« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

認証書類について日司連とテレビ会議しました

今日は、午後1:00~2:00まで、日司連の常任理事さんと新潟県司法書士会の認証規程類について、テレビ会議をしました。

四谷、上越、私の事務所の3次元中継です。

音声がちょっとハウリングしたりして聞こえずらかったりすることもありましたが、なんとか協議できました。

常任理事さんもおっしゃっていましたが、やはりメールだけだと意思疎通は難しいですね。

テレビ会議をして、いろんなことがハッキリ・スッキリしました。

あぁ、気分爽快ですhappy01

皆様、お忙しいところありがとうございましたsign03

そして今回は、O元会長に私の事務所に来てもらうことができ、事前に打ち合わせもできましたので順調だったのだと思います。

O先生ありがとうございましたnote

しかも、O先生・・・常任理事を”ちゃん”づけでございます(笑)

さすが、本会・日司連・ブロック会とすべてを知り尽くした男。。。

今後とも頼りにしてま~すheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

コーチングマネジメント 続き

Dsc_0199

Dsc_0201_3


コーチングスキルの最も大事なところ

それは「承認」です。

これは心理学的にも様々なところでその重要性は言われていますね。

マズローの欲求階層論でも承認欲求があげられています。

しかし、ここで注意しなければならないことが「うその承認はダメ」ということです。

上司やリーダーになりたての人がやってしまいがちなのが、おだてる”飴”型アプローチだそうです。

背景にあるのが、嫌われたくない、人気取りをしたい心理だそうです。

そうするとおだてられた側は、上司の足下を見るようになるし、わがままになるとのことです。

う~ん、過去に経験がありますsweat02

本当は、まだまだ未熟と思っていても、なんとか無理に褒めていた。。。

そうすると、「万能感がふくらむ」のだそうです。

この万能感がふくらんだ人って、これまでの生育過程にも何かあるんだろうなとも思います。

○王○紙の事件って、まさにこういうことかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

成果が見える!コーチング マネジメント

2月26日(日)は、新潟県女性財団主催の「成果が見える!コーチング マネジメント」講座に行ってきました。

講師は、有限会社MAX・ZEN 代表取締役丸山結香さんです。

午前10:00~午後5:00まで 

何かコーチングのトレーニングもあるのだろうと思って参加しましたが、女性財団の講座では初めての全て座学講義でした。

でも、盛りだくさんの濃い内容だったので、充実した1日でした。

なぜコーチング マネジメントなのか?

仮に自身が組織のマネジメントをする際に、相手との係わりの途中で「コーチング」スキルを使うと良い、ということではないかと理解しました。

このことは講義の最終版「スキルとモチベーションから見る、部下の指導法」のところでご説明があったように思います。

そしてこの時の講師の一言が忘れられません

「伸びる人しか伸ばせない」  納得です

丸山先生は、いまは”成熟社会”となり、”適者生存”の時代である、だから”ニューリーダー”が求められているとおっしゃいます。

ニューリーダー像は、変革を促進し、チームを後ろからサポートして全員をリーダーにすることができる人材、とのことです。(関川要約)

このニューリーダーの5つの資質とは・・・

1.高度な(ココがポイント!)コミュニケーション能力と人間関係構築力

2.リーダーシップ能力

3.コーチング~マネジメント能力

4.任せる力

5.高い思考力(判断力、問題解決能力、プランニング力)

そして、ふと周りを見渡すと・・・

こんな大変なリーダーの役回りを引き受けようとする気概のある人自体が減っているんじゃないかな?

ひたすら責任のある役職から逃げようとする人が多い気がするsweat01

しかも司法書士業界は、丸山先生が最上段にあげる条件である「高度なコミュニケーション能力」のスキルアップについては、興味がない人が多いです。

でもますます多様化して、変化が激しく不安が多くなる今は、そのスキルが一番に求められているんだなということがわかりました。

私も時代に取り残されないように頑張らなくてはsign03と思いました。

今回も女性財団の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

石油かぶる事件!

