« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

夫婦間暴力について思うこと

内閣府男女共同参画局が平成23年度の「女性に対する暴力」に関する調査研究を公開しています。

新聞その他でも、DVの発生件数が増加しているという記事をよく見かけます。

ネットで検索してみると、神奈川県の平成22年度調査がわかりやすいですね。

新潟県でも是非わかりやすい調査結果を毎年公表して頂きたいですsign03

さて、神奈川県の神奈川県配偶者暴力相談支援センターで受けた相談件数の推移は以下のとおりです。

平成18年 4776件

平成19年 5378件

平成20年 5861件

平成21年 6263件

平成22年 6040件

毎年増加しています。全国的にも同様の傾向が見られるのではないでしょうか。

私が、日々受けている相談の中にも夫婦間暴力に関するものはあります。しかも離婚に関する相談でない場合にも含まれています。

女性たちのお話を聞いていると、DVはいま増えているのではなく昔から相当数あったんだなというのがよくわかります。

昔は女性に収入が充分あるケースが少なくて、どんなに暴力を受けても子どもや生活のことを考えると離婚もできず我慢するしかなかったために表面に出なかっただけ。(よく言われていることですが)

特に年配の女性のお話を聴いていると、本当に腹が立ってきます。

なんで飲酒と暴力ってセットなんだろう。。。

収入の多寡にかかわらず、なんで妻にお金をかけるのを極端に嫌うのだろう。。。

暴力を振るう側には生育歴がたぶんに影響していると思われますが、年齢を重ねた男性に改善を求めることはかなり難しいと思います。(血中のテストステロンの量も関係するらしいし)

であるならば、女性の皆さんには、パートナーとなる男性に暴力傾向があるかどうかについては、よくよく確認して欲しいなあと思います。

あちこちで女性の相談窓口は設置されていますが、困っていても窓口にたどりつけない方はまだまだいらっしゃることでしょう。

どうしたら、多くの困っている女性が適切な所へ相談にいけるようになるか?自分にできることは何だろう?と考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

ファシリテーションにいがたの打合せに参加

5月26日(土)の午前中は、ファシリテーションにいがたの打合せに出席しました。

今年から運営のお手伝いをする側になってみたのですが、いままで都合が合わず打合せには参加できませんでしたので、初の参加です。

今年の例会について日程決めと担当者の確認をしました。

私は10月例会の担当。

10月は全ての土曜日に産業カウンセラー養成講座が入っているので、私の都合により日曜日の開催です!

皆様のご希望によりメディエーションを扱うことになりました。

ファニーに参加する方の多くは、ゆかぴ先生のコンフリクト・マネジメントやコミュニケーション講座を受けたことがあるハズ

ハードル高いな~coldsweats01

8月くらいから準備を始めればよいようなので大学の講義が終わってからじっくり考えますsign01

ファニーのメンバーは、それぞれの分野で活躍されている方でしかも、ファシリテーションの知識も経験も豊富です。当然ながら会議もスムーズ

全青司のADR委員会と同じ感じですheart

ファニーメンバーにお会いするといつも元気をもらえるので、有り難いなと思っております。

午後からは、ファニーの例会があったのですが私は朱鷺メッセに移動して、産業カウンセリング全国研究大会のライヴ中継を視聴。

少しでも単位を稼ぎたいとの思惑でございます。

内容は、基調講演とパネルディスカッション

そもそも”産業”カウンセリングなので、企業内の社員さんのメンタルヘルスについてのお話が中心です。

個人事業主の私には、大企業のメンタルヘルス対策のお話はちょっと遠い世界の感じがしました。

が、発表者のお一人の言葉で、なるほどと思ったことがありました。

「上の立場の方は傾聴、下の立場の方はアサーティブが必要」

どんなに大企業で社員教育にお金をかけたり、教育担当部署があったり、メンタルヘルス対策をとっていたとしても、現実問題はそうなんですね。

人間関係は誰にとっても、どこにいても、大変だな~と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

法務省の事前相談に行ってきました

今日は、午後1:30から法務省での事前相談がありました。

ちょうど法務省の入り口のところでOセンター長に会えたので良かったですhappy01

セキュリティチェックを経て、受付を行っていたところ、机の脇に法務省のパンフレット発見sign01

P1030342_500x375

もう法務省へ来る用事もないと思って、パンフお土産にもらってきましたshine

まさにおのぼりさんですbleah

さて、本題

同席したのは、法務省のご担当者さん3名と新潟から2名、連合会から3名の合計8名です。

あいさつをした後に、なんと法務省のご担当者のお一人から「ブログ読みました」とのお言葉を頂きましたsign03

想定外です(汗)。。。

確か初対面のハズ。。。 恐縮です(>_<)

さてさて、本当の本題ですが・・・宿題た~くさんお持ち帰りですcoldsweats01

法務省のご担当者さんは、本当に細かい点までよく見て下さっています。

自分自身がこういう細かい作業が苦手なので心から尊敬してしまいました。

修正ミスや規程相互間の言葉の統一などのご指摘を頂いたお陰で、スッキリした間違いのない規定が作れそうです。

よかった。

それに法務省のご担当者さんは、とてもフレンドリーに接して下さったので、予想通り楽しかったですheart

これから、Oセンター長と修正作業が待ち受けていますが、ゴールが見えたので頑張れそうですgood

同行して頂いた日司連の皆様もありがとうございましたm(_ _)m

どうでもいいことですが、相談場所が法務省の15階ということで、さぞかし景色がいいだろうな~shineと思っていたら窓がありませんでした(残念)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

6月のメディエーション勉強会の日程変更

6月14日(木)に予定していたメディエーション勉強会の日程を変更することになりました。

6月22日(金)に変更しますsign03 時間はそのままです。

修正後の案内文はコチラです「h.24.6.22_第8回案内文.pdf」をダウンロード

6月22日だったら来れるよ~という方の御参加お待ちしていますhappy01

第2木曜日というのが都合が悪いという方がいらっしゃいましたので、当初今年は、偶数月第2木曜日に開催の予定でしたがそれも変更しようと思います。

忙しい方が多い中、やはり日程調整が一番の課題ですsweat01

日程を決めて参加者を募る、そして来て頂く。

これが本当に毎回山あり谷ありなんですね~sweat02

すぐにへこたれそうになるのですが、気持ちを立て直して継続できるように頑張りますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

スマホの写真が見られない!!

スマホをパリに持っていきました。

事前にauのショップの人に「IS03は海外でも使えますか?」と聞きに行ったところ、「使えません」との返答でした。

しかし、私のIT師匠であるT先生にも聞いたところ、「HPで使えるって書いてあるよ」との御返事。

通話はできなくても、現地のお部屋でWI-FIを使って、ネットは見られるかもと考えて持参。

お部屋の説明をして下さった方にWI-FI使えるか確認したら、使えるとのこと。実際試すとネットに繋がりました。ほっ

しかし残念ながら、変圧器に日本から持ち込んだ充電器をつないだら、充電器が壊れたようで充電できず初日にルーブル美術館で写真を撮っただけで役割を終わってしまいました。

帰国して、新しい充電器を買って充電してからスマホで撮った写真見ようnoteと思ったら、なんと写真データが全て見られなくなっていましたcrying

いろいろ試したけど、結局見られずsweat02

仕方がないとあきらめていたところ、先日、そのアクシデントの後に撮った写真をパソコンに取り込もうとスマホとパソコンをつないだら、なんとパソコンではスマホの写真データが見られるのですsign03

やったーhappy01

すぐに大事な写真は保存。

でも、どうしてスマホでは見られないのだろう???

どうやったら、見られるようになるのだろう???

ご存じの方教えて下さ~いflair

Dsc_0241

これはものすごい人だかりの中、やっと撮ったモナリザの写真です。

この絵の前には、「スリに注意」の看板がsign03

スリがいとも簡単に犯行に及べるのは、よく理解できました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

マイクロカウンセリングと傾聴へのヒント

産業カウンセラー養成講座を受講していますが、かなりの頻度で宿題が出ます。

さて、前回の宿題(対話分析)についてテキストを調べてたほかにネットで検索していたところ、「マイクロカウンセリングとは」というテキストにヒットしました。

マイクロカウンセリングは聞いたことがあるものの、どんなものかわからないのでちょうどいいやと思ってダウンロードして読んでみました。

すると、傾聴をする上でのヒントになることをたくさん見つけたので、ピックアップして記載してみます。

この部分の筆者は 聴心館 国府谷明彦先生との記載がありました。

*面接をするときに「言葉のニュアンスで不安を抱かせる言い回しをしない」

 ①責められている     安心:安心を伝える

  例)どういうことをしたんですか?  ・・・(何もしなかったと言うのね)

  案)大変だったと思いますが、その後どうされましたか?

 ④弱い、能力がない    類似:みんなそうだ

  例)「なかなかうまくいかないんですよ」

    「へ~そうなんですか」・・・(言っている私は下手なの?)

  案)「みんなうまくいかないんですよ」

 ⑤こんなこともできない   自信:よくやっている

  例)「何か対策を立てた方がいいんですかね」

    「やってみますか?できそうですか?」・・・(できないと疑っている)

  案)「今までのやり方でも上手く行っていますよ」

このようなちょっとした言葉の選び方で、受け取る方は全然違って感じるというのは、講座を受けていると徐々に気付いていきます(実際、適切な言葉を選ぶのは難しいですが)。

日常生活でも気をつけたいポイントですね。

また、言葉の選び方で言えば、先日提出した宿題に指導者からの「応答」をもらいました。

その応答により自分では悪いことと感じていた出来事に新しい見方を示してもらいました。

これを見たとき、いままで考えたこともなかった視点を考えることができ、本当に心が晴れた気がしました。

その指導者の「応答」は、例えて言えば自分がネガティブなことを言ってしまったときに、「あなたってネガティブな人ね」というような”感想”と対極にあるような「応答」です。

面接実習で私自身も上記指導者がしたような「応答」ができるようになりたい!!と強く思ったところです。

*カウンセリングにおいて質問が意味するのは

  ・カウンセラーに情報を与えることではない

  ・クライエントが自分の問題を明らかにするのを助けることである。

これも、そうだよね!!と今更ながら気づいたところ。

カウンセリングやメディエーションの時は自分の興味のための聴くのではありません。

 法律専門家の場合、様々な法律的な要件を想起し、事実がそれにあてはまるかどうかを訊きたいのです。あくまでも自分のために。

 だからこそ、メディエーションの際にも心掛けて”聴く”姿勢を持ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

春のお祭り

昨日と今日は、地元の神社のお祭りです。

私の実家の場所は「木場小路」という小路にあります。小路から階段を上がると川があり、昔はそこで材木の積み下ろしをしたことに由来します。

私の実家も昔は材木屋でした。

その木場小路から萬灯(お祭りの山車)が出て、街の中を練り歩きます。

今日は良い天気でお祭り日和sunよかったnote

木場小路の人々は、太鼓の音を聞くとついつい身体が反応し、外へ出てしまいますhappy01

お昼頃、ちょっと遠くへ行っていた萬灯が家の近くに戻ってくる音がしたので、やっぱり見に行ってしまいました。。。

Dsc_0283

萬灯です。

1337495372856_3

1337495374208

この女の子たちは「お玉さん」といいます。神社の前で、踊りを披露しています。

Dsc_0293

男の子たちは「金棒」といい、文字通り金棒をもってお玉さんが踊るときの警護役?みたいな役割なのです。ナイトなのかなheart

小さい子どもたちが踊っている様子は、本当にらぶり~で見ているとウキウキした気分になります。

夜はクライマックスの神社への舞い込みがあり、それでお祭りは終わりになります。

ぜひ一度おいでくださいませhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

事前相談の事前打ち合わせ

昨日は、私の事務所にてOセンター長と法務省の事前相談の事前打ち合わせをしました。

センター長はゴールデンウィークに再度、提出資料を全部見直したとのこと。

その際に修正必要箇所を見つけたとのことで、そこの最終確認をする趣旨で、打合せをすることになりました。

いつもながらOセンター長は、本当に頼りになります。

最終チェックして頂いたことについて感謝を言うと、「過去に司法書士法改正があった際に、当会の規則・規程類を事務局Kさんと二人で全部作った。それに比べればまだラクなほうだ」とおっしゃいます。

そうか、そうだったのか。。。

できる人と仕事をするのは精神的な負荷が少ないし、自分も楽しいし、捗りますねhappy01

2.3日前には、法務省のご担当者さんから直接事務所にも、確認したいことがあるとのことでお電話頂きました。

へ~、直接電話くるんだ~と驚きました。

そして短い時間で細かい点までよく読み込んでいらっしゃるんだなと感心しきり。

法務省のお考えを聞きたい点もいくつか出てきましたし、なんだか、相談当日が楽しみになってきましたheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

新潟県100の指標

昨年2月に静岡で開催された関東ブロック向けのADRに関する集まりがありました。

各単位会のプレゼンをする時間があり、わたしは「(県民性から見た)にいがたADRセンターの、これから」という題で発表させてもらいました。

発表では、にいがたADRセンターを運営している中で私が困っていると感じていることとして3つあげたのですが、その一つに「ADRセンター内での連携・協力がうまくいかない」がありました。

根拠して新潟県庁が毎年出している「新潟県100の指標」をすべて見て、順位が上と下のもの~つまり県民性として推測できる項目をピックアップしたのです。

「ADRセンター内での連携・協力がうまくいかない」の理由として

独立心が強いからと推測し、その根拠として

持ち家率 全国第5位

http://www.pref.niigata.lg.jp/tokei/1311627700525.html

それから実際の統計数字は調べていないものの、三条市は人口比での社長の割合が日本一だと言われていることも根拠としてあげました。

先日、お世話になっている会社の社長さん(その社長さんは新潟県の方ではなく、関東の方で請われて地元企業のトップになっています)とお会いしたときに、同じようなことをおっしゃっていました。

それは・・・

新潟県の人って、業界内で協力しない、自分さえよければいいように見える、ということ。

私の推測に同意してくれる県外の方がいましたsign03

私も県外の司法書士さんたちのADR活動をみていて、他県との違いを感じていたところなのです。

ってことは自分もそういう傾向にあるってことだよねcoldsweats01

県民性ってそうそう直るものじゃないし、やっぱり新潟県でADR活動をするのって大変なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

紛争発生も人に依存する

以前に稲葉先生が言っていたこと

裁判は、国家の権威やシステムに依存し

メディエーションは人に依存する

最近思うのは、そもそも紛争の発生自体も”人”に依存するなということ

当たり前といえば当たり前ですがcoldsweats01

このところ、ほんの少しの財産であっても遺産分割がまとまらないケースが多いように思います。よく話を聞くと過去の様々ないきさつがあります。

簡単にハンコがもらえて遺産分割することができる依頼者及びその関係人の雰囲気と、上記のケースの関係者の雰囲気はちょっと違います。

新潟県司法書士会で試行している時も、もめている問題自体というより、当事者のほうになにかあるな~と思うことが多かったです。

そうであるからこそ、メディエーションでは心理学的要素がたぶんに含まれているのでしょう。

人格的に円満でなく、人間力が弱い私としては、メディエーションは学んでも学んでもキリがない存在なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

