« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

和風料理〜きのこあんかけ粥

和風料理〜きのこあんかけ粥

夏の疲れが出るのが9月ということで、疲れた胃腸のためのお料理です。

1.きのこあんかけ粥

  名前のとおりです。お粥の上に「きのこのあん」がかかっています。

  あんの具は、しめじ・干し椎茸・にんじん・とうがんです。これを醤油味に。

  最後に針生姜をのせてできあがりです。上品なお味。

  確かに疲れた時にいいですね。

2.赤ずいきのくるみ酢

  ずいきは八頭の茎みたいなものです。

  ずいきの皮をむいていたら、手がかゆくなりました。。。

  山芋よりはましでしたが、これからはずいきにも気をつけようっと。

  定番の酢の物の上に、贅沢にも胡桃酢をかけましたshine

  綺麗な赤色に胡桃酢・・・美味しかったです。

3.里芋の揚げ出し

  こちらはまた、更に上品度がUPしました。

  里芋を煮ます。それに小麦粉をつけて揚げます。

  里芋の他にオクラとエビも盛りつけました。

  大根おろしと柚の千切りをのせ、最後にそれにお出汁をはります。

  幸せな味shineheart

  余裕があるときに作ろうっとhappy01

4.鮭のゆあん焼き

  要するに、焼き浸しでした。

  浸す出汁に柚の絞り汁を入れると美味しくなりました。

  このお料理の付け合わせに「筆しょうが」を作ってみました。

  小さくて赤色に着色された生姜がさきっぽにあり、グリーンの茎がついているアレです。  

 自分で作れるものだったのね。。。

 そして、包丁で床屋さんのマークみたいに切り込みをいれるのか。。。

 難関でしたcoldsweats01

 ゆあん焼きは作れそうなのでよかったsign03  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

不動産登記の講師依頼

地元の金融機関から、10月29日(土)に不動産登記研修の講師依頼を頂きました。

最近、金融機関に行くと、融資窓口には若い方が多く、しかも、必要書類が何かを知らない方も多く、ほとんど登記のこと知らないのではないか?と思うことがありました。

実際、金融機関側でも登記仕事が減って、若手が登記に接する機会が少ないという話も聞いています。

そんな背景での講師依頼です。

時間は90分。

昨日は、研修担当者に事務所に来て頂き、打合せをしました。研修に盛り込んでほしいという内容や進め方を確認。

ちょっとパワポを作り始めたのですが、対抗力と公信力の説明でどこまで説明したらいいのだろう?と悩み、用語(例えば、権利者・義務者・設定者)って、どこまで知っているんだろう??と悩む。。。

知っているだろう・・・は危険ですよね。

”基本”をお願いします!と言われているので、わかりやすくしようとは思いますが、どこまでかみ砕くべきなのか?ちょっと悩みますcoldsweats01

新しい制度との相違点などは自分の考えの整理にもなるので、ちょうどいいかな。

来てもらった方に満足頂ける内容になるように頑張りますgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

第4回メディエーション勉強会

10月22日(土)午後3時から、第4回メディエーション勉強会を行います。

場所は、前回と同じく松山税理士事務所様です。

参加費は500円です。

今回は”言葉の使い方”について考えてみようと思います。

どなたでも参加できますsign03

今回は、勉強会終了後に懇親会もありますのでお楽しみにnote

最近新しくできた居酒屋さん”権十楼”です。下見も行ってきました(笑)

チラシはコチラ「h.23.10月_第4回案内文.doc」をダウンロード

お気軽にお申し込み下さ~いhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

研修会の準備

今日から、ベテラン補助者さんが復帰してくれましたhappy01

本当によかったheartこれで仕事に余裕が出ます。

そして今週末にある新潟県司法書士会主催のADR研修会の準備に力を入れられますgood

2年前にコミュニケーション入門ということで南山短期大学名誉教授の星野先生をお呼びして二日間の研修を行ったときには初日70名くらいの参加がありました。

今回の研修も、”ADR”とは書かずに「トラブル解決力アップ」という表題をつけたのに、迷いながらも認証後の名簿登載要件に該当します、と案内文に書いてしまったのが悪かったのか、23名の申込みでした。

