« 春のお祭り | トップページ | スマホの写真が見られない!! »

2012年5月22日 (火)

マイクロカウンセリングと傾聴へのヒント

産業カウンセラー養成講座を受講していますが、かなりの頻度で宿題が出ます。

さて、前回の宿題(対話分析)についてテキストを調べてたほかにネットで検索していたところ、「マイクロカウンセリングとは」というテキストにヒットしました。

マイクロカウンセリングは聞いたことがあるものの、どんなものかわからないのでちょうどいいやと思ってダウンロードして読んでみました。

すると、傾聴をする上でのヒントになることをたくさん見つけたので、ピックアップして記載してみます。

この部分の筆者は 聴心館 国府谷明彦先生との記載がありました。

*面接をするときに「言葉のニュアンスで不安を抱かせる言い回しをしない」

 ①責められている     安心:安心を伝える

  例)どういうことをしたんですか?  ・・・(何もしなかったと言うのね)

  案)大変だったと思いますが、その後どうされましたか?

 ④弱い、能力がない    類似:みんなそうだ

  例)「なかなかうまくいかないんですよ」

    「へ~そうなんですか」・・・(言っている私は下手なの?)

  案)「みんなうまくいかないんですよ」

 ⑤こんなこともできない   自信:よくやっている

  例)「何か対策を立てた方がいいんですかね」

    「やってみますか?できそうですか?」・・・(できないと疑っている)

  案)「今までのやり方でも上手く行っていますよ」

このようなちょっとした言葉の選び方で、受け取る方は全然違って感じるというのは、講座を受けていると徐々に気付いていきます(実際、適切な言葉を選ぶのは難しいですが)。

日常生活でも気をつけたいポイントですね。

また、言葉の選び方で言えば、先日提出した宿題に指導者からの「応答」をもらいました。

その応答により自分では悪いことと感じていた出来事に新しい見方を示してもらいました。

これを見たとき、いままで考えたこともなかった視点を考えることができ、本当に心が晴れた気がしました。

その指導者の「応答」は、例えて言えば自分がネガティブなことを言ってしまったときに、「あなたってネガティブな人ね」というような”感想”と対極にあるような「応答」です。

面接実習で私自身も上記指導者がしたような「応答」ができるようになりたい!!と強く思ったところです。

*カウンセリングにおいて質問が意味するのは

  ・カウンセラーに情報を与えることではない

  ・クライエントが自分の問題を明らかにするのを助けることである。

これも、そうだよね!!と今更ながら気づいたところ。

カウンセリングやメディエーションの時は自分の興味のための聴くのではありません。

 法律専門家の場合、様々な法律的な要件を想起し、事実がそれにあてはまるかどうかを訊きたいのです。あくまでも自分のために。

 だからこそ、メディエーションの際にも心掛けて”聴く”姿勢を持ちたいと思います。

|

« 春のお祭り | トップページ | スマホの写真が見られない!! »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/54773185

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロカウンセリングと傾聴へのヒント:

« 春のお祭り | トップページ | スマホの写真が見られない!! »