« インターネット情報の購入による悪質商法に注意!! | トップページ | 全青司基礎編トレーニング 予告!! »

2010年7月27日 (火)

研修会とコンディショニング

毎日新聞の日曜版で、ドクターの海原純子先生が「1日1粒 心のサプリ」というコラムを書いています。

毎週楽しみに読んでいますが、7月25日のタイトルは「研修会とコンディショニング」

内容をまとめると・・・

・研修会やセミナーのスケジュールが過密すぎる。

・日本では、司会者が進行をキープするより長い話を優先する傾向があり、時間超過する。

・上記の態様は人間の生理的条件を無視しすぎている。

・海原先生から見ると、「日本式の精神至上主義(勉強は歯を食いしばってガンバレ!)」にみえる。

・しかし、人間は精神力だけではもたず、コンディション調整は研修内容と同様に重要

う~ん、同感です。

新潟県司法書士会では、年5回の会員研修会があります。その他に、リーガルサポート新潟県支部の研修、にいがたADRセンターの研修と新潟県青司協の研修もあります。

さらに、全青司、関東ブロック青司協、クレサラ対協、日司連などなどた~くさんあるのです。

私の開業当初は、まだのんびりとしていましていて、こんなに研修なかったですcoldsweats01

しか~し、司法書士の業務範囲が広がったり、研修単位の目標(新潟県は12単位)ができたり、業務内容の高度化や司法書士の責任が重くなったなどの諸事情で研修は増えるばかりです。

そして、勉強する人はすっごく勉強する、勉強しない人は全く勉強しないと二極化しているような気もします。

勉強は大事ですが、司法書士界の研修はあまりに過酷すぎるとも感じています。

新潟県の今年の会員研修について見れば、来る人は決まっているし、参加者数も少ないのは、スケジュールが過密なこともあるだろうなと思うのです。

参加者数が少ない上に、運営側で協力しない理事もおり、ちゃんとやっている人だけ大変という不合理なので、来年は会員研修の回数を減らす提案をしようと考えています。

きちんと休むことも大事だなあと思う今日この頃です。

|

« インターネット情報の購入による悪質商法に注意!! | トップページ | 全青司基礎編トレーニング 予告!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/48989040

この記事へのトラックバック一覧です: 研修会とコンディショニング:

« インターネット情報の購入による悪質商法に注意!! | トップページ | 全青司基礎編トレーニング 予告!! »