« お手軽惣菜料理 | トップページ | コミュニケーション・トレーニング~感情・身体・言語 »

2011年1月31日 (月)

要件事実の基礎

平成23年1月29日(土)は、新潟市のガレッソホールで第5回会員研修会がありました。

内容は「要件事実の基礎」

講師は、弁護士で慶應義塾大学法科大学院教授の田中豊先生です。

田中先生は、月報司法書士でも2008年4月号から2010年9月号まで”<講座>民事訴訟の基本原理と要件事実論”という連載をなさっていました。

講義を受けた感想は・・・

やっぱり頭の良い人の話は、わかりやすくて面白いsign03

事前に「事実認定の考え方と実務」民事法研究会を予習しておくようにというご指示があり、該当部分だけ読んだのですが、くっきり・はっきり分かり易い説明で、当日の講義も楽しみだなと思っておりました。

411dalyf9sl__sl500_aa300_

要件事実は、特別研修の時に勉強したのですが、忘れている部分も多かったところ、先生の解説で再び思い出して、更によく分からなかったところの理解が進みました。

特に”せり上がり”について、よくわかっておらずぼんやりしたイメージでしたが、主張・立証場面で何をしたらよいかがはっきり分かりました。

先生からは、法曹会の「増補 民事訴訟における要件事実 第1巻」も参考にするようにという発言があったため、自宅に戻ってからさっそく該当部分を読みました。

せり上がりは、攻撃防御方法の避けられない不利益陳述、という表題で説明されていましたが、この説明だけでは難しすぎました。。。

”同時履行の抗弁権の存在効果をつぶす必要がある”という先生の説明を聞いた後なのでなんとかわかるかも、という感じです。。。

上記連載が単行本化されたということで、研修会当日、わざわざ民事法研究会の方が書籍販売に来ていらっしゃいました。いかに田中先生への信頼が厚いかわかりますね。

民事訴訟の基本原理と要件事実」 

00000850

講義が終わってから、先生の新幹線の時間まで少し、お話する機会を得ましたが、クレバーな方との会話って本当に楽しいですねheart

もっとお話ししたかったな~という気持ちになりました。

田中先生、貴重なご講義ありがとうございました。

|

« お手軽惣菜料理 | トップページ | コミュニケーション・トレーニング~感情・身体・言語 »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/50736071

この記事へのトラックバック一覧です: 要件事実の基礎:

« お手軽惣菜料理 | トップページ | コミュニケーション・トレーニング~感情・身体・言語 »