応答する

先週末も産業カウンセラーの講座を受講していました。

講座の中心は面接実習です。

そこで一番難しいのが、応答すること。

「応答」とは何者か?なかなか理解できません。

応答にも3種類があって

・事柄への応答

・感情への応答

・意味への応答

使い分けも難しいthink

メディエーションの勉強をしていて、リフレーミングとパラフレージングを練習しているせいか全くとんちんかんなことは言っていないつもりですが、リフレーミングとパラフレージングと「応答」は別物ですね。

「応答」が英語では何と言うのか気になっています。

ご存じの方がいらっしゃれば教えて下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

第8回メディエーション勉強会のご案内

第8回メディエーション勉強会のご案内です。

日時:平成24年6月14日(木)19:00~21:00

         平成24年6月22日(金)19:00~21:00(変更になりました)             

bud場所:松山税理士事務所

clover費用:お一人1000円

cherry内容:パラフレイズとリフレイミング

 パラフレイズとは話し手の表現を意味を変えずに別の言葉で言い換えること

 リフレイミングとは話し手の表現をポジティブで協調的な表現に言い直すことです。

 言葉を言い換えることでその場の雰囲気やご自身の受け取り方が変わることを実感してみて下さい。


案内文はコチラ「h.24.6.22_第8回案内文.pdf」をダウンロード


ご興味ある方は、お気軽に御参加下さいhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

アフターフォーラム2012に参加

昨日、5月8日(火)は広報力アップ講座のアフターフォーラムに参加しました。

2年前に広報力アップ講座でご一緒した方は今回どなたもおいでになっていませんでしたが、新しく受講された皆様と交流することができましたhappy01

今回も好奇心旺盛で、積極的で元気な方ばかりで、楽しい時間を過ごせましたheart

第一部は各企業・個人の広報活動報告発表

1社(1人)5分の持ち時間ですが、やってみると短いです。

前日にリハーサルをしたのですが用意したパワポを話しきれないことがわかり、当日はかなり省略しました。

個人的には広報が非常に下手なので、元気の良い企業さんたちの成果を拝見すると、とても勉強になります。

最後に今尾講師より全体にコメントを頂きました。

今尾先生ありがとうございましたshine

Dsc_0257


第二部は飲み会

こちらも盛り上がりましたwine

苦手な広報ですが、元気企業さんのノウハウを少しでも吸収して自分の仕事に活かしていこうと思います。

今尾先生、御参加の皆様、大変お世話になりましたsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

久しぶりの海外旅行

ゴールデンウィークあけ皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は、大学の卒業旅行以来20年ぶりにパリに行って参りました。

P1030184_225x300_188x250_2

P1030204_225x300_188x250_3

<ノートルダム寺院です>

フランスの人々の日本人に対する態度は、20年前とは違ってかなりフレンドリー。

その変化に驚きました。

しかもほとんど全て英語で事足ります。(あんまり話せなかったけど。。。)

パリ好きのおばの影響で中学生の頃からアールヌーボー好きで、部屋にはアイドルのポスターではなく、ミュシャのポスターを飾っていた私。

アールヌーボー建築である地下鉄の駅入り口の写真です。市内にたくさんあります。

嬉しくなって撮っちゃいましたheart

P1030179_200x150_2


大学生の時にオルセーに感動して以来、美術館好きになりました。

再度訪れたオルセーは建物が改装されており、ちょっと印象が変わりましたが全ての作品の素晴らしさにまたも感動して涙出そうになりましたnote

アールヌーボーのブロックはやっぱりステキでしたheart

それに、とくかく街の雰囲気、建物・そこを歩く人々、女性も男性もすっごくオシャレshine

ここ数年旅行のための長い休暇を取ったことがなかったので本当にリフレッシュできました。

やっぱり旅行っていいなhappy01

またお金を貯めなくちゃ(ここが問題)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »