« メディエーション勉強会 第1回目 | トップページ | 洋風料理~パエリア »

2011年4月 7日 (木)

心と体の反応

以前に受講した鈴木有香先生のコミュニケーション・トレーニングで、コミュニケーションとからだの関係について聞きました。

感情が落ち着いているときは言語操作ができるが、イライラしているときは心のままにぱっと言葉を発してしまう。

外からの刺激に対して、からだは無意識に反応するな~と実感した先日の勉強会でした。

気持ちが沈むと本当に思考が働きませんね。

実感しました。

コミュニケーションって、からだ全体を使って行っているものなんだなとも実感。

パーソナルファンデーションが悪いといい調停はできない、というのはメディエーションの勉強を始めたときに聞いた言葉です。

自分を平静に保つ訓練もいるようですsweat01

そんなこともあり、昨日手に取った本は

超訳 ブッダの言葉   編訳:小池龍之介(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

今売れている本みたいです。

前にジュンク堂でも平積みだったので買っていました。

どこかの宗教にはまっているわけではありませんので、念のため(笑)

|

« メディエーション勉強会 第1回目 | トップページ | 洋風料理~パエリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/51324330

この記事へのトラックバック一覧です: 心と体の反応:

« メディエーション勉強会 第1回目 | トップページ | 洋風料理~パエリア »