« ユングの類型論 | トップページ | 日本ADR協会の研修会+シンポジウム »

2012年7月 5日 (木)

優秀な若手が欲しい

新潟県女性財団主催の村木厚子さんの講演会で聞いた話

村木さんが労働省に入省した当時、労働省の上司は「女性はいらない」と言っていたそうです。

しばらくたつと、「優秀な女性ならいてもいい」に変わり、

そして今は、「男女問わず、優秀なのが欲しい」だそうです。

新潟県司法書士会のADR事業も、まさに「男女問わず、優秀な新人が欲しいsign03」です。

かなり切実ですcrying

今年になってから優秀な女性が入ってくれたので、少し楽になりましたが。。

が、相変わらず組織として活性化できていない状態が続いておりますdowndown

一方、全青司のADR部会

なんてステキで優秀な人々が集まっているのだろうと心底思う今日この頃heart

それぞれの良さを活かして、自分で考えて行動してくれておりますshine

しかも若手ばっかりshine

新潟県のどこに優秀な若手が潜んでいるか教えて欲しいです!

|

« ユングの類型論 | トップページ | 日本ADR協会の研修会+シンポジウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/55125411

この記事へのトラックバック一覧です: 優秀な若手が欲しい:

« ユングの類型論 | トップページ | 日本ADR協会の研修会+シンポジウム »