« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

上書きされない

昨日、ちゃいさんと話している時に示してもらった視点

通常業務の相談の時

とあることに対して、面前にいる方に、その方が思い込んでいる事実Aについて「いえ、それはBです」とお伝えします。

しかし、次回お会いしたときもその方は、それについてはAだという。

私の説明の仕方が悪かったのだろうなと思い、

その経験をもとに

分かり易いように図に書いてそれをお渡しすることが多くなりました。

というようなやりとりについて、面前にいる方は新しい情報が「上書きされないsign03」という状態だ、という視点を知ったのです。

そうか~、確かに上書きされていないよねsign03

なるほどflair

じゃあ、上書きされないのは何がネックになっているんだろう???

それが顕著なのが調停の場面です。

当事者の方の思い込みの強さはかなりのものがあり、外部の相談機関に法律相談にいってもその勘違いが是正されていない場合があります。

昔受けた講座の中で、瞬間の情報は1000万、しかしそのうち、脳に到達しているのは30のみ

これは脳が勝手に重要なものを選択しているからだと聞いたことがあります。

そんなことまで考えてメディエーションはできないけど、脳科学的に勘違いを修正するような手法ってあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

調停センターのパンフレット打合せ

今日は午後1:30から司法書士会館で、認証後の調停センターのパンフレットの打合せをしました。

作成をお願いするのは、ちゃい文々さんですhappy01

新しく運営委員に加わったTさんを中心に作成準備をしてもらいます。

調停はどういう流れか?

どういう事案を扱うのか?

パンフレットを置く場所はどこか?エンドユーザーは誰か?

などを説明

ちゃいさんとお話しするのは楽しいな~heart

女子3名なのでどんどん話が盛り上がるので~すnote

あ~、楽しかったということで打合せ終了

打合せ風景の写真を撮るのを忘れた!と帰りの車中で気がつきましたsweat01

う~ん、残念です。

そして、もう一つ残念なこと。今回は会館に日傘を忘れてきましたsweat02

何か忘れ物をしないと帰れないのかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

第8回メディエーション勉強会行いました

6月22日(金)午後7時からメディエーション勉強会がありました。

今回は参加者側です。

反省すべき点がたくさんあり、終了後もいろいろ考えてしまいましたweep

余計なことを言い過ぎたなあ。。。

過去の失敗も思い出したりして。。。

完璧主義なところがあります。

これがくせ者sweat02

そうならないように気をつけなくちゃと思いつつ、言動に現れてしまうものなんですね。

自分のあり方を考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

二日連続 講演会を聞く

6月22日(金)は午後1:30~3:00まで三条信用金庫主催の講演会を聞きに行きました。

講師は、元通産省官僚で現在は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の岸 博幸氏

テーマは「日本経済のゆくえ~世の中の流れ~」

Dsc_0317


経済政策の立場からの話でした。

気になった内容は・・・

・消費税増税は、順番が違いデフレが悪化する。(財務省主導の政策にのった)

・景気対策のためにはデフレ解消が先

・民主党になり、バラマキ予算のために予算が5年前と比べて13兆円増えている

・震災後わかったこととして、「現場の力」が日本の強みであること

・自称エリートより民間や地方の力がすごい。地方分権をもっと進めるべき

そして翌日23日(土)は午後1:30~3:30まで新潟県女性財団主催の「女(ひと)と男(ひと)フェスティバル2012」の講演会を聞きました。

講師は 内閣府政策統括官 共生社会政策担当の村木厚子さん

テーマは「子育てにやさしい社会の実現に向けて」

Dsc_0324


具体的なデータを示しながらわかりやすいお話でした。

なかでも、2004年のOECD加盟24か国における特殊出生率と女性労働力率の表は示唆に富んでいましたね。

女性の社会進出が進んでいる国ほど、合計特殊出生率も高い傾向にあるそうです。

この表中日本は最後から4番目。つまり女性の社会進出が進んでいないのです。

では日本より悪かったワースト3は?

ワースト1 イタリア 、ワースト2 ギリシャ、 ワースト3 スペイン

そう、今欧州危機のまっただ中にいる3カ国です。

単純に言えばもっと女性の力を社会に還元させないと、日本はアブナイってことかな??

講演の際に配付された子育て支援の新システムの資料の中で、2017年度末にむけて「現物、サービスの量的拡充・質の改善のために1兆円を確保」との記載がありました。

しかもその1兆円のうち7000億円は税制抜本改革つまり消費税増税分から確保と明記されています。

前日の岸さんのお話を対比し、役所間ではもう予算配分まで進んでいることがわかり、なるほど消費税増税は財務省主導で進んできたんだなと思いましたね。

○バラマキ予算(政治家の無力)

○消費税増税でデフレ解消微妙

○しかし女性の社会進出子育て支援、ひいては日本の国力アップのために予算は必要

この状況すべてを良い方向に向かわせる政策って?

霞が関を横に連携してもらわないとダメなんだろうな~

そして最後に昨日の朝日新聞beの記事

NPO法人「フローレンス」代表理事 駒崎弘樹さん~矢面に立つ現代の”革命家”

村木さんのお話にもありましたが、総合こども園創設に関して、株式会社を参入させることに対する役所などからの抵抗は相当強かったとのこと。

駒崎さんは、もうけ主義との中傷を受けながらも保育サービスを充実させるために活動をされています。

記事の中で

問題を発見すると、駒崎はお上のアクションを待たない。「現在の革命は、意思のある人が自ら動き、成功させ、それを国に模倣させることだ」という。政治を批判することでよしとせず、病児保育も「おうち保育園」もまずやってみて、政治に追随させたと自負する。

今回の新システム導入を阻む声は、「食いぶちを脅かされる」と民間参入を恐れる既得権益側からのいいがかりにしか聞こえなかった。

最終的には、市井の人々のチカラが重要だと感じました。

それと、保育サービスのことは民間調停の参入と弁護士会との関係にも似ているような気がしているのは私だけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

ブログご紹介~手作りパン教室ママカフェ

かつて通っていた三条クッキングスクールでご一緒していた佐藤麻子さんがブログをやっていらっしゃいます。

手作りパン教室ママカフェ

麻子さんは、お嬢さんと一緒に料理コンテストに出場され、優勝してしまうほどの腕前です。

今年から三条クッキングスクールでアシスタントも務めていらっしゃるとのこと。

さすがですshineshine

一時期料理教室でお嬢さんとご一緒したことがありましたが、熱意ではお嬢さんの方がダンゼン上でしたsweat01

昨日、ひょんなことから麻子さんのブログを見つけたのでご紹介します!

パン教室は、大人気でなかなか空きがないと聞いていますが、是非一回は行ってみたいなあheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

三条エコノミークラブ 6月例会に行ってきました

昨日は、三条エコノミークラブの例会に講師としてお招き頂きました。

時間は夜7:00~9:00まで

内容は、「ブレインストーミングをやってみよう!」です。

参加者は28名でした。

2日前に作成した名簿を事前に頂戴していたのですが、なんとその全員がおいで下さいましたsign03

しかも遅刻もなしsign03

すごいですねflair

他業種の会にお呼ばれすると、自分の業界の”くせ”みたいなものがよくわかります。

上記二つに驚いたってことで、司法書士業界の”くせ”お察し下さい(笑)

この例会のためにご担当者さんは何度も打合せをされていらっしゃいます。そして、当日も会場準備から席の備品などしっかり設営・フォローして下さいました。

さて、今回の例会特筆すべきは・・・

参加者が全員男性ってこと

ファシリテーションの講座で参加する側の場合でも、トレーナー側の場合でも初体験でした。

雰囲気が固くならないかな?と若干心配したものの、さすがご商売をされているトップの方ばかりなので、思った以上に楽しんで参加下さいました。

そして懇親会も私以外全員男性

こんな滅多にできない体験をさせて頂いた三条エコノミークラブの皆様、本当にありがとうございました。

ファシリテーターの力量不足もあり、至らない点も多々あったかと思いますが最後まで暖かく接して下さった皆様に感謝しますnote

今度は、法律関係で呼んで下さいね~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

新潟県司法書士会調停センターのパンフレット

法務省事前相談の後、、まだまだ作成すべき書類がたっぷり残っております。

一方、センター開設後すぐに必要になるであろうパンフレット作りも着手しなければなりません。

なんと、ちゃい文々さんパンフレットの作成をお引き受け頂きましたsign03

やった~~~heart04heart04heart04

ちゃいさんと言えば、新潟で子育てエッセイストとして大活躍されている方なんです。

ちゃいさんのブログはこちら

~「どーいんソレ・・・!!」も出していらっしゃいます。

(ちなみに、”どーいん”とは新潟弁で”どういうこと?”という意味です)

先日、知人のご紹介で知り合いましたちゃいさん。

ご本人自身はスタイルよく、ユーモアも理解する素敵な女性ですshine

そしてちゃいさんが子育て系の講演をすると、ファンのママさんたちが大挙押しかけるということも聞きました。

すごーい!!

しかも、ちゃいさん、なんとメディエーションもご存じなのですhappy01

う~ん、話が早いnote

どんなパンフになるかな~notes

完成が楽しみで~す(注:まだお引き受け頂いたばかりで気が早い私です)

ちゃいさん、打合せよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

来談者中心療法の理論

昨日の土曜日も朝9時から午後5時まで産業カウンセラー養成講座でした。

今回は来談者中心療法の理論を学びました。

なかなか理解が難しく、今日になってネットで何かいい資料ないかな~と検索したところありましたsign03

これです。現象学的理解による説明です。

ようやく理解できた感じ。スッキリhappy01flairshine

それから1冊入門書も買ってみようかなと探したところ・・・

有斐閣から出ている本を発見。

へ~、有斐閣って心理学の本も出しているんだ~とこちらも新発見な感じ。

ロジャーズ クライエント中心療法

新版化されたものだし、なかなかよさそう。

さて、来週はお休みですが、時価までにボリュームある宿題が出ております。。。

再提出にならないように頑張りますgood

あと・・・

ちゃんと法律も勉強しますよcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

三条エコノミークラブの例会で講座を行います

来週6月19日(火)午後7時~9時まで、三条エコノミークラブの6月例会で講師をさせていただきます。

いつもお世話になっている櫻井商店さんからのご紹介です。

櫻井さん、ありがとうございましたhappy01

内容は・・・

「ブレインストーミングを体験しよう!」です。

今日、参加人数が確定したとのご連絡を頂きました。28名です。

ファシリテーターが1人だとちょっと多いかなと思いますが頑張りますgood

ブレストは初めてという方が多いようなので、どんな感じになるか。。。

私のファシリテーションスキルも試されますね~sweat01

と記事を書きながら昨日の100分で名著「パンセ」の内容を思い出しています。

「もっと誰かにほめられたい」というテーマで自己愛について話されていました。

その中で、漫画家の東海林さだおさんの言葉~ドーダ理論~が引用されていました。

人は誰でもドータと言いたい生き物みたいです。

高級車に乗っているとか、成果自慢をするのは”陽ドーダ”

関連として、ブログでどこかに行って美味しいものを食べたとか、楽しかった経験などの自慢をすることがあげられていました。

逆にできない自慢(自己嫌悪も含むみたい)をするのは”陰ドーダ”

どっちにしても自己愛からくるものだそうです。そして陰と陽どっちかのカテゴリーに入ると。

なるほどね~

私がブログを書いているのも、ドーダなんですね、きっとcoldsweats01

でも人は誰でもそういうものだっていうことなんで、安心します。

「パンセ」・・・深いな~

相当厚い本らしいけど、買っちゃおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

堀公俊さんの講座ご紹介

いつも役に立つ講座を提供して下さっている新潟県女性財団の6月の講座は

人材育成セミナー
チームで意思決定するための 合意形成術 コンセンサス・ビルディング入門

「会議をやっても、なかなか決まらない」「納得のいく結論が出ない」「問題を迅速に効果的に解決したいが、どうすればいいのかわからない」…などなど。
 複数の人間が関わる合意形成には、満たすべき要件や望ましいプロセスがあります。このセミナーでは、チームで合意形成
するスキルについて、講義と演習で学びます。

講師は、堀公俊さんです。

日程は6月30日(土)~合理的な意思決定・協調的な対立解消
     7月  1日(日)~対話による合意形成・困難な衝突の解決

あぁ、行きたいsign03

でも、30日は産業カウンセラーの講座があるのですcrying

特に7/1の内容に興味があります。

最近、堀さんの「ファシリテーション入門」を読みました。

改めて基本について学んだのですが、文中、ファシリテーターに求められる実践的な技術として「コミュニケーション系のスキル」と「思考(論理)系のスキル」の二つに大別できるとありました。