昨年から続いている”モノが壊れる件”

今年の最初は、ドライヤーでした。

そして昨日は、石油ストーブが動かなくなりましたbearing

もう15年近く?使っているので、寿命です。

ということで、新しい石油ストーブを買って灯油を補給していたところ、灯油があふれてなんと顔にビッシャッリかかってしまいましたcrying

慌ててクレンジングしたり、シャンプーしたり。

ただでさえ衰え気味なのに、皮膚に影響でないか心配ですsweat02

目にも入っちゃったので、何度も洗ってもう大変。

洋服も洗わなくちゃいけないし、悲しい気分ですdown

床の掃除は・・・・あとにしよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

メディエーション勉強会がありました

18日(土)は第6回目のメディエーション勉強会の日でした。

開始は午後1:30~でしたが、午前中にH先生とTさんが私の事務所に来てくれました。

先日の全青司中級編トレーニングのことや新潟県の調停センターのことについて、いろいろと話をすることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

この3人ですと共通の認識・基盤があり、非常にラクチン!お互いに共感を持って話をすることができます。こういうことができるようになって本当に嬉しいですshineshine

ランチは近くのお店~六朝館 ~へ

先日、お店の中にある美術作品が変わったと知ったので、行ってみたかったのです。いつもながら素敵な作品ばかりで目の保養もできましたhappy01

さて、勉強会のほうですが9名の参加でした。

内容は、ふりかえり・フィードバックについて考えてみた後に、前回に引き続き、調停ロールプレイをしました。そしてふりかえり。

今回は、どのグループも30分ロープレができたようで、前回より進歩されているな~と実感。

この2月の勉強会の終了をもって、1ク-ルなんとか運営することができました。

4月からは、隔月第2木曜日午後7:00~9:00ということにし、日程を確定。(但し、来年2月は冬休み!)

ファシリテーターを他の方にもやって頂くことにしました。近日中に打合せもします。

今年1年も皆様よろしくお願い申し上げますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

「7つの習慣」はメディエーションの実践を推奨している!?

先日、とぎれとぎれになりながらもやっと「7つの習慣」を読み終わりました。

7つの習慣―成功には原則があった!

面白かったな~

一番印象に残ったのは、「第六の習慣 相乗効果を発揮する」の項です。

夫婦間の争いに第3の案を探し出す、とか、法廷闘争になっている企業どおしの紛争を著者のコヴィー博士が仲介して話し合いで解決した、みたいなことが書いてあるのです。

後者のトピックスの最後には以下のような文章があります

「法廷を活用すべきでないと言っているのではない。ある状況においては必要不可欠なこともあるだろう。しかし、それは最終手段であって、最初から取るべき手段ではない。なぜなら、早い段階からそういった解決策に走ると、恐怖と法律のもたらすWin-Loseのパラダイムによって、相乗効果的でない行動や思考を促してしまうからである。」

そうですsign01そのとおりですsign03

この本を読むとメディエーションをするための心持ちというか、自分の中での考え方の醸成ができるなと思ったのとともに、この本を企業さんへアプローチのとっかかりとできないかと思いました。

「7つの習慣」はビジネスパーソンの中でかなり読まれています。

これに関する勉強会なんかもあります。

つまり、この本を読んでいる人は、メディエーションは知らないけど、メディエーションとはどういうことをするのかということを理解しているということではないでしょうか?

そこで企業さんへのアプローチとして、この本の中身を例に挙げて説明すると理解が早く、メディエーションの普及に役立つのではないかと考えた次第です。

どこかで試せる機会はないかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

日本ファシリテーション協会に入会しました

先日のファシリテーションにいがたの例会の時に、ファニーメンバーより「今年はファニーで運営側をやってみませんか?」とのお誘いを頂き、参加することにしました。

まずは日本ファシリテーション協会に入会する必要があるということで、昨日、入会申込みをしました。

その上で、来月にある企画会議に参加させてもらうことになっています。

ゆかぴ先生によれば、メディエーションとファシリテーションは似ているとのことなので、こちらでもしっかり勉強してメディエーションのスキルアップを図りたいです。

ファニーの皆様、わからないことばかりでご迷惑を掛けることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

花粉症の季節

風邪がなかなか治らないのか?花粉症が始まったのか?と思っていたところ、花粉症である母が花粉症が始まった気がするというので、後者だろうとわかりました。

そして今年はついに父も70歳を過ぎて花粉症デビューしちゃったようです。

本当に花粉症って突然発症するんですよね。

これで、母、私、妹、父と家族全員花粉症ですcoldsweats01

昨日から薬を飲んでいるのですが・・・眠い。。。

3月の最盛期に向けて、ツラい季節が始まりますsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ピア・メディエーション

この前の日曜日の朝日新聞に「子ども同士のもめ事 大人の力借りず話し合い」という記事が載っていました。

大阪府寝屋川市の小学校で実践されているピア・メディエーションの紹介がありました。

記事によれば2002年から日本ピア・サポート学会がこの手法を日本に紹介したとありますが、まだ今年で10年目なんですね。

3年くらい前に、東京であったアサーティブのトレーニングに参加した時、たまたまご一緒した新潟県の小学校の先生がピア・メディエーションを実践しようとしたけど、とても無理でまずはアサーティブから始めようと思って参加した、というのをお聞きしたことを思い出しました。

今は、新潟県でもピア・メディエーションを始めることができているのかな?

九州の方でも研究・実践を行っていると聞いた記憶があります。

年を経るにつれ、少しずつだけれど日本でいろんな形でメディエーションが知られてきていると実感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月13日 (月)

全青司ADR中級編トレーニングに参加

平成24年2月10日(金)~12日(日)までの三日間、全青司主催のADR中級編トレーニングに参加しました。

今回は受講生です。

これで中級編を受講するのは3回目でしょうか。

過去の中級編とはかなり内容も変わっており、勉強になりました。

今回は、トレーニングの途中で私の発言について先生より、厳しい指摘を頂く機会があり、自分自身の問題点が参加者全員の前で明らかにされるという経験をしてしまいました。

指摘を受けた点は過去にも、言われたことがあったので、今回厳しく言われたことで、身に染みました。

これまでメディエーションの勉強を続けてきましたが、自分はその能力がないことを意識しながらの勉強です。なんとか何か身につく良い方法はないか?と探してきたのです。

一方、一般的な司法書士に比べると比較的長くやっているために周囲から「できるだろう、わかっているだろう」との期待を受けてしまいます。

実際には、そんなことは全くないわけで、今回のように指摘を受けてしまう状態です。新潟県においても自分が中心になっていることに罪悪感を感じているわけです。

今回のことで、早く認証手続を終了し、調停センターの事務長を別の方に交代する手配をしなくてはと改めて強く決意しました。

また今回のトレーニング  では他者を鏡に自分自身を見ること、そして自分の中に他者を見ることを強く意識できました。

平気でやっていることが他者から見ると実は・・・という状態って本当に怖いなあと思います。

平行して想起したのは、星野欣生先生がお書きになった「フィードバックは成長の鏡」という小講義とTグループでの経験です。

中級編を受ける前に、今週末に行うメディエーション勉強会の冒頭に「フィードバックについて考える」というのをやろうと星野先生のテキストを見直していたところでした。

多くのことを気づくことができた3日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

明日から3日間雪のないところへお出かけします

今日も雪です。

昨日からずっと降り続いているようで今朝も事務所の駐車場の前にはたっぷり雪が積み上がっていましたwobbly

今回のはふわふわと軽い雪なので、消雪パイプを出すと割と簡単に溶けるのですが、水をとめるとまだらに雪が残ります。

先ほど本日二度目の雪かきをしましたが、病み上がりなのでやっぱり疲れるな~

そろそろ雪も飽きてきましたbearing

ということで明日から3日間は、全青司のADR中級編トレーニングに参加するために東京へ行きますhappy01

久しぶりの雪のない世界sunshine

たっぷりと太陽の光を浴びてきたいですsign03(注:しみにならない程度に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

権威には権威を

草の根メディエーションの会を運営している岡野内さんのブログを読んでいて、なるほど~と思ったことがありました。

この記事です。

インド人の熟練メディエーターからのアドバイス「権威」には「権威」を

権威ということでランクの力を利用してきた人は、その力なしではフラットに話し合いに応じることができなくなっているということではないかと思うのです。

悪いプレゼンの例として挙げられるものに、「難解な内容を難解なまま伝えるようなプレゼン」があります。相手の理解度など一切お構いなし。

このようなプレゼンをする人の背景にあるのは、難解なことを知っているということで尊重されるのだという考え。本人の自信のなさも手伝って自分はランクが上であるという証拠作りのために難解な言葉を使う、という趣旨のことをオールアバウトの記事で読みました。

そうすると逆に言えば、権威を重んじる人に対する時には、権威を重視すればバランスがとれるということでもある。

納得です。

個人的には権威を振りかざす人というのが、苦手です。

わかりやすいところで言えば、男性であるということの権威を持ち出す方は多いなと感じます。

裁判が裁判という国家システムに依存するものである反面、メディエーションは人に依存するという意見がありますが、その点で言えば裁判にこだわる方というのは、国家による裁判という権威に頼りたいという側面がありそうです。

だからこそ、私はメディエーションを勉強しているのかもしれません。

とはいえ、上記の「権威」には「権威」でというのは、紛争解決にとっては重要な示唆であると感じます。

当事者に応じたメディエーター選びをする上でも役立ちそうです。

「権威」には「権威」を、を取り入れた場合、実際の調停ではどのような結果になるのか・・・一度試してみたいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

