« Salsa Air買いました | トップページ | 社交ダンス体型 »

2010年12月15日 (水)

本音で話す

九州大学でロールプレイをした時に、自分が調停人をする時に、最初のあいさつで「本音で話して下さい」というのはやめようと思いました。

私が当事者役をやったロールプレイの登場人物として教師とその上司、父兄が出てくるものと会社の上司・部下というものがありました。

特に前者では、本当に本音を言ったら、とんでもない目にあうなsadとつくづくと思いました。

メディエーションをするからといって当事者が本音で話すことが解決につながるとは思えないし、逆に言えない立場もあります。

本音で話すことより、当事者が納得できるかどうかが重要かなとその時思いました。

不本意だけれど、私は譲歩する。

不本意だけれど、私は謝る。

こういうことは多いと思います。

それでもよいと思えるかどうかが大事なのではないか?

それとともに、司法書士がやる調停において、当事者は司法書士による圧力を感じているようだということも実践を通して気づきました。

・司法書士がこんなに来ている「その場」で本音をぶちまけて、ぐちゃぐちゃにすることはできない。

・司法書士の言う言葉について、本当はよくわからないけれど、質問もできない。

・その場では、わかったというけれど、本当は納得などしていない。

これらも私の予想ですが。

もちろん、私たちも何度も「わからないことありますか?」「何か心配なことはありませんか?」などと聞いていますが、言い出せないようです。

裁判所の調停でも、「調停人さんが言うのだから、合意します」というようなことは多々あるようです。

当事者が本当に真から納得してする合意って、数が少ないんだろうな~。

メディエーションを勉強している人は、それに近づけるように日々努力するっていうことかな。

|

« Salsa Air買いました | トップページ | 社交ダンス体型 »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/50308668

この記事へのトラックバック一覧です: 本音で話す:

« Salsa Air買いました | トップページ | 社交ダンス体型 »