« 日本ファシリテーション協会に入会しました | トップページ | メディエーション勉強会がありました »

2012年2月17日 (金)

「7つの習慣」はメディエーションの実践を推奨している!?

先日、とぎれとぎれになりながらもやっと「7つの習慣」を読み終わりました。

7つの習慣―成功には原則があった!

面白かったな~

一番印象に残ったのは、「第六の習慣 相乗効果を発揮する」の項です。

夫婦間の争いに第3の案を探し出す、とか、法廷闘争になっている企業どおしの紛争を著者のコヴィー博士が仲介して話し合いで解決した、みたいなことが書いてあるのです。

後者のトピックスの最後には以下のような文章があります

「法廷を活用すべきでないと言っているのではない。ある状況においては必要不可欠なこともあるだろう。しかし、それは最終手段であって、最初から取るべき手段ではない。なぜなら、早い段階からそういった解決策に走ると、恐怖と法律のもたらすWin-Loseのパラダイムによって、相乗効果的でない行動や思考を促してしまうからである。」

そうですsign01そのとおりですsign03

この本を読むとメディエーションをするための心持ちというか、自分の中での考え方の醸成ができるなと思ったのとともに、この本を企業さんへアプローチのとっかかりとできないかと思いました。

「7つの習慣」はビジネスパーソンの中でかなり読まれています。

これに関する勉強会なんかもあります。

つまり、この本を読んでいる人は、メディエーションは知らないけど、メディエーションとはどういうことをするのかということを理解しているということではないでしょうか?

そこで企業さんへのアプローチとして、この本の中身を例に挙げて説明すると理解が早く、メディエーションの普及に役立つのではないかと考えた次第です。

どこかで試せる機会はないかな。。。

|

« 日本ファシリテーション協会に入会しました | トップページ | メディエーション勉強会がありました »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/54008467

この記事へのトラックバック一覧です: 「7つの習慣」はメディエーションの実践を推奨している!?:

« 日本ファシリテーション協会に入会しました | トップページ | メディエーション勉強会がありました »