいなのでしょう。

  にいがたADRセンターは、1事案4時間くらいかかります。先日2時間で済ませましたが、全然時間が足りなかったです。

3.発表形式

  愛媛は、各自好みの形式で事案の概要と経過・結果の報告(に見える)

  にいがたADRセンターは、全青司同様「事案共有シート」を使って、ケースマネージャーからの視点、調停人の視点などを分け、調停に影響を及ぼしたトピックスを複数上げて、それぞれ議論しています。

 1つのトピックスについて、メンバーから様々な意見がでます。時に収拾がつきませんsweat02

 私も含め、手探り状態で調停を行い、その都度修正箇所があれば、書式ややり方を修正しています。

 こうして見てみると、愛媛は体制がしっかりし、各調停人も独立してスキルも身に付いているように感じ、新潟は、まだ助走期間中だなと改めて思います。

 そして、にいがたADRセンターでは会議ファシリーテションのスキルが加わると、より前進すると思うのです。

私が司会をするときは議論がかみ合うように、建設的な意見交換になるように、努力していますが、まだまだですね。

会議ファシリーテションについて、委員会内で知ってもらえる機会があるといいな。

 次に、特筆すべきは、この本の内容の豊富さです。ADRだけでなく、登記も裁判も、川柳も、どれも勉強になるものばかりですshine

新入会者向けの「登記記録上の所有者が真実の所有者でなかった場合と登記原因証明情報」は今更ながら、納得の記事でした。

登記記録上の所有者が真実の所有者でない場合は、実際よくあります。

例えば、土地を買いたい本人では銀行の融資が下りないから、本人の兄弟名義で便宜登記する、などです。

実際にお金を返済している本人がつまずくと、名義を貸した兄弟まで破産しなければならないとか、順調にお金を返したが、その名義を元に戻すのに税金がかかるから、ずっと真実の所有者に名義を移転していないとか、枚挙にいとまがありません。

しかも真実を知っている当事者が亡くなると、更に事態が面倒になるのですbearing

皆さん、登記にはゼヒとも真実を反映させて下さいsign03 by気の小さい司法書士

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

新潟大学・学生の感想 その1

6/29(火)の新潟大学での講義の後、学生さんからレポートを提出してもらいました。

5:55終了で早く帰りたいであろうところ、結構細かく書いて下さっていました。

体調が回復せず、気持ちもなんだか落ち込みぎみなので、レポートの中から、「私に向けてのプラスメッセージ」を抜き出してみました。

学生さんは、単位がかかっているので、厳しい意見は書きにくいのかもしれませんが、多くが肯定的な意見・内容でした。

ちょっと、ナルシストっぽいけど、お許し下さい(笑)

ちなみに、当日やったエクササイズは「流れ星」です。

別の機会には、ADRについての感想も記載してみたいと思います。

-----------------------------------

①エクササイズとして絵を描いたり、自分で考えて記入したり、DVDを見たりすることが「司法書士と法」ではあまりなかったので、とても興味をもって取り組むことができた。また、講義が楽しかったため時間が短く感じた。

②今回の司法書士の方は話し方が上手だった。

③DVDを見ながら自分で気づくことができて本当に理解もしやすくて良かった。

④パワーポイントや説明がわかりやすくて良かった。

⑤紛争解決方法として、回避・無視があることに驚いたが、デパートの不買運動の例えが分かり易かった。

⑥紛争という抽象的なテーマだったので、最初は理解が難しいと感じたが普段の講義とは異なった内容が新鮮で、とても集中して講義に臨めた。

⑦五感を持って感じることができ、とても楽しく有意義な講義でした。

⑧エクササイズが楽しかった。次回もこのような講義を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月 7日 (水)

にいがたADRセンター認証延期します

にいがたADRセンターについて、今年の定時総会で、本年度中の認証取得を目指すという方針を上げましたが、それについて延期することにしました。

相談事業部長、認証ワーキングチーム他メンバーの皆さんと話し合いをした結果、そのような結論になりました。

新潟県において実質中心に動いてきましたが、私のリーダーシップ及び能力不足が主な原因であると思います。また、平成18年に本格的に県内で研修を初めてから後進(私より若い人sign03)がほとんど育ちませんでした。これも残念なことで、今後の課題です。

新潟県においては、まだまだ機が熟していないということだろうなとも感じています。

個人的には、メディエーションのトレーニングや勉強は続けますし、全青司での活動にも末席から参加させて頂こうと思っています。

それから、司法書士以外の方でメディエーションに興味のある方と連携できるような集まりを作りたいなと考えています。まだまだ先のことですが。。。

まずは自力をつけなくちゃいけませんねsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

ご心配頂きありがとうございます

このブログを見て下さっている皆様には、ご心配頂きましてありがとうございます。

少し治った!と思って、仕事をすると、また悪化するの繰り返しで、なかなか完治しません。

自分でも情けないな~と思いつつ、もう仕方ないな、しっかり休もうと思っています。

トシをとると、体力がなくなりますねthink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »