« ストーブの片づけ時期 | トップページ | 花盛り »

2011年5月11日 (水)

共感的に聴くこと

Tグループに行ってきて、気づいたことがありました。

それは、自分自身「共感的に聴くこと」ができていないこと、です。

全青司やあちこちで、いろんなトレーニングを受けてきましたので、ある程度、できるのではないかと思っていましたがこれは勘違いだったようです。

震災の相談の時にも、法律相談というより「聴く」姿勢を大事に、などと思ったり、言ったりしている訳ですが、なんと口幅ったいことを言っていたことかと反省しきりです。

心の相談については、専門家に受けてもらうことがいかに大事かわかりました。

臨床心理士さんも日々自己研鑽されているんですね。

6月に行う勉強会に、再度、「きくこと」のトレーニングを入れました。

Tグループに行く前にプログラムをだいたい考えていました。

何度も受けている司法書士には、「またか」と言われそうだなと思いつつプログラムを考えたのですが、今は「またか」と思うこと自体、まだまだ勉強が足りない証拠なんじゃないか?ぐらいに思います。

謙虚さが大事ですね。

|

« ストーブの片づけ時期 | トップページ | 花盛り »

ADRの実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/51641857

この記事へのトラックバック一覧です: 共感的に聴くこと:

« ストーブの片づけ時期 | トップページ | 花盛り »