« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

九州大学トレーニング・応用編 1

週末、九州大学へレビン先生のトレーニング参加のために行ってきました。

飛行機などの都合で今日の5時に事務所についたのですが、迎えに来てくれた事務員さんが「いろいろあって大変でしたcrying」というし、事務所に戻ると、書類とメモがたくさん。。。

確かに大変だったんだね~。今日中の処理は終わらせ、後は明日から頑張ります。

平成21年の5月に東京で基礎編を受けてから1年以上間があき、その時の内容を忘れつつありましたので最初はどうなることかと心配でした。

今回の目標は「わからないことがあれば間違ってみる。そして先生に質問する。」です。

レビン先生のトレーニングに来ていらっしゃる方はリピーターが多く、皆さん、難なくこなされているようですごかったです。

参加者の特徴として感じたことは、女性調停人さんが多いことでした。

懇親会の席でお聞きしたのですが、数年前まで女性調停委員さんは、調停で発言が許されず、男性調停委員の隣で頷いていることを求められるだけ、話そうとすると「黙ってろ」というような圧力がかかったそうです。

そのような状況を変えるべく、女性調停委員も発言をさせて下さいと要望を出し、レビン先生のトレーニングを受けて実力をつけ、徐々に現場を変えるべく大変な努力をされていることを知りました。素晴らしいなと思いました。

調停委員をされている方は、トレーニングの様子を見ても、努力のあとがしっかり見えました。

私はといえば・・・最初から、わからないことばっかりでした(汗)

しかも1日目から3つもロールプレイをし、ぐったり疲れました。

しかし、その分学びも多かったです。一番の気付きは、調停スキルは継続してトレーニングしないと落ちること。

私は人より数倍努力しないと、人並みにできないところがあります。

そんなところにもってきて、そもそも継続が必要な調停スキルですから、日々のトレーニングは欠かせないなと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

新潟県司法書士会理事会に出席

今日は午後から、新潟県司法書士会で理事会があります。

今回の理事会では、研修部の運営変更に関する議題とにいがたADRセンターの運営要綱の変更に関する議題を提出します。

前者については、研修部の人手不足解消のために、実務制度委員会のメンバーに研修部運営の手伝いをしてもらうべく内部的な運用の変更をお願いするものです。

実務制度委員会は外部の研修に出て、伝達講師をしたりする部署です。その規則には研修事業への参画と記載されているものの、実際には協力体制がありませんでした。

そこで、今度こそ本当に参画してもらい、若手の育成も同時に行いたいと思っています。

にいがたADRセンターの運営要綱については、旅費についての変更です。

マイナーチェンジですが、認証に向けたステップアップになるといいな~。

理事会後、新潟空港へ行き、福岡に飛びます。

週末は九州大学でレビン先生の応用トレーニングを受講しま~す。

今回は、ロールプレイが中心とのことで、楽しみにしています。

久しぶりのメディエーションのトレーニングで、どんな気付きがあるかなとわくわく・どきどきですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

成年後見研修会

昨日11月23日は、近くの燕三条リサーチコアでリーガルサポート主催の成年後見研修会がありました。

午前中は、3つの事前課題についてグループディスカッションをして、各グループの発表のあと、講師からの解説がありました。

県内でディスカッション形式の研修を受ける時に、普段ほとんどお会いする機会もなく、裁判事務・会務などを熱心に行って「いない」会員とご一緒すると、いろんなスタンスがあるなと気づきますね。

それから、司法書士のレベルというか資質みたいなものを考えさせられます。

やはり県外の研修に出ることは大事です。

午後からは、生活保護関連と高齢者虐待のDVD研修でした。

前者はホームレスへの支援などを熱心に行っていらっしゃる東京の後閑さんの講義なので楽しみにしていたのですが、途中でDVD自体の不良のために聞くことができなくなり、とても残念でしたsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

聴くことがなぜ難しいか?

経済産業省バージョンでのADR基礎編トレーニングには講義資料もついています。

過去に何回かその資料を見たり、実際に私もパワポを使って他の方に説明したりする機会がありました。

その中に、「なぜ聴くことは難しいか?」という項目があります。

そのヒントとして、以下のようなものが上げられています。

①人の役に立とうとする。

自分の知識や能力で救おうとする 

聴くことは予想外のエネルギーを要する

聴くよりも話すことの方が心理的に楽

序列がはっきりしているシチュエーション

 司法書士としての相談業務を行っている時や仕事以外の場面でいろんな方の話を聞く時に「聴くこと」は難しいというよりしんどいな~と感じます。

なぜしんどいと感じるのか?

・面前にいる人の話が個人的には同意できなかったり、価値観が違うな~と感じる時にも聴く必要があるが、自分の中でうまく処理できていないようです。

・もしくは、相手の話を自分に投影させてしまい、自分について深く考えるきっかけとなるため、いろんなことを考えて疲れる。

・新しい価値観や考えに触れて、自分がどうそれをどう考えるか?対応するか考えてしまう。

 聴くことは「相手の鏡になる」ことで、自分が揺さぶられなくてもいいと言われてしまいそうですが、なかなかそうはいかないですね。

 ①、②、⑤は司法書士の場合、聞かれたことに答える習性があるのを、ぐっとこらえるのが難しいんだろうなと思います。特に年配の先生方からは、ただ「聴いている」というのが難しいという感想はよく聞きます。

 私が疲れるのは、③ということなのでしょう。

 自分自身が疲れないように、かつ相手の話に共感しながら「聴く」のは、どういうところに気をつければできるようになるでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

約束を守る

明日の土曜日午前中に面談予約をしていた方からキャンセルの連絡がきました。

休日を潰したのにweep

この方、初回は来ない。

次回は書類持ってこない。

その次も、依頼文書をよく見ずに持ってこない書類多し。

とにかく、事件が進まないのです。面談日もか~な~り、依頼者に合わせているのに!

私が勉強したカウンセリングの知識によると、人間の基本的欲求は5つあり、その強弱によって個性が出ると聞きました。

そのうちの「力の欲求」は、時間やお金などの管理をしたい!ということも含まれます。

時間にだらしない人は、お金にもだらしないとよく言われますが、それは欲求の源泉が同じだからでしょう。

つまり、そういう人はこの「力の欲求」が弱いと考えられます。

逆にそうであると、人に対して寛容だったりしますので、物事はなんでも表裏がありますね。

たぶん、上記の依頼者も「力の欲求」が弱いタイプなんだろうなと思いつつも、どうしてもイラっとしてしまいますね(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

トラブル経験と相談行動 その2

トラブル経験と相談行動というご本の中に、更に興味深い章がありました。

「裁判外紛争業務の市場と弁護士」武士俣 敦先生

結論は・・・現在、弁護士の裁判外紛争業務の市場は不在

市場調査の手法を取り入れて、データ(データの単位は紛争ないしトラブル経験者の中の弁護士利用者)を解析した結果です。

ということで、ADR推進のためには、よく言われる「ニーズの掘り起こし」と「顧客創造」をする必要があることを実感しましたね。

ただ、待っていても案件は来ないということです。

こちら側からの適切な提案とアプローチ方法を考えなくてはsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

トラブル経験と相談行動

AKAMATSUさんからご紹介して頂いた本「トラブル経験と相談行動」(東京大学出版会)を読みました。

樫村志郎先生を初めてとして、10名の先生方が違った角度から一般の方の相談行動について研究されたものでした。その中に「自治体法律相談の意義と課題」の章があります(小佐井良太先生)。

冒頭から自治体法律相談の経験者の意見は、否定的評価と不満が多いとの記述がありました。(注:これは弁護士さんによる無料相談について調べています)

7つの相談機関(自治体相談、自治体担当部署、警察、消費生活センター、保険会社、弁護士会・法律扶助相談、弁護士事務所)の中で、最下位のスコアだったとのこと。

理由としては・・・

1)自治体法律相談が弁護士業務のコアたる訴訟業務に結びつきにくい。

2)敢えて結びつかなくても事務所経営が成り立つ。

3)「魅力に乏しいサービス提供」と割り切り、「その場の奉仕」に努めれば事足りるとの認識。

先生は結論として、自治体法律相談が「粗悪なサンプル商品」的位置づけとなり、それが世の中に出回り続けることで、正規商品としての司法サービス本体に対する信頼を失わせる、と述べていらっしゃいます。

う~ん、この結論は司法書士にも十分あてはまりそうです。

以前に三条支部研修会で相談技法の研修講師をした時に、有料相談と無料相談では、対応を変えていると言い切っている司法書士さんがおりました。

無料法律相談はおざなりにやっていると宣言されているようなものです。

最後に、小佐井先生はその対策として以下のようなことを上げていらっしゃいました。

1)自治体法律相談を弁護士とのアクセス経路として機能させる仕組みを作ること

  紹介制度や直受け禁止の緩和

2)比較的少額・軽微なトラブルへの手当をする

 ペイしない事件でも、少額訴訟のガイダンスなどを丁寧に

3)自主的な紛争解決(まさにADRですね!!)を適切なアシストを得て行えるような仕組み・ネットワークの構築をする。

ADR普及へのヒントも頂きました。

この本には、他にも役に立つ調査結果が満載でした。新人研修の時にも、引用させてもらおうと思っておりますflair

AKAMATSUさん、ご紹介ありがとうございましたnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

和風料理

和風料理

先週は、所用があり、土曜日に料理教室に行きました。和風料理でした。

1.鍋焼きうどん

  寒くなってきたので、鍋焼きうどんが美味しい季節になったな~というところに、このメニューでした。

 今回はあご(とびうおの乾燥したもの)を使ってだしをきちんと取りましたので、高級感漂う鍋焼きうどんになりました!

2.豚肉おろし和え

 副題は「割烹のお通しをさりげなく」です。まさに、見た目も味もよかったです。

 味付けにナンプラーが入るのがミソです。

3.カキのきのこクリームソース

  れんこんとさつまいもは素揚げし、カキは小麦粉をつけて揚げます。

  その上にキノコを入れたクリームソースがかかります。簡単ですが”ご馳走”な雰囲気に出来上がりました。

  盛りつけも”吹き寄せ風”にして上品にshine

4.しょうゆ団子

  感想は、こんなに手間暇かかるものとは思わなかったcoldsweats01でした。

  白玉粉と上新粉にお湯を入れて練る→蒸し器で20分ふかす→ボールにとり、も地上になるまですりこぎでつく

 腕が痛くなりました。。。

 でも、焼きたての団子につやつやの醤油あんをかけて食べたら、すっごく美味しかったですhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

Magie Decoクリスマスコフレ

先日、早くもCOSME DECORTEのMagie Decoクリスマスコフレを買ってしまいました。

コフレとは・・・フランス語で宝石箱という意味だそうです。

かつて香水の小瓶などをパッケージした小箱がクリスマスプレゼント用にクリスマスコフレとして売り出されたようですが、いまでは限定品の化粧品をパッケージにしているものを指すように思います。

10月にお店に行ったときに紹介してもらい、あまりにラブリーだったので、即予約sign03

かなりの人気商品だったようで、予約しておいて良かったですheart04

たぶん、これらの商品は、クリスマスプレゼントのおねだり用(笑)だと思うのですが、私の場合、自分買いですsweat02

クリスマスにはちょっと、早いですが、アイシャドーもアイグロスも塗るたびに薔薇の香りがして、優雅で幸せな気分になりま~すheart

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月11日 (木)

生活保護研修会

昨日11月10日は、夜7時から新潟県司法書士会館で、新潟県青司協の研修会がありました。

内容は「生活保護」について

全青司人権擁護委員会に所属している山形県の早坂さんが講師でした。

昨日は風もおさまって、無事に到着されました。おとといでなくて本当に良かったです。

平日夜の研修会ということで、出席者は10名でした。

小さい会議室での講義でしたが、講師のすぐ近くで話を聞けるのは得した気分でしたhappy01

こじんまりした研修もいいな。

特に、生活保護支給額の計算方法を詳しく教えて頂けてよかったです。いままでカンチガイしていた部分がありましたsweat01

それから、タイムリーに来年3月に社会福祉振興助成事業で生活保護の研修があるとの連絡を頂きました。

ご興味のある方は、スケジュールの中に入れておいて下さいね!

  日 時  2011(平成23)年3月5日(土)PM~6日(日)

  会 場  新潟会館

12月に東京で同様の研修会があるようです。チラシはコチラ「221111.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

メディエーターになるためには何を勉強したらいいか?

ADRやメディエーションの勉強を始めた頃から変わらぬ疑問

それは・・・私は、メディエーターに向いていないのではないか?ということ。

それでは、向いていないことを前提に何を勉強したら効果的か?と考えます。

思いつくままに書いてみると

1.人間関係論

2.アサーティブ

3.カウンセリング(特にクレジットカウンセリングの本ではマイクロカウンセリングの知識が求められるようです。)

4.自分の考えを自分の言葉で適切に表現し、伝える能力を磨くこと

5.議論をかみ合わせるために、合意形成プロセスに関する勉強

6.ロジカルシンキング

7.交渉理論

8.紛争解決学全般

9.IPI分析

10.身体的機能、特に表現力の向上(表情も大事でしょう)

11.人間力向上

10や11のように形のないものになってくると、私のような未熟者には、だいぶ辛くなってきますweep

メディエーション自体が英語圏から来ていますから、ナラティブアプローチとか様々な概念の知識も求められるでしょう。

どの順番で何をどの程度、勉強したらいいのか?本当に困っています。

個人的なスキルベースの研鑽もままならないのに、組織運営もしなければならないので、私のような凡人には大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

改正貸金業法~11/8のNHK「あさイチ」

昨日の朝、NHKの「あさイチ」を見ました。

テーマは、”お金が借りられない!~貸金法改正5か月 主婦たちの悲鳴~”

事前に弁護士さんも司法書士でも、この番組に協力した形跡はなし。

通常は、○○弁護士さんが出ま~す、とか、△△司法書士が出ま~す、見てね!というアナウンスが、メーリングリストとかで回りますが、今回はなし。どんな内容かと思って見ていました。

感想はズバリ、がっかり。。。

しかも、間違った情報や誤解を生む内容満載でした。

改正貸金業法の主な内容は以下のとおりです。

1.上限の金利が低くなりました

2.借入をする方の収入金額を確認されることになりました

3.借入をする方の年収の1/3までしか借入ができなくなりました

4.「配偶者貸し付け」制度ができました。→借入をする方に収入がない場合、その配偶者の収入や借入に対する同意、婚姻関係を証明する書類などを提出すれば、借入ができるようになります。

 ところが大手のクレジット・消費者金融で、「4」の配偶者貸し付けについて、実施しないと表明しているところがあります。 

 つまり、専業主婦(収入がない場合)で、夫に内緒で借入をしているようなケースは、様々な問題が出てきます。

 ここで、これを機会に法律専門家に相談に行きましょう!となるのが普通だと思うのですが、

 あさイチでは、家計費が足りなくて、夫に相談することができない主婦が借金返済のために風俗に行く、というようなことを紹介していました。

言語道断punch

 なぜ、弁護士会や司法書士会、各市町村、財務事務所、労金などでやっている無料相談窓口を紹介しないのか?

 住宅ローンの返済のために、サラ金から借金がある場合、任意整理や住宅ローン特則付き民事再生があるという紹介をしないのか?

 ここからは、私見ですが、当事務所の依頼者で、依頼するまでの間に家計簿をつけていた方は皆無です。司法書士の債務整理作業で必要なのは、依頼者に家計簿の付け方と家計管理の仕方を教えることです。

 多くの依頼者の携帯電話請求額が高額だったり、我慢することが苦手なようで、倹約しているつもりでも、うまく行かないケースが多いのです。

 借金のない生活を目指すために、これまでの生活を見直す過程が大事なのですsign03

 そういうことをすっとばして、改正貸金業法で、ヤミ金が潤っているみたいな方向へ持って行くのは、腹立たしかったです。

 NHKという信頼をバックに、こういう情報を流されると、この誤解を解くのが大変です。

 より一層、司法書士会でも無料相談の窓口の広報をしなくてはいけませんねsign03

 新潟県司法書士会 多重債務ホットライン

 月~金 10:00~12:00 13:00~16:00

 電話番号 025-225-9333

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

ADR書式平成22年度版

今年は、ADRの実践をしていく中で、これまで使用していた文書(申込書、申込説明書、回答書等)の修正をしました。

自分でもどれが最新か?いちいち、いろんなホルダーを探すという不便の中におりましたので、今日は、それらの書類を全て見直し、平成22年度版として一つのホルダーに入れて整理するという作業を行いました。

にいがたADRセンターのメンバーにも完成版をメールで添付し、スッキリした気分ですhappy01

そして、新しい事例検討会用のシートも出来上がりました。

1.ケースマネージャーが説明する事案概要説明書 

2.各期日終了後に各担当者が記載する「ふりかえりシート」

3.全ての日程が終了した後に、上記ふりかえりシートを参照して作る「事例共有シート」

検討会当日に説明するのは、基本的に1と3になります。

今まで、期日後に記載するふりかえりシートがなくて、後日実施する事例検討会に向けて各自まとめておいて下さいね~とお願いするにとどまっていました。

調停終了後、時間がないと言うことで、すぐに帰られたり、ごく簡単に感想を言い合うだけで終わるケースがあったりと、せっかくの調停事例を咀嚼し切れていないのではないか?と考えましたので、記憶が鮮明なうちに、しっかり自分自身の言葉で、ふりかえりシートを使ってメモを書いておくことをお願いすることにしました。

次回、実際に使用してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月 5日 (金)

洋風料理~メインはコック・オ・ヴァン

昨日は洋風料理でした

昨日は洋風料理でした。しかも、盛りだくさんです!

1.地鶏の赤ワイン煮(Le coq au vin rouge)

  地鶏も盛岡(だったかな?)から取り寄せたもので、この辺で流通しているものよりかなりお高いものを使用しております!

  ソースに赤ワインとリンゴ酢そしてローズマリーが入っているので香り高い料理です。

  ガロニは、かぼちゃとブロッコリー、カリフラワーでした。

  フライパン1つでできるので、自宅でもチャレンジしてみます。

2.大根・リンゴのサラダ

  大根とリンゴ、なしを縦長にきり、ドレッシングを和えます。

  うん、普通!

  ただ、料理教室では最高級のオリーブオイルをふんだんに使っているので美味しいのです。

3.帆立・キャベルのカネロニ

  本来のカネロニは、パスタの一種ですが、今回は、それに変わってキャベルを利用。

  つまり・・・ 変わり種ロールキャベツ風です。

  中に巻く具にリコッタチーズを入れますが、今回は、それも作りました。

  (注:作ったのは校長先生。私たちは作り方を見てるだけcoldsweats01

  グラタン皿にロールキャベツ風を載せて、トマトソースをかけて、チーズもトッピング

  オーブンで焼きます。なんか、グラタン風にもなってますね。

4.栗はちみつケーキ

  栗とはちみつ入りパウンドケーキです。

  生地にシナモンとオールスパイスも入れたので、秋らしいケーキになりました。

  パウンドケーキは翌日が美味しいというので、半分持ち帰りました。

  今日のおやつに食べてみま~すheart

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

新版 事例共有シート

にいがたADRセンターで使用するための事例共有シートを刷新しております。

今年、センターに入ってくれた上越市のOさんに事案全体を理解するためのシートを作成してもらいました。

短期間でしたが、無事に仕上げてくれました。忙しいところ、ありがとうございましたhappy01

私の方は、各担当者向けのふりかえりシートを作ってみました。

他に何名かにご意見を伺って、良いものに仕上げていこうと思います。

Oさん、今度はスカイプで打ち合わせましょうね。

次回には、新しいシートで実施したいな。

事例検討会といえば、入江先生がお書きになった11月号の日本行政の記事を見て、外部トレーニングのトレーナーより 内部勉強会のファシリテーターの方が難しいという趣旨の部分には、非常に納得しました。

また、先週のファニーの例会で、東京からこられたファシリテーターの方が司会者とファシリテーターは別にした方がいいと話されていました。

特に思いが強い場合には、ファシリテーターが自分の考えに誘導する危険があるから、ということです。

前々からそうは思っていたものの、なかなか司会役の引き受け手がないのが現実でした。

しかし、今後は、役割分担をしっかりやっていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

新しい書類カバン買いました

スマートフォンを予約したのと同時に、いつも持ち歩いている書類カバンも新調しました。

今まで使っていたのが、ボロボロになっておりまして。。。

お客様の所や法務局、裁判所に行く時もちょっと恥ずかしいな~と思っていたのでした。

カバンに入れるものが多くて、軽くて丈夫なものを探しました。

そして、おっちゃんぽくないもの!!

もっともっと軽いのが欲しかったですが、前のより軽いので、よしとします。

P1020262

そして、軽いキャリーバックも欲しくなり、お店を見ていたら、すごく軽いのを教えてもらいましたsign03

名前もステキ

RIMOWA の”Salsa Air”

びっくりするほど軽かった(@_@)

一番小さいもので、パープルが欲しいけど、お店では品切れだそうです。。。

しかもお高い! 悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »