« エッセイトライアングル 秋のセミナー | トップページ | 全青司ADR基礎編トレーニング »

2010年10月12日 (火)

グローバルに伝わる話の構造

金曜日の3時頃、新潟県を出て、月曜日の夜9時に自宅到着。

ものすご~く内容の濃い3泊4日でした。

金曜日は、Global Thinkers 主催の「エッセイトライアングル 秋のセミナー」に出席

場所は、東大の福武ホール

第1部は、大庭コティさち子さんによる「グローバルに伝わる話の構造」

これは、大庭コティさち子さんの著書”考える・まとめる・表現する”をきゅっと短くしたような内容でした。

パワポによる説明でしたが、ペーパーはなし。最後に配るのかな~と思っていましたが、結局なし。

だいたい内容はわかるので、よいですが、マインドマップは、ところどころ虫食いです。

ご本にサインもらっちゃいましたheart

第2部は、当日の目玉”David Hyerle博士”の「Thinking Maps」の説明です。

この言葉自体が、商標登録?著作権あり?のようで、使用に注意が必要になります。

思考を整理するマップには、8種類あり、この利用法などをまとめたのがHyerle博士です。

今回は、考えをまとめる代表的なプロセス図を説明して下さいました。

説明も、もちろんマップを使うので、あとで見てもわかりやすいですね。

Writingは創造的な作業だとおっしゃっていましたが、そのとおりだな~と思いました。

論理思考と自分の言葉で話すことが大事なのはわかっていますが、その両方が苦手なので少しでも向上したいと参加しました。

実際にやるとなると難しいなcoldsweats01

最後に、ご一緒した吉崎さんと記念写真まで撮ってもらいました!!

吉崎さん、大変お世話になりましたhappy01

|

« エッセイトライアングル 秋のセミナー | トップページ | 全青司ADR基礎編トレーニング »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/49722291

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルに伝わる話の構造:

« エッセイトライアングル 秋のセミナー | トップページ | 全青司ADR基礎編トレーニング »