雪かき疲れで風邪引きました

先週は寒い日が続き、しかも雪もすごかったsnowsnowsnow(上越・中越に比べれば少ないけど)

毎朝、車を出すのに雪かきでした。

そして日頃の運動不足がたたり、連日筋肉痛。。。bearing

テレビで見る豪雪地域の皆さんは、もっともっと大変で、もっともっと疲れているんだろうな~。

雪かきは、お年寄りには本当に重労働です。皆さん、本当にお疲れ様です。

などと思っているうちに、ついに風邪を引いてしまいましたdown

幸いインフルエンザではなかったので、お陰様で快方に向かっています。

体力ないな~と悲しくなりますsweat02

ところで、病院で待っている間に読んでいる本の中で、これは発見!みたいな箇所があったので紹介します。精神科医の名越康文先生の言葉です。

中村(公隆)和尚のような大阿闍梨ですら、世の中に対してほんの少しでも批判的な考察を加えられるときには、必ず口ごもられるんです。「いや、私らもできてないことなんやけどな」

     (中略)

一般論として、言葉を発するときには、そういう「たしなみ」の感覚は絶対に必要だと思います。

     (中略)

このたしなみというのは、自分の考えを暴走させないように自粛するということである一方、そのまま相手に対する寛容ということにもつながっていくからです。つまり僕らは、対立している相手の中にこそ自分を発見しなければ、相手の意見を寛容に受け入れたり、対話をしていくことができないということです。

メディエーションを勉強していると何度も出てくる「対話」という言葉。それがどんなものか?いまだに自分の中にはストンと落ちていませんし、対話ができているという実感も持てません。

しかし、上記の言葉の中に何かヒントを頂いたような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

ディシジョン・メイキング

先日のファシリテーションにいがた・例会の研修講師は加藤彰さんです。

加藤さんにお会いする前に、昨年12月に出たばっかりの加藤さんの著書(正確には堀公俊さんとの共著ですが)「ディシジョン・メイキング」をどうしても読んでおこうと決意!

何とか2日前に読み終わりましたcoldsweats01

この本の構成としては、大きく以下のとおりです。

diamond初級編~合理的に意思決定する

  議論をうまくかみ合わせる方法、例えばディシジョンツリーやマトリクスを用いて考えるやり方の解説

diamond中級編~協調的な対立解消を図る

  交渉理論・質問スキル・統合理論などを使った対立解消のヒント満載

diamond上級編~対話による合意形成を目指す

  共通の立脚点を探す、選択肢の創造など

diamond熟達編~困難な衝突を解決に導

  信頼の醸成の大切さ、そして、南山の星野先生からお聞きしたことがあるように「人はよく聞いてもらえると妥協する」というようなことに触れています。

  熟達編のところでは、メディエーションの紹介もありました。

  つまりこの本でもメディエーションは、スキルとしてはかなり上位にあげられています。

 メディエーションの勉強をしつつ、ファシリテーションも勉強していると初級・中級のような基本スキルがあるといいのかもしれないと思います。 

 それから、簡単な合意形成場面をうまく仕切れるようになり、徐々に段階を上げていくことで一番困難な紛争当事者の合意形成ができるようになるのではないかとも感じます。

 メディエーションの専門家の方々からは、違うsign03とつっこみが入りそうですがcoldsweats02

 この本で紹介されている技法やスキルの数々は、(私の過去の経験によれば)福祉関係の方、コンサル、外資系企業などにお勤めの方は精通されていることでしょう。

残念ながら、司法書士の世界にはあまり知られていないです。

 先日も新潟大学の学生さんが新潟県司法書士会の機関誌に寄せてくれた文章の中に「法律家はコミュニケーション能力に劣るイメージがある・・・」との記述がありました。

う~ん、やっぱりそう思われているよね。。。

コミュニケーションが苦手な司法書士がメディエーションをやろうとする時、よくわからないがゆえに簡単にできるだろうと考える方々もいるかもしれません。

そして実際にやろうとすると、私のように上達しずらい。。。

救いがあるとすれば、先ほどの学生さんは、私のADRの講義を聞いてそのイメージが変わったとのこと。

もっと努力すれば、もっと変われるかもhappy01

医療の世界と法律の世界、どちらも知識の点で圧倒的に差がある患者さん・依頼者さんと先生の関係

しかも医療・法律の世界で使う言葉って、日本語じゃない可能性もあります(笑)

いままでコミュニケーションがうまく行かなかった両者の軋轢がいま、メディエーションという考え方・手法を求めているのかな、なんて考えが飛んでみたりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »