« マインドマップを会議に活用 | トップページ | 我が家の自慢料理~ナシゴレン風焼きうどん »

2011年3月24日 (木)

東北関東大震災における無料相談活動について

全青司では、東北関東大震災で被災された方に対する無料法律相談の体制を整えているところです。

全国から智恵を結集し、よりよい相談を提供できるよう鋭意努力中です。

そんな中、考えたことがありました。

避難所等における無料相談をするにつき、「場作り」を工夫したらどうだろうか?

例えば・・・

○女性専用ブースを作る。そこでは女性司法書士が相談に応ずる。

○女性専用ブースでは、公民館なんかのパイプ椅子の上にピンクとか黄色とか明るい色のクッションを敷く。膝掛けを用意しておく。

○相談の間、お子さんを預かれるようにする。(保育・福祉関係の団体と連携をする必要がありますね)

○1本でよいから、お花を飾る。

○リラックスできるアロマオイルをコットンに含ませたものを足下に置いてみる。

○相談シートは手書き。お聞きした内容と回答をその場で書いたもの(もちろん、図や絵を入れて分かり易く!!)をお渡しする。シートには相談された方のお名前も入れる。

 つまり、その方のためだけに書いたような工夫をするということです。相談担当者の名前も書く(アイコン入りだとベターかも)

 司法書士側の控えは別に記載することになるでしょう。お渡ししたシートをデジカメでとっておき後でパソコンに入力すればいいと思いました。

○相談ブースの案内表示も手書き(カラフルに!大きく!)

などです。

これらがプラスに働くか、いまいち確証が持てません。。。

心理学をやっている方に聞いてみたいな。

 

|

« マインドマップを会議に活用 | トップページ | 我が家の自慢料理~ナシゴレン風焼きうどん »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/51204941

この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災における無料相談活動について:

« マインドマップを会議に活用 | トップページ | 我が家の自慢料理~ナシゴレン風焼きうどん »