« 津村俊充先生のミニ講義 | トップページ | インフルエンザにかかってしまいました »

2012年3月 9日 (金)

ナイトスタンド・ブッディスト

だんだん季候も良くなっているのに、なかなか風邪がよくならず、困っていますbearing

以下体調とは関係ない記事です。

NHKのEテレで放送されている100分de名著

3月はブッダ「真理の言葉」です。(昨年9月のアンコール放送です)

いままで、断片的に仏教の考え方って奥が深いな~と思うことが多かったところ、たまたま本屋さんで上記のNHKテレビテキストを見つけたので、試みに買ってみました。

テレビの放送が始まる前に全部読んでしまったのですが、面白いことがたくさん書いてありました。

ブッダの思想は、日本の仏教とはかなり離れていることがわかりましたし、非常に理路整然としていて理解しやすいです。

この世の苦しみを消すには、自分の心のあり方、ものの見方を変えるしかない。

自分だけをよりどころとした自己鍛錬の教え

世界を原因と結果の機械的因果則でとらえようするので神秘主義がほとんど入らない

など

テキストによれば、いまアメリカで釈迦の仏教がブームになっているそうです。

出家をしないで普通の暮らしをしながら学び、精神の安定や自己の向上を目指そうとしている、夜、暗くした部屋でナイトスタンドをつけて瞑想するスタイルなので「ナイトスタンド・ブッディスト」と呼ばれるようです。

不安定な世界の中で確実な人生の指針を見いだしたいと思っている人たちに魅力があるとのことでした。

なるほどね。

確かに今の時代に求められている考え方の一つかも知れません。

私も「真理のことば(ダンマパダ)」の翻訳本(簡単な入門編からだけど・・)読んでみようかな。

|

« 津村俊充先生のミニ講義 | トップページ | インフルエンザにかかってしまいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/54177120

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトスタンド・ブッディスト:

« 津村俊充先生のミニ講義 | トップページ | インフルエンザにかかってしまいました »