« 第8回メディエーション勉強会のご案内 | トップページ | 紛争発生も人に依存する »

2012年5月14日 (月)

応答する

先週末も産業カウンセラーの講座を受講していました。

講座の中心は面接実習です。

そこで一番難しいのが、応答すること。

「応答」とは何者か?なかなか理解できません。

応答にも3種類があって

・事柄への応答

・感情への応答

・意味への応答

使い分けも難しいthink

メディエーションの勉強をしていて、リフレーミングとパラフレージングを練習しているせいか全くとんちんかんなことは言っていないつもりですが、リフレーミングとパラフレージングと「応答」は別物ですね。

「応答」が英語では何と言うのか気になっています。

ご存じの方がいらっしゃれば教えて下さいませ。

|

« 第8回メディエーション勉強会のご案内 | トップページ | 紛争発生も人に依存する »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/54711006

この記事へのトラックバック一覧です: 応答する:

« 第8回メディエーション勉強会のご案内 | トップページ | 紛争発生も人に依存する »