« 事例検討会にアドバイザーがほしい | トップページ | ペンギンが好きです »

2010年8月23日 (月)

またも失敗

昨日22日は、調停期日になっておりました。

連合会からブロック単位もしくは単位会でADRの研修を実施する際に補助費が支出されるという案内がきていたことについて、直接、メンバーの意見をお聞きできるチャンスであると考え、終わった頃に会場に行くことにしていました。

ところが、3名中、2名がその後に予定が入っているとかで、10分くらいしか話ができず、焦って話したら、超事務口調+早口で、なんだかうまく行きませんでしたweep

しかも、今回初参加の方からは、無理に研修会を実施しなくても良いというご意見でした。

実際の調停に参加してみると、自分の能力などについて考え、トレーニングにも積極的に参加したいという気持ちになっていただけるのではないかという淡い期待も見事に外れましたsweat02

人材発掘も難しいし、人を動かすのも難しい。

メディエーションの本質を理解してもらうことも難しい。

それ以上に私の能力不足を感じましたね。「変えられるのは自分だけ」ということを理屈としてはよく知っていますが、それを体現するのは本当に難しいです。

単純に自分自身のメディエーションの技術を高めることに専念できればどれほど楽でしょうか。

いつか、メディエーターとして活躍できるようになりたいのですが。

|

« 事例検討会にアドバイザーがほしい | トップページ | ペンギンが好きです »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/49226845

この記事へのトラックバック一覧です: またも失敗:

« 事例検討会にアドバイザーがほしい | トップページ | ペンギンが好きです »