« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

レーザーポインター買いました

遅まきながら、パワポをリモコンで操作できる機能がついたレーザーポインターを買いました。

その存在を知ったのが今年の2月。おそっ

講演やプレゼン、研修などでパワポを操作する場合はパソコンの前にいて行うものだとばかり思っていたら、そうじゃないんですね~。

自分は離れたところにいて話しながら操作でき、”動きのある”プレゼンができるのです。

知らなかったよ---bearing

ということで、KOKUYOのレーザーポインターIC-GREEN forPC サシ-81Nを購入しました。

今年も新潟大学でADRを話す機会を頂きましたので、その時に使おうかなhappy01

今日は、低気圧が来ており午後からめまい。。。クラクラしながらも、面談を頑張りましたgood

今年の講義中は、めまいに襲われませんようにsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

中国・韓国料理~回鍋肉

中国、韓国料理

昨日は、中国・韓国料理でした。

1.韓国風スープご飯

  クッパですね。

  牛肉のうちでも「ブリスケ」という部分のかたまり肉を2時間煮込みます(昨日は先生がすでに作っておいてくれました、ラクチンshine)。

  そのスープに長ネギ、椎茸、卵を入れて味付けするだけ。

  ところでブリスケなんてところ、初めて聞きましたsign03普通に売っているのだろうか??

   クッパって意外に簡単にできるんだなと分かりましたよ~、すごく美味しかったので近いうちに作ってみよっと。

2.蛇腹大根の即席漬け

  蛇腹大根の切り方の勉強です。

  久しぶりに蛇腹大根切りました。うまく行かず、”あれっ、切れない”とか言っていたら先生がすぐそばに来て、熱血指導(つまり、怒られました(笑))を受けました。

  でも、これで上手になりました!

3.豚キャベツの四川風炒め(回鍋肉)

  本格中華です。美味しかったですhappy01

  ペキン鍋がほしくなります!

  豚バラ肉とキャベツ、ピーマン、長ネギ、にんにく、これだけなのに奥深い美味しさです!!

  キャベツとピーマンの下準備をするのが大事みたい。

  勉強になったな~

4.クリームフルーツカクテル

  フルーツを食べやすく切ったものに、カスタードクリームを混ぜるだけ。

  簡単です。

  問題は、カスタードクリームです。

  だまにならないように、焦げないように、鍋からクリームがはみ出ないように混ぜることsign03なかなか、難しいです。

それから、昨日は教室に入った途端に、3月27日の試験案内を頂きましたcrying

また、試験の時期が来ましたね~。今年はまだかなと思って油断していました。

今年は、”教師3級”

第一の課題は、「大根のかつらむき」です。いったいどのくらい練習したらできるようになるのでしょうか?(弱気です)

時間があるときには少しずつでも練習しなくてはなりませんね。

まずは、包丁を研がなくてはsweat01(へたなので道具が大事です)

他に課題料理が6つ

A-筍カレーオムレツとあさりスープナポリ風

B-てんぷらと菜の花の辛子和え

C-酢豚と大根のとろけスープ

どれがでるのか、分からないので全部練習しておかなくてはなりません。

家族の犠牲のもとに各2回ずつは練習したいところ。

間に合うかな???

頑張りますgood

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

メディエーション勉強会始めます

4月からメディエーションの勉強会を始めます。

第1回目は、平成23年4月5日(火)19:00~21:00

場所は、燕三条メッセピア 5階 ミーティングルーム です。

初回は、顔合わせと今後の勉強会の進め方がメインです。

アイスブレークは楽しいものを考え中ですheart04

メディエーションやコミュニケーションに興味のある方は、どなたでも参加できます。

お気軽にお問い合わせ下さいnote

チラシはこちら「h.23.4月_案内文.doc」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

調停センター研修会「一歩を超える勇気~夢を実現する力」

平成23年2月19日(土)は午後1時30分から、静岡県司法書士会館にて、関東ブロック司法書士協議会主催の調停センター関連研修会がありました。

第1部は、1:30~3:00まで、登山家の栗城史多氏の講演会でした。

「一歩を超える勇気~夢を実現する力」

事前に栗城さんの著書は予習済みですgood

栗城さんは、最近とみに、テレビ出演等が増えているようで、こんな小さい箱で講演されるのはあんまりないようです。とてももったいない感じ。

でも、個人的には間近でご本人を拝見することができて、ラッキーでしたheart

ご本にも書いてあるとおり、小柄な方でしたが、笑顔が素敵なハンサムさんでした。

この講演を企画され、栗城さんのBig funである芝さんは、ずっと目の中にheartheartheart

実現して本当に、よかったね~~。

第2部は、関東ブロック内にある各調停センターのプレゼン企画でした。

11単位会中、6単位会がそれぞれ個性的なプレゼンをしました。

このプレゼンは、事前に5つの評価基準[分かりやすさ、オリジナリティ(独創性)、組織への信頼感、市民の立場から利用してみたいと思うか、担当者の情熱]がありますとのアナウンスをもらっていました。

そこで、新潟の川嵜さんに相談したときには、分かりやすさ、独創性、担当者の情熱で高得点を狙おう!と打ち合わせていました。

当初のもくろみは、ある程度達成できたと思いますsign03川嵜さん、星野先生、ご協力ありがとうございましたhappy01

懇親会で美味しいものを食べ、大満足で帰って参りました。

そう、大きな収穫がもう一つ

山梨の大将・T野さんと誕生日が同じ事が発覚!びっくりしましたねeyeflair

誕生日のたびにT野さんのことも思い出しますね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

老舗のコラボ

今日の朝日新聞のファッション欄に「老舗がコラボ 究極のシルエット」というタイトルの記事が載っていました。

私の地元燕市の企業である玉川堂さんがフランスの老舗シャンパンメーカー”クリュッグ”とコラボしたシャンパンクーラーを全世界に向けて発売するという記事でした。

玉川堂の今、社長は中学校までが一緒の同い年なのです。

朝日新聞の記事には、クリエイティブディレクターの谷川じゅんじさんと一緒にシャンパンクーラーをもった玉川社長の写真も掲載されていました。シャンパンクーラーは色も形も美しく、ステキでした。

新潟県からでも、技術を活かして素晴らしいものを作れば、世界に発信することができるんだな~と改めて思います。

世の中のスピードはますます早くなり、情報発信力と受信力が大事になっています。

自分の目標を明確にして、それに向かってポジティブに進む力が大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

地元ラジオ番組でADR紹介

昨日、本会で会議をしていたときに、事務局に電話がかかってきて、今週土曜日19日のBSN(新潟放送)ラジオの番組で、にいがたADRセンターの紹介をしてもよいか?との問い合わせがありました。

毎週土曜日午前10:00から放送している「サタバナ」という番組です。

19日の放送では、元裁判所書記官の男性が市民向けの法律相談をするコーナーがあり、その中でADRの紹介をしたいとのことでした。

その元書記官さんからのお問い合わせでした。

県内の認証機関の他に、にいがたADRセンターも紹介してくれるそうです。

19日は静岡にいるので、聞くことができず、残念ですsweat02

どういう紹介のされかたをするかで、19日以降の問い合わせ電話の内容が違いますし、それに対するこちらの回答の仕方も考える必要がありますので、気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

新潟県司法書士会研修部会議

今日は、午後1時から4時まで、本会会議室にて、新潟県司法書士会研修部会議がありました。

次年度からは、これまであった実務制度委員会というのをなくして、研修委員会を作り直すことで理事会決定が得られたところです。

これまで実務制度委員会に属していた委員の方にも参加してもらい、次年度の研修計画について会議をしました。

初めに、研修委員会への改編について質疑応答を行い、今後も御参加頂けるかどうかの確認を行いました。

その後、研修企画の検討を行いました。

事前に準備してもらったものを各自で説明してもらいましたが、いままで理事だけで考えていたよりも選択の幅が広がり、良かったです。

さらに日程調整・担当者割り当てをして終了。

どこの単位会も会務に協力してくれる人を探すのは苦労しています。保守的な新潟県ではなおさらです。にもかかわらず、参加してくれる人たちって、有り難いなと思うと同時に今後の発展の可能性を感じます。

人間って、できない理由・やらない理由を探すのって、本当に得意ですよね。

このことは、ビジネス本や自己啓発本などでも散々書かれているところです。

今日もふと、AIアプローチ(組織の真価を肯定的な質問によって発見し、可能性を拡張させるプロセス)のことが頭に浮かびました。

ある目標に向かって、それができるためには、どうしたらよいか?を中心に考えます。

こういう考え方がもっと広がるといいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

怒らないこと

穏やかな人を観ていると、いいな~と思います。

ワタクシがかなり短気なのでsweat01

なんとか、気持ちを穏やかに保ちたいものだと思って、手に取った本がこちら

「怒らないこと」 アルボムッレ・スマナサーラ著 サンガ新書

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

これは基礎的な仏教思想の本です。

まずは、日本語で考える「怒り」以外にもパーリ語には多くの種類があることに驚きました。

・怨み~一旦生まれたらなかなか消えない。

・軽視する性格~自分を高く評価して、他人のよいところを軽視する

・張り合うこと~他人と調和して仲良くできない。いつも他人と競争

・嫉妬~他人のよいところを認めたくない。そのエネルギーを自分の内心に向けて暗くなる

・物惜しみ~ケチ。自分が持っているものを他人も使用して喜ぶのが嫌

・反抗的~人は完璧ではなく、他人から学んで成長するもの。他人にあれこれ言われると受け入れがたく、拒絶反応が起こる。

・後悔~過去の過ちを思い出して悩む

なぜ怒るのか?一番短い答えは、”自分が正しいと思うから”だそうです。

我々のエゴが怒りの原因となっていくようです。

つまり、エゴを捨てれば、楽になる・自由になれるということです。

それから怒ることがいかに自分に害悪をもたらすか、という記述があり、「怒らない人」「怒りの治め方」と続きます。

非常に納得できるのですが、実践は・・・日々、修行ですねsweat02

それから、印象に残ったのは、「言葉は正しくない」ということ

どんなに立派な人(お釈迦様)でも、完璧に話すことはできない。言葉自体が不完全なものだから、不完全な我々が精一杯に話したところで、これまた不完全な相手にうまく伝わる保証など、どこにもないというのです。

そういう前提ならば、さらに言葉を尽くすように努力しようと思いました。

こんなに丁寧に説明したのに、なんでわからないの?というエゴを持ちがちな私としては、目から鱗でした。

気をつけよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

新刊紹介「法律文書作成の基本」

田中豊先生の新刊書のご案内です。

法律文書作成の基本」日本評論社 3675円(税込み)

訴状、答弁書、準備書面、契約書といった法律文書の「書き方」を学ぶための、日本で初の本格的な「リーガル・ライティング」のテキスト。

この2月に発刊予定です。

発刊したら、早速買いますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和風料理 恵方巻

和風料理  恵方巻

今回は、和風料理でした。

1.恵方巻

 節分よりちょっと時期がずれましたが、来年に向け練習です。

 今回のレシピには具材がなんと8種類も入りますsign03

 ひじき、かんぴょう、干し椎茸、にんじん、くるみ、卵焼き、三葉、でんぶ 

 これらを全部当日作っていたら、夜中になると予想した和子先生は、「かんぴょう」と「干し椎茸」をすでに煮ておいてくれました。そして厚焼き卵も作っておいてくれました。

 よかった。。。これらが準備されていても、いつもより遅くなったのでした。

 各自、1本ずつ作ったのですが、要練習であることがよ~くわかりました。

 私のは・・・ひどかったsweat02

2.沢煮椀

  沢煮椀は、初めて食べました!生の野菜が椀種になっています。さらに牛肉を出汁で似たものも入ります。そこにすい地をはります。

 ウドとにんじんは、「かつらむき」にして千切りにします。私は、無謀にもウド担当。

 なかなか、長いかつらむきになりませんsweat01

 こちらも練習しなくては!

