« 巡回メディエーションの実施のための意見交換会 | トップページ | 小さいことを自覚する »

2011年4月27日 (水)

燕市第一避難所での無料相談 2回目

本日平成23年4月27日 午前9:30~11:30まで、燕市の第一避難所になっている防災センターにおいて、無料相談会を実施しました。

協力者は私の他3名です。T先生、I先生、M先生、ありがとうございました。

結果としては、本日の相談者は「なし」でした。せっぱつまった方がいないのは逆にいいことかもしれませんね。

この避難所の責任者である堀さんにお話を伺うことができました。

50_4   

 政府の発表により、南相馬市の中にも”緊急時避難準備区域”が設定されたため、自宅にもどるという方が増えてきたこと、また、燕市の雇用促進住宅などに引っ越された方もいらっしゃるとのことで、避難所にいる人数自体が減っています。

 「緊急時避難準備区域」においては、子供、妊婦、要介護者、入院患者の方などは、この区域に入らないようにとの指示があるために、小さいお子さんがいらっしゃるご家族や高齢者の方が多く残っているようです。若い方は仕事を見つけるために福島県の別の地域に移動しているケースも多いようです。

 相談もないので、ロビーの椅子で話しているおばあちゃんたちの輪に入れてもらい、こんな話を聴かせてもらいました。

・燕市の人はみんな親切で有り難い。

・別の避難所にいたときは冷蔵庫に入っているような冷たいおにぎりだったが、ここでは美味しいものが食べられる。新潟のお米は美味しい。

・タクシーも、医者に見てもらうのも無料で大変助かる。

 燕市民としては嬉しい限りですhappy01

ドクターが持ち回りで避難所に無料で往診に来てくれるとのこと。今日の予定にも記載ありました。先月来たときよりも充実しています!!

 50_2 

燕市の職員の他、南相馬市からの応援の職員の方も来ていました。可愛らしい女性たちですshine

70

 燕市では、総額1億円分の台所用品セットを東北3県にプレゼントする企画を実施しています。仮設住宅で生活を始める前に間に合うようにとの配慮があったと聞きました。被災地でお役に立つといいですね。

 県外の避難所にいるうちは、法的な問題はそれほど見えてこないのでしょう。

 なるべく考えないようにされているのかもしれません。

 これから、地元に戻られてから、問題が顕在化するのかな?と予想します。

 避難所にいる方の法律相談の需要は少ないことがわかりましたので、責任者の方にもし、質問などがあったらご連絡下さいとお伝えして失礼してきました。

 今後、本格的に法的問題への対処が求められるようになってから、現地に行くことが必要なんだなと思いました。

 今後、法律相談・メディエーションなどを実施するとして、ちょっと心配なのが、東北人気質のことです。

 思ったことをはっきり言えず、周囲に遠慮しがちで、困っていても相談しない傾向にあるのではないか?ということです。

 実際のところ、どうなんでしょうか?

|

« 巡回メディエーションの実施のための意見交換会 | トップページ | 小さいことを自覚する »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/51508210

この記事へのトラックバック一覧です: 燕市第一避難所での無料相談 2回目:

« 巡回メディエーションの実施のための意見交換会 | トップページ | 小さいことを自覚する »