堀さんご自身にお会いするとバリバリの理系の方(という印象)

ご本人曰く、上記二つのスキルは併存できる、とのことです。

堀さんは、その両方で素晴らしいトレーナーぶりを発揮されています。すごいな~

先日勉強した学習理論(人間の行動は後天的な学習によって獲得される)を参考にすれば、仮に「コミュニケーション系のスキル」と「思考(論理)系のスキル」のどちらか又はその両方が書けていたとしても正しいやり方で学習すれば、ある程度は習得できるのはないかという気持ちになります。

堀さんの講座をこんなに格安で受けられる機会(二日で1万円)はそうはありませんsign03

興味のある方は参加してみてはどうでしょうかhappy01

新しい世界が見えてくるかも知れませんよshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

防衛機制

メディエーションを勉強しながらも、それに関連する勉強もしています。

それは、メディエーションを行うには人間力が必要であるところ、人間力が弱いからです。

人間関係講座、アサーティブ、ファシリテーションなどの講座に毎年少しずつ通っております。今年のメインは産業カウンセラー講座です。

しかし、他人から見るとどうもこの様子が、”とっちらかっている”ように見えるらしいのです。

人間力がないことを埋めようと、あれこれに手を出すが、それがバラバラでしかも、肝心の人間力の足しになっていないにみえるとのことです。

そうか、そう見えているのか。。。

がっかりdown

自分では勉強になっていると思っているし、勉強する前より少しはまともになっているつもりだし、それぞれが連動して役に立っているなと感じるのですが、残念なことです。

先日、精神分析の「防衛機制」について学びました。

防衛機制とは、不安や葛藤、ストレスを覚える状況で、それらをどう心で解消するか?その手段のことです。

例えば、逃避・抑圧・昇華・合理化・補償などがあります。

私のやっているコトって補償の一種かな?

ある程度なら心の健康にとって大事なコトだし、誰でもやっていることです。

しかし、使われ方に偏りが大きいと問題を引き起こすとのこと。

う~ん、難しいですbearing

いろんな講座を受けているのは、人間力はないけれどメディエーションをやってみたい人代表の私が、なんとかなる方法を模索しているのですが、やっぱり無理があるんでしょうかねえ。。。(この時の気持ちとしては、残念・悔しいです)

新潟県司法書士会でもADRに携わる人を増やそうとしていますが、一方で大きな声ではいえないけれど人間力を求められるがゆえに、簡単に増えないのかもしれないなと考えています。

そしてまた、「ネガティブだね」と言われるんだろうなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

産業カウンセラー講座~カウンセリングの理論

今日は朝9:00~夕方4:00まで産業カウンセラー養成講座に出席していました。

今回は全部座学

講師は、新潟大学教育学部 准教授の 神村栄一先生です。

先生は、認知行動療法の分野でご活躍されており、ギャンブル依存についてもお詳しいとのこと。

そういえば、以前にギャンブル依存の救済活動について新聞の記事でお名前を拝見したことがあった!と思い出しました。

全般にゆったりと話され、話もわかりやすく面白かったですshine

詳しい講義内容は書けないのですが、これは大丈夫だろうと思う内容があったので。

それは、曝露(エクスポージャー)~極端なこわがり~に対する訓練とか治療法の話の時でした。

新潟では、一般道は運転できるけど、高速道路と新新バイパス(ローカルネタですみません)で運転するのが怖い人が多いんですってsign03

わ~いhappy01やっぱり多いんだsign03 そうだよ、怖いよsign03

私は、ここ数年でやっと運転できるようになりました。

えっへんnote

ちなみに、そういう恐怖への対処は、実地で訓練しかないようです。。。

よかった、バイパス運転できるようなって(あくまでそこが重要です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

腹筋できるようになりました

ピラティスを始めた時にできなかった”腹筋”

自宅でほぼ毎日やっていたら、ようやくできるようになりましたhappy01

といってもスムーズにひょいと起きられるわけでなく、頑張ってできるって感じ

これからも日課にして、代謝を上げていけるようになりたいですsign03

それとともに、

わたし・・・呼吸が浅いらしいですwobbly

そうだったのか~と今更わかりました。

呼吸が深くなってたくさん空気を取り込めるようになれれば自律神経にもよさそうですgood

やっぱりピラティス始めて良かったなheart

一方、料理教室をやめたことで料理をしない女に戻ってしまいました。。。

全くじゃないけど。

たまにはしますcoldsweats01

ま、いっか。

必要が生じればするもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

ADR認証ワーキングチーム会議

昨日は、本会にて認証ワーキングチームの会議がありました。

今般チームメンバーに入れ替えがありまして、新しくメンバーになったTさんが初参加でした。

今回はやりたいこといっぱいですsign03

1.5月の法務省事前相談の結果につき、メンバーで協議

2.様式集の内容について確認

3.ADRの申込みがあった場合のシュミレーションをやってみる

4.今後のタスク確認と担当者決め

結果

2はおおまか終了

1は途中までで次回持ち越しとなりました

3まではとても及ばず

4は仕事を(無理に?)振りました

Tさんは、初回にもかかわらず理解が早く、しっかりついてきてくれましたshine

なるべく早く書類をまとめたいな~とは思っていますが、まだ時間かかりそうです。

頑張りますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

新潟県司法書士会調停センターで出来ること

昨日、調停センターについて問い合わせのお電話を頂きました。

ズバリ新潟県司法書士会調停センターではどんな事件を受け付けているのか?

私の答え

「司法書士の業務範囲である140万円以下の民事事件に関する紛争について」です。

「一番単純なのは、100万円の貸金の請求です。」

「家事事件は受けられません。」

しか~し、それでは一般の方には理解しがたいようですsweat02

つまり訴額の算定方法(民訴含む)の知識がないと、どの事件が”140万円以下の民事”なのかがわからないのです。

訴額のない争いの場合(新潟県でいえば、冬期間の隣の雪かきのやり方が迷惑なのでなんとかしてほしい)は民訴法8条2項により訴額は140万円を超えるとみなされるのです。

一般の方の考える「簡単な事件」「話し合いで解決したい事件」は、法律上司法書士の業務範囲を超えることが多いのです。

ここをどうご説明するとわかってもらえるのか?

もしくは

なんとか受け付けられる方法はないのか?

そして、どうパンフレットに反映させると誤解なく新潟県司法書士会司法書士調停センターで扱える事件が寄せられるようになるのか?

ガチガチの法律と一般の方の間の意識の乖離をどう処理していくのがよいのか悩みます。

今日は、午後から本会にて認証ワーキングチームの会議です。

5月の法務省事前相談の結果をご報告し、メンバーの意見を聞いて書類に反映させます。

パンフレット作成も着手する予定なので、上記のことも話し合ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

事件管理者って?

新潟県司法書士会調停センターでは、ケースマネージャーのことを条文上「事件管理者」と記載しています。

調停人のことはADR法に従って「手続実施者」と記載しています。

認証後のセンターで利用する書式の中で、一般の方への説明用書面(いわゆる14条書面)では、手続実施者=調停人として説明しています。

事件管理者はどうだろう?

言い換えは必要かな?

それとともに、ケースマネージャーっていう言葉もどうだろう?と思う今日この頃。

確かイギリスなどでケースマネージャーという言葉が使われているからなんですよね。

しかし・・・

成年後見をやっている司法書士も多い中”ケアマネージャー”とよく間違われますsweat01

ふと考えて

コーディネーターというのはどうでしょうか?

臓器移植の現場では、コーディネーターさんがいますよね。あちこちに連絡をとり、移植の実施につなげる重要なポジションです。

日本語としても、コーディネーターっていうと何となく意味が伝わるような気がするのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

気候の良い日が続きます(^o^)

今日から6月。

朝からいい天気ですsun

天気予報を見ると西の方はそろそろ梅雨入りに近くなっている感じcloud

そういえば、テレビで見たのですが5月の晴れの割合は新潟が東京より多いそうです。

新潟ってこの時期が1年で一番よい気候なのかもしれませんねnote

新潟は梅雨入りまでもうちょっと気持ちの良い天気が続きそうで嬉しいですhappy01

一方、毎年梅雨時期になると体調が悪くなることが多い上に、2年前からは低気圧が近づく時のめまいの心配が加わりましたdown

季候がよいうちに大学の講義の準備と認証書類の作成を頑張りたいですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »