« 貴重な存在~Aさん | トップページ | 新潟県が東京都より人口が多い時代があった! »

2010年10月22日 (金)

日司連と司法書士調停センターに関する協議会

今日10/22(金) 午後1:30から本会にて、日司連のADR対策部の方に新潟にきてもらい、司法書士調停センターに関する協議会を行いました。

日司連からは常任理事のAさん、委員のKさん、Hさん

Hさんは、札幌から来てくれました!!

当会からは、副会長のKさんとMさん、それから総務部常任理事のSさんと関川の4名が出席しました。

まずは、当会の現状と今度についてまとめたものを説明。

その後、研修実施、センター運営、認証等について協議しました。

大きな成果は、札幌の様子を聞けたことと、当会の運営について財政的な手当の目処がついたことでした。

札幌会は、認証準備中でもうすぐ法務省に事前相談に行くそうです。現在は1週間に2回くらいのペースで認証用の会議を開いているとのことです。

今年から来年にかけての研修予定表を見せてもらいましたが、その充実ぶりに目を見張りましたsign03

運営委員会内の講師のケースと外部講師のケースがありますが、研修内容も多岐にわたり、しかもかなり専門的な内容です(マイクロ・カウンセリング、IPI分析、トランスフォーマティブとファシリエーティブ、バトナなどなど)全11回、45時間30分です。そして最後に考査があります。

調停という文字がありません。すべてメディエーションという言葉を使っています。ここがすごいです。

私が「すごい」と感じるのは、これまで新潟県で活動していても、常に、はっきりしない何かと誰かに遠慮していたのではないかと思うからです。そして、自分自身の自信のなさにも起因しているものと自己分析しています。

この充実ぶりを支えているのは、千葉百合子さんのお力だと聞きました。

能力有り、人望あり、努力あり、でないとここまでこないのですね。

すぐにできることとしては、今年の合格者に対する新人研修でリーガルカウンセリングのコマを入れてもらうように交渉することかな。

|

« 貴重な存在~Aさん | トップページ | 新潟県が東京都より人口が多い時代があった! »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/49814431

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連と司法書士調停センターに関する協議会:

« 貴重な存在~Aさん | トップページ | 新潟県が東京都より人口が多い時代があった! »