ただ、県内の他士業にご案内したところ、行政書士会さんから3名おいで下さるので、ほっとしていますshine

研修内容も、コミュニケーションの基礎なのに。。。

特に気になるのが、若手の参加は研修担当者のみということですsweat02

昨年の日米ADRシンポジウムで岡山弁護士会の鷹取先生が、若手の弁護士さんに「ADRは人間成長の役に立つよ、と言ってもウケが悪い」とおっしゃっていたのを思い出します。

すぐに仕事に直結することでないと、研修に来ないんですよね。

司法書士もサービス業だと思うんだけどな~。感じのいい先生のところに、お客さんも行きたくなると思うんだけどな~。

それより、なにより、ADRに関する研修に行くと、なんか面倒を頼まれそうという悪い予感を抱かせているのではないか?もしくは、特定の人だけがやっている特殊なことだから関係ないと思われてるのではないかと心配です。

貴重な若手の方には、仕事にもプラスになる副次的効果があることを体感していただけるといいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

第4回認証ワーキングチーム会議

連休初日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ワタクシ事務所におります。この1ヶ月なんだか慌ただしくて、事務所の中がちょっと雑然としています。昨日は会議があり、バタバタと出かけてしまったので、今日は残務整理デーです。

とはいうものの、昨日の夜からちょっとウキウキheart

連休っていうだけでなんだか嬉しい私です。

さて、昨日は第4回認証ワーキングチーム会議があり、本会へ行きました。

今回は、運営マニュアルの検討です。

前回の終わりに各メンバーに宿題を出したところですが、真面目な方ばかりなので、キッチリ期限を守り仕上げてくれていますsign03素晴らしいですねshine

昨日一日でマニュアルの検討をして、時間があったら手数料規程の検討をする予定でした。

しかし・・・

運営マニュアルが半分しか終わりませんでしたsweat01

いえ、もう半分も進みました(笑)そして、メンバー全員がの理解がどんどん深まり、良いアイディアが浮かび、条文も洗練されていっていると感じますshineshine

実際、センターの基幹部分である、運営規程・手続実施規程・運営マニュアルが終われば、かなりゴールに近づいているのです!

次回は10月21日です。皆様、宜しくお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

全青司静岡全国研修会

9月17日(土)~18日(日)は浜松で、全青司静岡全国研修会が開催されました。

新潟県からは10名くらいの参加です。

基調講演は、野々山宏先生より「消費者問題と消費者行政の現状と課題」についてでした。

司法書士の職責として、社会的問題を発見し、それに対して問題意識を持つこと、そして法のスキマをぬうような被害の場合は、そのスキマを見つけ意見を出していく姿勢を持つことが必要である、というようなトピックをお話下さいました。

漫然と仕事をするだけではなく、そういう姿勢をもつ司法書士になりたいものです。

1日目の分科会は、「サイト詐欺事案に関する実務的対応」を受講

悪質商法に熱心に取り組んでいる全青司メンバーからのお話は、とても勉強になります。それとともに、悪質商法に取り組むには勇気と気概がいるな~と思います。解決困難事例が多いし、被害回復も難しい。しかも報酬も安い。

私は競馬必勝法でくじけたことがありました。今度は、最後まで頑張ってみたいです。

2日目は、ADR推進委員会で分科会を持っているので、そちらに参加。

8月に静岡に打合せに行った後は、電話とかメールで準備していました。

私の担当箇所は、二つあるディスカッションの部分です。東京の大古田さんにもお手伝いしてもらって助かりましたhappy01

はじめのディスカッションの前に、ちょっとアイスブレークをしたのですが、なかなか思い通りに行かないものですね。ちと焦りましたsweat01リハーサルって大事ですね。

その後、委員長より被災地での巡回相談の変遷について説明をして頂きました。

休憩の後に二つ目のディスカッションです。こちらは、ワールドカフェ方式で実施。簡単なやり方とエチケットについて手書きの説明書きを用意しましたが、会場の関係で見えにくいとマズイと考え、パワポでも用意。結局、両方使用しました。

参加者の皆さんも、楽しそうに話して下さっていたし、最後のプレゼンもそれぞれ工夫されていて面白かったし、ホントよかったですsign03

終了後のアンケートでも好評な意見が多かったみたいでほっとしました。

また、ワールドカフェのルールやエッセンスを教えてもらいたいとの問い合わせもあったようで嬉しい限りですheart

分科会が成功したのも、ADR推進委員会みんなの力を合わせた結果ですねshine

皆様、本当にお世話になりました。

全青司静岡全国研修会

全青司静岡全国研修会

最後に、静岡県青司協の皆様、本当にお疲れ様でした。

そして、素敵な研修会を企画・運営して頂き心から感謝していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

明日から全青司静岡全国研修会

9月17日、18日に静岡県浜松市にて、全青司静岡全国研修会が開催されます。

こういう大きな研修会を企画・運営するのは、ものすご~く労力がかかります。

2年以上前から準備が始まり、各地でアピールをし、企画を考え、会場も準備。研修に携わっている皆様のご苦労が忍ばれます。

実行委員長はじめ主要メンバーはこの1週間ほとんど寝ていないのではないか?と心配です。

私は、仕事の都合で明日の午前中に浜松入りですが、多くの参加者さんは、全国から浜松へ”移動”の金曜日になっているハズ

ADR委員会のみんなにも会えるのが楽しみだなheart

私は2日目の分科会で担当する箇所があります。参加される方に楽しんでもらえると良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

事務所がキレイになりました

ようやく事務所の工事が全て終わりました。

外壁をキレイにすると新しい建物みたいにみえますねshine

満足ですhappy01

H23915_25_3

面談室も使えるようになったので、新しい絵を購入してみましたheart

H23915_25_4

ホワイトボードも買おうと思っていますが、サイズをどうしようか思案中。。。

私の執務室としても使うかもしれないので、デスクトップパソコンも置きたいな、でも部屋が狭くなりそうだし。。。

まだ、いろいろ悩んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

洋風料理〜ピッツァ・カプリチョーザ

洋風料理〜ピッツァ・カプリチョーザ

今回のメインは、手作りピザです。残念ながら教室では生地を自分で作ってみることはできませんでした。いつか自宅で試してみます!

1.ピッツァ・カプリチョーザ

  カプリチョーザとは、イタリア語で道化師という意味だそうです。では、なぜこのピザが道化師という名前なのか?は聞くことができませんでしたthink

  ピザ生地は、発酵が必要なので、当日仕込んでも間に合いません。そのため今回は先生が事前にしこんでくれたきじを使って焼きました。

  生徒の中から2人をピックアップして、作った生地は翌日水曜日のクラスが使う生地になるとのことです。なるほど。

 トマトソースも手作りしました。ホールトマトとにんにく・赤ワイン・ロリエを煮ます。

 私は生地をのばす担当をさせてもらいましたが、なかなかキレイにのびません。。。

 手粉が多すぎるとおいしくなくなるし、やっぱり練習が必要みたい。

 手間をかけて、いろんな食材を載せたので、とても美味しいピザでしたhappy01

2.イタリアン・ポトフ

  今回の特徴は、スペアリブを入れることです。

  最初に作って、ずっ~と煮込んでいたので、こくが出て美味しいポトフになりましたheart  

    ここでもホールトマトを使用。スペアリブをフライパンで焼くときに一緒に入れたにんにくもポトフの中に入れます。

  あとはお好きな野菜なんでもOK。

3.水菜・ホタテのサラダ

  ホタテと梨、トマトを0.5㎝角に切って、ドレッシングの半分くらいと和えます。

  あれば黒オリーブも入れると美味しいです。

  水菜を1㎝くらいのざく切りにしたものの上に、上記のものを載せます。

  最後に残ったドレッシングを回りにかけます。

  梨の甘みがホタテと合って美味しかったです。

   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

<予告>第4回メディエーション勉強会

第4回メディエーション勉強会の開催予告です。

日時   平成23年10月22日(土) 午後3:00~6:00

場所   松山税理士事務所様(燕市井土巻4-121)

内容   言葉の3つのレベル 

      パラフレーズ

参加費  500円

今回は、勉強会終了後に懇親会を開催します! 

案内文が出来次第アップしま~すhappy01

佐藤先生、お待ちしていますねheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラブル解決力アップ講座を開催します

10月1日~2日、新潟県司法書士会主催で「トラブル解決力アップ講座」を主催します。

場所は、燕三条地場産業センター メッセピア 5階

両日とも10:00~17:00です。

講師は、鈴木有香先生

今回の講座は、新潟県内の他士業(弁護士会、土地家屋調査士会、行政書士会、社労士会)にも案内を出しました。

行政書士会と社労士会はすでに認証も得ていますので、各会との情報交換もできればいいな!ということと”多様性”の確保です。

いつものメンバーではダレそうだし、新鮮みがないですもんね。

県外の単位会にも日司連ADRメーリングリストを通じて案内しました。

多くの方が、いろんな所属から、来て下さると嬉しいなheart04

更に言えば、誰でも参加OKにしたいくらい。

しか~し、そこは司法書士会でやる以上、いろんな事情があり難しいのですsweat02

懇親会は、近くの居酒屋ではなく、知り合いの料理屋さんにするつもりですshinebottle

ちょっと遠いのでバスbusで送迎してもらいます。

全国からも多くの皆さんの御参加をお待ちしていますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

お手軽惣菜〜さんまの有馬煮

本当なら、今日明日は気仙沼にいる予定でした。

残念ながら、体調不良のせいで、キャンセル。アレンジしてくれたMさんには、ご迷惑をお掛けしてしまいました。ごめんなさいでした。

最近夕方になると、すっかりエネルギーがなくなり、くったりしています。。。

料理教室も休もうかなと思ったのですが、いや栄養つけなくてはsign03と思い直し、少し横になり栄養ドリンクを飲んでから行ってきました。

簡単な料理で、同じグループのお友達の援助もあり、なんとか行って帰ってくることができました。

結局、昨日で事務所の工事が終わらず、今日も事務所に来ています。そんなことでブログも更新。

お手軽惣菜〜さんまの有馬煮

1.生春巻き ベトナム風

  2種類作りました。

  一つは、春雨・万能ネギ・青じそ・えび

  もう一つは、焼き豚・レタス・胡瓜・シャンツァイ

  たれにニョクマムを入れて、ベトナム風になりました。

2.さつまいも、爽やか煮

  白ワインとグラニュー糖、そしてレモンを入れてさつまいもを煮ます。

  レモンが入るので爽やかなのですshine

3.さんまの有馬煮

  有馬が山椒の名産地ということで、山椒を使った料理に「有馬」という名前がつくそうです。

  今回は、直火と圧力鍋の2種類の方法で作ってみました。

  見た目は、直火で作った方が”テリ”も出て美味しそうですが、圧力鍋の方は、骨まで柔らかくて実際に美味しかったです。

  みりん・砂糖・醤油・みそで煮ました。

4.ヨーグルトゼリー ベリーソース

  飲むヨーグルトを使ってゼリーを作りました。ベリーソースを載せて、さらにカットフルーツを盛りました。

  特にゼリーにしなくてもいいかなという印象(笑)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

助っ人事務員さんをお願いしました

補助者さんが長期に休んでいるため忙しくてブログの更新がしばし、ストップしてしまいました。

しかも9月・・・台風typhoonの季節はちょっとツラいです

新潟県でも一人でやっている司法書士さんも多いし、なんとかなるだろうと思って、頑張ってみましたが10年もいる補助者さんがいなくなるというのは想像以上のダメージでした。

戸籍とか久しぶりに自分で取りに行ってみましたが、戻ってきて足りない物があることに気づく。。。

登記原因証明情報の表紙を印刷しようとして、ミスするし。。。

う~ん、こまごましたことまで全部自分でやるのって大変ですねsweat02

気持ちも体力も余裕がなくなり、これではマズイと考え、明日から助っ人事務員さんに来てもらうことにしました。

あとちょっとで外壁塗装も終わります。

気持ちを立て直して頑張りますsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)

9月1日から原子力損害賠償紛争解決センターが受付を始めたそうです。

東京電力と被災者との間で損害賠償額等についての話し合いの仲介をする機関で、3ヶ月程度の解決を目指すとのことです。

原子力損害賠償紛争審査会の中に設置された機関で、具体的な場所としては東京都港区新橋1-9-6(COI新橋ビル3階)です。

仲介をするのは、主に弁護士さんです。

本当に被災者のことを考えるならば、東京だけでなく福島県内でも申立を受け付けられるようにするのが本当だろうと思います。この点は改善してほしいです。

仲介をする弁護士さんの力量が問われますね。

朝日新聞の記事によれば、仲介をする弁護士さんは現在約100名だそうです。

登録されている弁護士さんが、話し合いの仲介をするにつき、特別な研修を受けることはないでしょう。

しかし、これまでの経験上、紛争当事者の間に中立・公正な立場で入り、双方の話を円滑に進める技術というのは、どんなに優秀な方でも特別な訓練がいるのではないかと思っています。

本当の意味での民間のADRセンターではないので、国が行うADRに近い運用(あっせんなど)になるのではないかと予想しています。

今後の運用がどうなっていくか、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »