« 花粉症の季節到来・・・眠いです | トップページ | 午後から女性財団で講義します »

2012年3月 6日 (火)

トレーニングプログラムの作成をどうしよう?

3月25日に4時間で新潟県司法書士会のADR新人研修を行います。

だいたいのプログラムはできているのですが、もっと良い方法・プログラムはないか?と思案中

トレーニングプログラム作成にあたっては、これまで自分で受けたものの中で著作権フリーのものを利用しており、オリジナルを作ったことがありません。

一番最初にメディエーショントレーニングを受ける方向けには、「本当は」何をしたらいいのか明確な答えを持ち合わせていません。

よりよいトレーニングの実施のために昨年は、南山大学のオープン講座の中でも「協同学習ベーシック」を受講しました。トレーニング実施の上でのヒントがいろいろありました。

今度はアドバンスも受けてみたいです。

さらに同講座には「アドバンス体験学習」(3泊4日)というものがあり、ここでは体験学習を体験した人が更に教育方法としての「ラボラトリー方式の体験学習」について理解を深めることができます。

その上には「トレーナー・トレーニング」があります。4泊5日です。

トレーナー・トレーニングはTグループに参加経験があることが資格要件です。昨年私が受けたTグループの受講生の中には、「トレーナー・トレーニング」を受講したいからという方がいました。

こちらも是非受けてみたいです。ちなみにアドバンス体験学習とトレーナー・トレーニングはそれぞれ1年おきに開催のようです。

自分自身のメディエーショントレーニングも必要だし、トレーニングプログラム作成と実行のためのスキルも取得したい。

欲張りですねbearing

しかも、その両方のスキル体得のためには、私のような向いていないタイプの人間には果てしない努力と様々な知識の習得が必要であろうと感じます。

3月には、山梨県司法書士会さんが開催するプログラム作成講座を受講することができます。こちらも期待していますhappy01

但し、このような活動を継続するためには経済的基盤が欠かせませんsign03

ということで司法書士業も頑張りますsign03sign03

|

« 花粉症の季節到来・・・眠いです | トップページ | 午後から女性財団で講義します »

ADR勉強会」カテゴリの記事

コメント

> ということで司法書士業も頑張りますsign03sign03

最後のこの部分がとても、おもしろく感じました。
僕も自分のやりたいことを目指すために、
司法書士業もがんばります!

投稿: かわさき | 2012年3月 6日 (火) 22時51分

かわさき様、コメントありがとうございます。

目標に向かって、道半ばにあるということで共通でしょうか。

かわさきさんの人脈の作り方は参考になります。

まずは「人」です。そして自分自身のあり方の問題だと思っています。ここもかわさきさんは参考になります。

今度とも宜しくお願いします!


投稿: せきかわ | 2012年3月 7日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/54154245

この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングプログラムの作成をどうしよう?:

« 花粉症の季節到来・・・眠いです | トップページ | 午後から女性財団で講義します »