« 全青司ケースマネージャー・トレーニング 予告!! | トップページ | 悪質商法にだまされた人をさらにだます »

2010年7月29日 (木)

ADR人に対する雑観

私の目から見て、新潟県にはメディエーターに向いているな~と思う方が複数います。

共通しているのは、度量が広い、穏やか、事務所も安定していること。

群馬県司法書士会の会報NO.42に記載ある愛媛和解支援センターのインタビュー記事で松下先生がADRをやり出してから相談者がすごく増えたとか、関連して司法書士業務自体も忙しくなったということをおっしゃっていると書かれていました。

松下先生と似ているタイプは、新潟県ではH先生。大ベテランです。

昨年度の全青司のトレーニングに全部出席しています。しかも、本人は勉強不足で、土台がないから、、、と謙遜されますが、調停に対する姿勢や目線が素晴らしく、しかも、穏やかshine

謙虚なんですよね~。

能力がある→事務所は安定→センスがいい→ADR勉強する→ますます充実

というような好循環なのです。

そして、もともとお金に困っていないから鷹揚で、金にならないからADRには手を出さないというような考えがないのです。

副会長Mさんも同じタイプですね。このような方は少数ですから、とても貴重です。

全国的に見ても、ADRやっている人ってお金に余裕がある方が多いなと思う今日この頃。

(注:関川は例外ですcoldsweats01

若手でADRに興味ある方は、更に少ないのですが、Yさんは期待大です。

訴訟もバンバンこなし、正義感も強く、紛争に対するセンスがいいなと思います。

多くの事案を経験すると、いいメディエーターになるんじゃないかと期待しています。

少数ながら、素晴らしいADR人がいる新潟県ですが、ADR人が増えないんですよね~。

また、ちょっとやってみて、「自分にはできる!!」と自信を持ち、あまりトレーニングしなくなってしまう方も、難ありで。。。

まあ、少ないながら、細々と続けていくということでしょうか。

|

« 全青司ケースマネージャー・トレーニング 予告!! | トップページ | 悪質商法にだまされた人をさらにだます »

ADRって何?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/49004831

この記事へのトラックバック一覧です: ADR人に対する雑観:

« 全青司ケースマネージャー・トレーニング 予告!! | トップページ | 悪質商法にだまされた人をさらにだます »