3.豚肉のロールクリーム煮

  和子先生のオリジナルです。

  豚肉にキャベツとはんぺんを入れて、巻きます。

  それをとタマネギをフライパンでナイスカラーに焼いてから、スープの中に入れて煮ます。

 あとで、牛乳と人参、じゃがいももいれて更に柔らかく煮込みます。

 仕上げにバターとカレールウを入れます。

 カレー風味のクリーム煮です。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

なぜそんなに熱心なのか?

「なんでそんなに研修受けるの?」

「なんでそこまで熱心なの?」

ということをよく聞かれます。確かにそうですよね~coldsweats01

趣味なんです(笑)

最近、ちょうどいい言葉を見つけました。

”アルバート・アインシュタイン”の言葉です。

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。

自分の無知に気づけば気づくほどより一層学びたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

自分から動く

愛媛和解支援センターの松下先生の話の中で、感銘を受けたことがありました。

それは、センター主催の研修会などの催し物の案内は、松下先生自ら各所持って行かれているとのことでした。

松下先生が行くことが大事なんですね。しかもセンター設立最初から現在までもずっとそうなさっているとのことです。

この”まめさと丁寧さ”が大事なんだな、と気づきました。

ということで、次年度ににいがたADRセンターで実施するトレーニングの案内は、大渕前会長とともに新潟県内の仕業団体に個別に持って行くことにしようと決意しました!

大渕先生のOKはもらっていませんが、きっと一緒に行ってくれます。というか、行ってもらいます!!(笑)

それから、また勉強会を復活させようと思います。

私の事務所の近くの会場を借りて、2ヶ月に1回程度の実施にしようと考えています。

基本的に火曜日の夜 午後7:00~9:30まで

今度は、司法書士以外の方にも積極的に声を掛けてみま~すhappy01

参加費は無料の予定。

松下先生を見習って、関川事務所で経費を持ちますsign03(全然額が違うので、比べ物になりませんがsweat01

また、事業経営に興味があるKさんに中心になってもらって、「ADRのビジネス事業化させるのはどうしたらいいか?」ということも検討していきたいのです。

にいがたADRセンターの資料を持って、メンバーのつてのある会社や団体へも直接、プレゼンに行くこともしたいな。

勉強会の名称も未定、案内チラシもまだこれから作るという段階ですが、やってみたいことをまずは書いてみました。言霊あるもんね。

新潟県内でメディエーションやコンフリクト・マネジメントに興味のある方は、是非、ご参加下さいませheart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天気予報ができる

昨日から、めまいがしていました。

今朝はそれほど天気が悪くないのに、なんか調子悪いと思っていたら、昼過ぎに突然雷thunderそしてアラレtyphoon

やっぱり。。。

天気図を見ると低気圧が二つもあるsweat02

これから雪も降りそうです。

天気予報より正確かもと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

全青司ADR事例検討会

松山に行った本当の目的は、こちら「全青司主催のADR事例検討会」です!!

今回は、以下の5団体で行いました。

1.愛媛和解支援センター

2.東京司法書士調停センター”すてっき”

3.静岡県司法書士会調停センター”ふらっと”

4.群馬司法書士会”かいけつ☆おさ丸”

5.新潟県司法書士会”にいがたADRセンター”

松山でやって良かった、というのが一番の感想です。愛媛和解支援センターの代表である松下先生以下、参加・協力されている方々全てが驚きと感動なのです。

・シニアなのに、チャレンジ精神旺盛で、しかも謙虚

・それぞれが自分のなすべきことを自発的にやっている

・金銭的な援助を惜しまない。2年前に行ったときに始めていった時の驚きほどではありませんが、センターがある松下ビルの充実ぶりは素晴らしいの一言です。

研究者として参加されている入江先生から、あまりの落差に自分の地元と比較しすぎないように、とか、安易に愛媛のマネをしようとは思わないほうがよいとのご趣旨の発言を頂くほどです(笑)

四国というお遍路の歴史がある土地柄からか、ホスピタリティー精神が伝統的にあるという点が根っこにあるようですね。

そのためか、いろんなところの気遣いも素晴らしいのです。

例えば、お茶のタイミング・出される飲食物のセレクトの仕方、愛媛の方の発言のタイミングや内容などなどです。

そんなこともあり、この検討会にいる方の表情が穏和になっていたように感じました。

ADRのことに関して言えば、大きな発見がありました。

司法書士がよくやる議論として評価型と自主交渉援助型の対立があります。新潟においては、自主交渉援助型(メディエーション)でやろうと思っていますが、トレーニングを受けた方でも評価したがったり、法律解釈に当てはめたかったりする方もいらっしゃるのが現実です。

これまで、そういう方については、「評価型をしたいんだ」と思っていたのですが、そうではなく、自己知識限定(あてはめ)型」だったんだ!と気づきました。(これは入江先生のご指摘から気づきました。)

自由な発想が苦手で、自分の知識の範囲内のみの発想しか出てこないが故の結果なのではないか?と思ったのです。

これは、レビン先生のトレーニングに行ったときに若干意識したことがありました。司法書士以外の方のアジェンダの立て方が新鮮で、私もそんな発想ができるようになりたいなと思った経験からも、すっと理解できました。

それから、愛媛の皆さんは「楽しく」がモットーだそうです。楽しくなければ続かないということで懇親旅行や単純なスキル開発だけでない幅広い内容での研修会、読書会を行っていると言うことです。そして、それを通じて、一番大事な”なぜメディエーションをするのか?”という理念の共有も図られているそうです。

そういう楽しい雰囲気の中で、ますます自由な発想が磨かれていくんだなとよく分かりました。

新潟に戻ったら、楽しく続けられる工夫を考えてみたいと思いました。

とにかく楽しい3日間でした。端から見ても「関川さん、元気だね」と言われるほどで、全青司のみんなからも愛媛の皆さんからもエネルギーをチャージしてもらいました。

皆様、ありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛県松山に行って来ました

先週は、4日の金曜日から愛媛県松山に行って来ました。

松山市にある愛媛和解支援センターで行われる全青司事例検討会に出席するためです。

新潟県から遠いので前日入りです。

ちょっと早めに松山入りして、観光しました。

まずは、坂の上の雲ミュージアムを見学。

NHKで3年に渡り、ドラマを放送しているのでタイムリーな感じ。

秋山兄弟のことはドラマを見るまで全然知らなかったのですが、ドラマで予備知識が入っているため、ミュージアムも楽しめました。

明治時代のことって意外に知らないことばかりで、”へぇ~”って驚いてばかりでした。

それから、近くの萬翠荘へ。洋風建築がステキでした。

愛媛県松山に行って来ました

その後で、道後温泉本館へ行きました。2年前には2階のお部屋に行きましたが、今回は3階のお部屋へ行きました。いつも混み合っているせいか、時間制限あり!というのがいさかかせわしない感じですね。

夜は、事前に地元の方からお聞きしていたお店へ行き、明日の段取りを確認した上で飲み会ですhappy01

イカのお刺身がとっても美味しかったです。

金曜日からすでに、大満足の旅ですup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

中立について

先日、トレーニングを受けた鈴木有香先生もブログを書いていらっしゃいます。

1/23のゆかぴー先生の記事に以下のような記述がありました。

ステレオタイプ的と言われるかもしれませんが、ちょっと、私がこれまで感じた業種別の共通点を出してみましょう。

    IT系企業の若者: 目を合わせない、声が小さい。人と関わるのが面倒なので、接触を極力避けようとする。曖昧な状況が苦手。短期に結果を出したい。

2)    外資系企業の人たち:自己主張がはっきりしている。とりあえず、自分の意見は言ってみる。人とつながりたい気持ちはあるけれど、全面的に人を信頼していいのかという迷いがある。

3)    司法書士: 中立という言葉を信じている。正しさ、論理にこだわる。身体感覚は閉じている傾向

4)    土地家屋調査士: 事例の文章より、参考に描かれている地図に注目する読み方に特徴あり。中立や正しさというものにこだわる。女性の視点が想像しにくい。

5)    保育士: 身体が解放されている。大人の視点だけでなく、子ども(弱者)の視点を想像しやすい。第一印象がやわらかい人が多いが、具体的に語るのは苦手。

6)    看護師:かなり冷静に自分の感情を抑制しようとする。ノートのとり方が詳細で速い。

  司法書士に関する内容は思い当たりますね~。調査士さんも納得ですね~coldsweats01

  先日のトレーニングの感想と「中立」について、”私たちが気にする”中立って、もしかしたら当事者はそれほど重要視されていないのかも、という趣旨のメールをゆかぴー先生に送ったら、御返事を頂きましたsign03

  その内容がまた、新鮮・感動!だったので、ご紹介します。なお、内容は先生の私見でいわゆる学術論争レベルの分析ではなく、経験論的に考えている部分でいらっしゃることを付言しておきます。

 ---------------------------------

  「中立」の問題は かかわり方の問題で、今、一般の人の意見とかを聞きなが
ら、けっこう日本人は「中立」という単語を聞くと、「どちらにもかかわらない」こ
とが「中立」と、とらえられやすいように思います。

  でも、孤高の調停者とかファシリテーターではなく、たぶん、「かかわり方」の問題
があると思いました。といって、客観的、数値的に「中立」なんて調べることができ
ないのも現実です。安易に当事者に肩入れするのも危険ですが、「中立」という抽象
的概念を信じるのではなく、この関係性において、当事者双方がまずは調停者を信頼
するという「中立性」を考えると、かなり主観的なものだと思うようになりました。

  私は「中立」、「客観的」、「科学的」、「論理的」というような言葉を聞くと、ど
うしても疑ってみる癖があるようです。結局こうした抽象的な言葉はみんな人々の主
観で判断されるわけじゃないかと・・・・。それで、個人、個人が、とても主観的、
感情的だという前提で人間をとらえたり、かかわり方、関係性というものを考えたい
なぁ!なんて固いことを考えているわけです。

---------------------------------

   自分の中の常識を疑い、様々な知識を学び、多くの人に出会うことは大切だなと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

スパゲッティミートソース

ミートソーススパゲッティ

昨日はいつもと曜日を変えて、火曜日に料理教室に行ってきました。

献立は洋風料理です。メインはスパゲッティミートソース。大好物ですheart

1.スパゲッティミートソース

  トマトソースは片手シチューパンで、肉と野菜はそれぞれ別にフライパンで炒めます。

  とろみづけの小麦粉+バターも別に作りました。

  こんなに手間のかかる物だったのか!!と驚きです。

  美味しかったけど、母が作ってくれるミートソースもやっぱり美味しいよねと思うのでした。

2.野菜スープ オレンジ風味

  減塩食の工夫のための献立です。

  塩を控えめにしても、オレンジを入れると風味が増して美味しく頂けます。

3.スティック野菜のアイオリソース

  ソースが絶品でしたhappy02

  大根も野菜も雪の下にある新鮮なものだったので、とっても美味しかったです。

4.生チョコカップケーキ

  ホットケーキミックスを使って簡単☆カップケーキです。

  上に溶かしたチョコレートを入れた生クリームを飾り、更にいちごもトッピングnotes 

  デザートは別腹でした(笑)

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »